訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーパッサン短編集(一)
モーパッサン短編集 (1) (新潮文庫 (モ-1-6))モーパッサン短編集 (1) (新潮文庫 (モ-1-6))
(1971/01)
モーパッサン

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:モーパッサン短編集(一)
 著者:モーパッサン
 出版:新潮文庫
 定価:552円+税



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4102014063/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f138511%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 トワーヌ
 酒樽
 田舎娘のはなし
 ベロムとっさんのげだもの
 紐
 
 他、多数あるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、昭和46年1月に出版されています。
 
 著者は、フランスの作家です。
 
 著書も多数あります。



 どのような物語なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 もっと人間を楽しもう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽ウィキペディアによると、著者(1850年8月5日?1893年7月6日)は、
 フランスの自然主義の作家、劇作家、詩人と書かれています。
 
 正しい名前は「アンリ・ルネ・アルベール・ギ・ド・モーパッサン」。
 名字と名前の区別が分かりませんが、普通はモーパッサンで通じ
 ます。
 
 このメルマガでは、以前「脂肪の塊・テリエ館」という作品を
 紹介しています。
 
 「脂肪の塊・テリエ館」,Vol.863,2009/02/27配信分
 http://archive.mag2.com/0000194014/20090227060000000.html
 
 著者は、「女の一生」等の長編を6作品、中短編を300余り
 残しています。
 
 先日読んだ「居酒屋」のゾラと同様に、日本の作家にも影響を
 与えています。
 
 大学生の頃に、普仏戦争に招集され敗走した経験があります。
 
 その影響か、38歳の頃に不眠に悩まされはじめ、晩年発狂し、
 自殺未遂を起こし43歳で亡くなっています。
 
▽以前読んだ本に、「人生の勉強をしたいならモーパッサンの短編集
 を読んだ方がいい」と書かれていたのを本屋さんで思い出したので
 購入しました。
 
 短編集の名の通り、一つ一つの作品が短いです。
 
 長い作品でも30頁くらいしかありません。
 
 以前は、短編集は読んでませんでした。
 
 なんとなく深みがなくて、もっと読みたいと思ったところで終わって
 しまうためです。
 
 ところが、短編でも面白い作品はやっぱり面白いです。
 
 今回紹介する短編集は、全部で24作品、面白い作品が多く収録
 されています。
 
 面白いと言っても、個人の趣味の問題もあります。
 
 私にとってはとても面白い作品ばかりでした。
 
▽実はまだ全てを読み切ってません。
 
 4分の3ほど読んだ中で、全ての作品が取り扱っているのは男女の
 人間関係に関することです。
 
 小説は人間関係を扱ったものが多いですが、著者の作品は必ず
 男女の物語になっています。
 
 登場する人物は、貴族の男女、町人の男女、農民の男女、貧しい
 人から豊かな人まで、あらゆる階級の人たちが登場します。
 
 話の形式も、誰かが語る3人称形式から、告白形式まで様々な
 手法が採られています。
 
▽登場人物はとても個性的な人たちばかり。
 
 一番最初に収録されている「トワーヌ」という作品にに登場する
 のは「トワーヌじいさん」。
 
 トワーヌじいさんは、居酒屋の亭主で「でぶトワーヌ」と呼ばれ
 ています。
 
 トワーヌじいさんは飲んだくれで、客と話をしながらいつもただ酒
 にありついています。
 
 そんなトワーヌじいさんには友人がたくさんいて、毎日居酒屋で
 楽しそうに飲んでいます。
 
 トワーヌじいさんと女房は、夫婦になって30年、毎日喧嘩し続け
 ています。
 
 トワーヌじいさんの女房は短気で、いつもプリプリしています。
 
 女房はトワーヌじいさんがいつも遊んでいて金を儲けているので
 それが気に入らないのでした。
 
 ある日トワーヌじいさんは、女房の予言通り卒中で倒れ、体が
 動かなくなってしまいます。
 
 動かなくなったトワーヌじいさんに悪態をつく女房でしたが、
 ある時、動く事が出来ずに寝てばかりいる爺さんの脇の下で
 ニワトリの卵をか孵すことを思いつきます。
 
▽登場するのは、夫婦だけではありません。

 一人暮らしの婆さんが住んでいる土地と家を狙う男が、ばあさんが
 なかなか首を縦に振らないので一策を講じます。
 
 男が土地と家を買うけど、ばあさんはずっと住んでいていい。
 
 そして、ばあさんにとっては高額のお金を毎月支払う。
 
 その代わり婆さんが死んだら土地と家は俺のものだ。
 
 という契約です。
 
 ばあさんは老い先短いから、毎月お金を払っても男の損にはなら
 ないと計算したのです。
 
 しかし、ばあさんはなかなか死にません。
 
 3年が過ぎてもまだピンピンしてます。
 
 男はさらに考え、婆さんの好きな酒を酒樽ごとプレゼントします。
 
 酒樽がなくなったら新たな酒樽をプレゼントし、ある日婆さんの
 家を尋ねてみると、男の予想通り婆さんは昼間から酒臭くなって
 いたのです。
 
 とうとう酔っぱらった婆さんは、雪の中に倒れて亡くなってしまい、
 婆さんの土地と家は男のものになってしまいます。
 
▽恋物語から夫婦の話、そして上記のような男女関係の話もあります。

 恋だの愛だの、世の中に小説には美しくさまざまな男女関係が
 語られてます。
 
 しかし、この短編集に登場する男女は、生々しい人間らしさを
 描いています。
 
 「人生の勉強になる」という言葉に嘘はありません。





 この短編集は、「自然主義の作家」の通り、世の中に普通に存在
 する人たちが主人公となり、様々な人間模様を展開します。
 
 私にはそれがとても面白く読めました。
 
 現実の人間関係は、もっと複雑でもっと奥深いものだと思います。
 
 「事実は小説よりも奇なり」で、きっとモーパッサンの短編集
 よりも面白いのではないかと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/901-7c2f3099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。