訪問者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7つの習慣
7つの習慣―成功には原則があった! 7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー、ジェームス スキナー 他 (1996/12)
キングベアー出版

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:7つの習慣
 副題:成功には原則があった!
 著者:スティーブン・R・コヴィー
 出版:キング・ベアー出版
 定価:2000円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1部 パラダイムと原則について
      インサイド・アウト
      人生の扉を開く「7つの習慣
 第2部 私的成功
     第一の習慣 主体性を発揮する
      自己責任の原則
     第二の習慣 目的を持って始める
      自己リーダーシップの原則
     第三の習慣 自己管理の原則
      自己管理の原則
 第3部 公的成功
      相互依存のパラダイム
     第四の習慣 WinWinを考える
      人間関係におけるリーダーシップの原則
     第五の習慣 理解してから理解される
      感情移入のコミュニケーションの原則
     第六の習慣 相乗効果を発揮する
      創造的な協力の原則
 第4部 再新再生
     第七の習慣 刃を研ぐ
      バランスの取れた自己再新再生の原則
      再びインサイド・アウト
 付 録



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■■



 今回は、4回目なのに「第3の習慣」の解説です。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)インサイド・アウトとは?
 2)原則中心のパラダイムとは?
 3)第一の習慣とはどのような習慣なのか?
 4)第二の習慣とはどのような習慣なのか?
 5)第三の習慣とはどのような習慣なのか?
 6)第四の習慣とはどのような習慣なのか?
 7)第五の習慣とはどのような習慣なのか?
 8)第六の習慣とはどのような習慣なのか?
 9)第七の習慣とはどのような習慣なのか?



 第3の習慣は「重要事項を優先する」です。
 自分にとっての「重要事項」とはどのようなことなのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)インサイド・アウトとは?

 「インサイド・アウトとは、自分自身の内面(インサイド)を変
 えることから始めるということであり、自分自身の根本的なパラ
 ダイム、人格、動機などを変えることから始めるということである」

 2)原則中心のパラダイムとは?

 人間の基本的な法則を中心に据えたものの見方(世界観)と言え
 そうです。
 
 「私たちの持つパラダイム、頭の中に描く地図が、こうした原則
 や自然の法則に一致すればするほど、それは正確かつ機能的なも
 のになる」

 ※以上、7/16に紹介した分です。


 3)第一の習慣とはどのような習慣なのか?

 第一の習慣の原則は「自己責任の原則」です。

 「問題は自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題で
 ある」

 第一の習慣は「主体性を発揮する」ことです。

 「主体性を持つということは率先力を発揮するだけではなく、
 人間として自分の人生に対する責任をとるということである」

 「率先力を発揮することは、自分から進んで状況を改善する行動
 を起こすようにすることである」

 ※以上、7/22に紹介した分です。


 4)第二の習慣とはどのような習慣なのか?

 「第二の習慣は、生活の様々な状況に当てはまるものであるが、
 最も基礎的な応用は、全ての行動を測るための尺度として、人生
 の最後の姿を描き、それを念頭において今日という1日を始める
 ことである」
 
 「そうすれば、自分にとって何が本当に大切なのかをベースに、
 今日の行動、明日の行動、来週の行動、来月の行動を計画するこ
 とができる」

 「目的を持って始めるという習慣は、『すべてのものは二度つく
 られる』という原則に基づいている。万物にはまず知的な第一の
 創造があり、それから物的な第二の創造がある」
 
 「程度こそ違うが、この原則は生活のすべて場面において見られ
 るものである」

 「リーダーシップは知的な第一の創造である。リーダーシップは
 マネジメントとは違う。マネジメントは物的な第二の創造にかか
 わるものである」
 
 「マネジメントは手段に集中しており、どうすれば目標を達成で
 きるかという質問に答えようとするものである。一方、リーダー
 シップは望む結果を定義しており、何を達成したいのかという質問
 に答えようとするものである」

 「目的を持って始める最も簡単で大きな効果をもたらす方法の
 ひとつは、ミッション・ステートメント(個人的な憲法、または信条)
 を書くことである」
 
 「その中で自分はどうなりたいのか、何をしたいのか、そして自分
 の行動の基礎となる価値観や原則を明らかにする」

 ※以上、8/3に紹介した分です。


 5)第三の習慣とはどのような習慣なのか?

 「第三の習慣は第二の創造、つまり物的創造を行うことである」

 「効果的なマネジメントの定義は、『重要事項を優先する』こと
 である。リーダーシップは『重要事項』とは何なのかを決めること
 であり、それに対して、マネジメントはそれを優先して、毎日、
 瞬間瞬間において実行することである。つまり、マネジメントと
 は自制する力であり、実行力なのだ」

        緊急          緊急でない
  ┏━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━┓
  ┃第一領域        ┃第二領域        ┃
  ┃・締め切りのある仕事  ┃・人間関係づくり    ┃
 重┃・クレーム処理     ┃・健康維持       ┃
 要┃・せっぱつまった問題  ┃・準備や計画      ┃
  ┃・病気や事故      ┃・リーダーシップ    ┃
  ┃・危機や災害      ┃・真のレクリエーション ┃
  ┃            ┃・勉強や自己啓発    ┃
  ┃            ┃・品質の改善      ┃
  ┣━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━┫
  ┃第三領域        ┃第四領域        ┃
  ┃・突然の来訪      ┃・暇つぶし       ┃
 重┃・多くの電話      ┃・単なる遊び      ┃
 要┃・多くの会議や報告書  ┃・だらだら電話     ┃
 で┃・無意味な冠婚葬祭   ┃・待ち時間       ┃
 な┃・無意味な接待や付き合い┃・多くのテレビ     ┃
 い┃・雑事         ┃・その他の意味のない活動┃
  ┃            ┃            ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━┛

 「効果的に人生を営む人は、第三領域と第四領域を避けようとする。
 なぜなら、それは緊急であろうがなかろうが、重要ではないから
 である」
 
 「そして、この人達は第二領域に時間を投資することにより、
 第一領域の問題をなくしていくようにする」


 ※以下、次回以降の紹介となります。
 6)第四の習慣とはどのような習慣なのか?
 7)第五の習慣とはどのような習慣なのか?
 8)第六の習慣とはどのような習慣なのか?
 9)第七の習慣とはどのような習慣なのか?



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【自分にとっての重要事項を選別し、優先しよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「第三の習慣」とはどのような習慣なのでしょうか?

▽第三の習慣の原則は「自己管理の原則」です。

 著者は次のように言います。
 
 「第三の習慣は第二の創造、つまり物的創造を行うことである」

 前回ご紹介した第二の習慣は第一の創造(知的創造)を行うこと
 でした。
 
 第三の習慣は、第二の習慣で発見した自分の価値観、将来のビジョン
 を具現化することなのです。
 
 そして、物的創造の質は「マネジメントの質」によって決まるの
 です。
 
 「マネジメント」と聞くと、どうしても他人をマネジメントする
 ことを考えがちですが、ここで言う「マネジメント」とは、他人を
 マネジメントすることではありません。
 
 自分をマネジメントすることなのです。
 
▽そこで、著者は「効果的なマネジメントの定義」を次のように
 説明しています。
 
 「効果的なマネジメントの定義は、『重要事項を優先する』こと
 である。リーダーシップは『重要事項』とは何なのかを決めること
 であり、それに対して、マネジメントはそれを優先して、毎日、
 瞬間瞬間において実行することである。つまり、マネジメントと
 は自制する力であり、実行力なのだ」
 
 現在「重要事項」すら決まっていない私としては、まだマネジメント
 する段階ではないような気がします。
 
 自分にとっての「重要事項」とは何でしょうか?
 
 私はどうしても「何をするためにこの世に生まれてきたのか」の
 答えと絡めて考えてしまいます。
 
 このことを考えていると先に進めないので、次の解説に入ります。
 
▽「重要事項」を考えるとき、著者は「時間管理のマトリックス」
 という概念を用いて説明しています。
 
 この考え方は、言われてみてはじめて「なるほど!」と思いました。
 
 「私たちの時間の過ごし方は、基本的に四つの領域に大別すること
 ができる。活動を定義する二つの軸は、緊急度と重要度である」
 
 これは、とても重要だと思われるので、図を表現してみます。
 (等倍フォントでご覧下さい)
 
        緊急          緊急でない
  ┏━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━┓
  ┃第一領域        ┃第二領域        ┃
  ┃・締め切りのある仕事  ┃・人間関係づくり    ┃
 重┃・クレーム処理     ┃・健康維持       ┃
 要┃・せっぱつまった問題  ┃・準備や計画      ┃
  ┃・病気や事故      ┃・リーダーシップ    ┃
  ┃・危機や災害      ┃・真のレクリエーション ┃
  ┃            ┃・勉強や自己啓発    ┃
  ┃            ┃・品質の改善      ┃
  ┣━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━┫
  ┃第三領域        ┃第四領域        ┃
  ┃・突然の来訪      ┃・暇つぶし       ┃
 重┃・多くの電話      ┃・単なる遊び      ┃
 要┃・多くの会議や報告書  ┃・だらだら電話     ┃
 で┃・無意味な冠婚葬祭   ┃・待ち時間       ┃
 な┃・無意味な接待や付き合い┃・多くのテレビ     ┃
 い┃・雑事         ┃・その他の意味のない活動┃
  ┃            ┃            ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━┛
 
 「第一領域というのは、緊急で、かつ重要な領域である。第一領域
 の活動は、通常「問題」あるいは「危機」と呼ばれるものだ」
 
 「多くの人は第一領域の活動に完全に溺れてしまっている。こう
 いう人たちは、問題に集中し、危機を管理し、締め切りに負われる
 日々を過ごすのである」
 
 確かにそうですね、第一領域の問題が発生するとそれにかかり切り
 になります。
 
 かかり切りにならざるをえないです。
 また、第三領域にも時間を割いているような気がします。
 
 ただ、最近は第四領域の活動にはあまり時間を割かなくなってき
 ました。
 
▽著者は次のように言います。
 
 「効果的に人生を営む人は、第三領域と第四領域を避けようとする。
 なぜなら、それは緊急であろうがなかろうが、重要ではないから
 である」
 
 「そして、この人達は第二領域に時間を投資することにより、
 第一領域の問題をなくしていくようにする」
 
 普通の人は、第一領域の問題に集中し、第二領域の問題をおろそか
 にしてしまいます。
 
 しかし、第一領域の問題は、第二領域に時間を投資することにより
 解決できることが多いのです。
 
 つまり、第二領域の問題を解決することは「問題の根っこ」を
 解決することになるのです。
 
 現在の自分を分析してみると、一部第二領域の活動をしていますが、
 ほとんどは、第一、第三の領域が多いですね。

▽著者は第二領域に集中するために、「新しい時間管理のツール」
 というものを提唱しています。
 
 これも図式化できれば良いのですが、これはなかなか難しいので
 省略させて頂きます。
 
 ポイントは、

 「スケジュール課題に優先順位をつけることではなく、優先課題を
 スケジュールにいれることである」
 
 です。
 
▽また、目標達成の方法として、次の二つが提示されています。

 「時間を投入して自分で実行する」
 「他の人に任せる(デレゲーション)」
 
 著者は次のように言います。
 
 「実は他の人に効果的なデレゲーションを行うことは、最も効果的
 かつ波及効果の大きい活動である」
 
 私もそうですが、なかなか人に任せるということができません。
 時間がある場合は、説明して任せるのですが、時間がない場合は
 説明している間に自分でやってしまったほうが早く終わります。
 
 いや、早く終わるような気がしているだけなのです。
 
 「デレゲーションを行う能力こそが、独立した『生産者』と
 『マネージャー』の決定的な違いなのである」
 
▽デレゲーションの方法も基本的には二種類あると著者は言います。

 「使い走りのデレゲーション」と
 「完全なデレゲーション」です。
 
 「使い走りのデレゲーション」とは、仕事の手段や手順を指定して
 管理をするため、結果の責任は自分自身が行わなければなりません。
 
 一方、「完全なデレゲーション」は手段を選択する自由を相手に
 与え、結果に責任を持たせるものなのです。
 
▽著者は「完全なデレゲーション」を行うためには、次の5つの事柄
 を説明し、相互理解と決意を得なければならないといいます。
 
 ・望む結果
 
  出すべき結果について明確な相互理解を得る。
  「どうやって」より「何を」が大事。
  
 ・ガイドライン
 
  結果を出すにあたり、守らなければならないルールがあれば、
  それを明確にする。
 
 ・使える資源
 
  望む結果を達成するために、活用できる人的、金銭的、技術的、
  組織的な資源の範囲を明確にする。
  
 ・責任に対する報告
 
  結果を評価するために使われる基準を設定し、評価する人は誰
  なのか、報告と評価が具体的にいつ行われるのかも設定する。
  
 ・履行(不履行)の結果
 
  評価の結果によってどうなるか(賞罰)を設定する。
 
 
 これらのことは、家庭でも仕事でも同じです。





 この第三の習慣もとても大切です。
 
 特に「重要事項を優先する」こと、特に第二領域を優先するとい
 うことは、言われてみないとわからないです。
 
 私も、重要事項を選別し、それを優先してみようと思います。





人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評?

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/93-79ced2f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。