訪問者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉体の悪魔
肉体の悪魔 (新潮文庫)肉体の悪魔 (新潮文庫)
(1954/12)
ラディゲ

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:肉体の悪魔
 著者:ラディゲ
 出版:新潮文庫
 定価:360円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4102094024/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1746912%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 肉体の悪魔
 ペリカン家の人々
 ドニーズ



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、昭和29年12月に出版されています。
 
 著者は、フランスの小説家・詩人です。
 
 著書がいくつかあります。



 どのような物語なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽著者の名前はレイモン・ラディゲ。

 何だかカッコいい名前です。
 
 1903年(明治36年)に生まれ、1923年(大正12年)、
 二十歳の時に病気で亡くなっています。
 
 パリ近郊の小都市サン=モールで生まれ、14歳から詩を書き、
 雑誌に投稿を始めます。
 
 今回紹介する「肉体の悪魔」は、著者が16歳から18歳の間に
 書かれた作品です。
 
 著者の代表作は「ドルジェル伯の舞踏会」とのことですが、名前を
 聞いたことがある作品は「肉体の悪魔」の方です。
 
▽「肉体の悪魔」は邦訳で、原書は「魔に憑かれて」とのこと。

 作品の内容からすると「肉体の悪魔」の方が合っています。
 
 時代背景は、第一次大戦が行われていた1917年頃の話。
 
 15歳の主人公は、グランジエ家の18歳になる娘マルトと出会い
 ます。
 
 出会いといっても、家族同士の付き合いの中の出会いで、ナンパ
 したとかそういうわけではありません。
 
 主人公はマルトに恋をします。
 
 この時、マルトはジャックという軍人と婚約中でした。
 
▽主人公とマルトは、マルトが婚約中にもかかわらずお互いに惹かれ
 合います。
 
 というのも、マルトとジャックが結婚して半月も経たないうちに
 ジャックは戦地へ出征してしまったため。
 
 マルトからの結婚通知を受け取っ手から1ヶ月後、主人公はマルト
 からの手紙を受け取ります。
 
 そこから、主人公とマルトの不倫関係が始まります。
 
 主人公が16歳、マルトが19歳。
 
▽この物語に登場する人物はさほど多くありません。

 主に登場するのが主人公(僕)とマルトの二人。
 
 物語は主人公の視点で書かれています。
 
 16歳の少年の視点にしては、気持ち悪いくらいませています。
 
 物語自体はフィクションだ、と著者は言い張っているみたいですが、
 作品を書いた時の年齢が16歳から18歳の間、ということなので
 自伝ではないかとも言われています。
 
 この文章を16歳の少年が書いたとしたら(実際書いていますが)、
 かなり早熟な少年です。
 
 自分が16歳の頃を思い出してみると...
 
 さすがに16歳の主人公は、これが恋なのか愛なのか良く分かって
 いません。
 
▽作品は、小説によくある詳細な風景描写がほとんどありません。

 主人公の心理描写が詳細に書かれています。
 
 16歳の少年が、19歳の人妻に恋をした心理はどのようなもの
 なのか?
 
 そのような経験がないので全く理解できません。
 
 マルト(とジャックの)の新居で、二人は頻繁に逢い引きする
 ようになります。
 
 最初、二人の間には何らかの罪悪感がありました。
 
 お互いに寄り添うだけで、あからさまにふれ合うこともできな
 かった二人でしたが、それも時間の問題で、あっという間に関係を
 結んでしまいます。
 
 ただし、二人の関係は、決して報われない関係だということが
 分かっていました。
 
 ジャックが出征から帰ってくれば、16歳の少年が何と言い張っ
 てもマルトの夫になることはできません。
 
 主人公は、親のスネをかじって生活しています。
 
 いずれ壊れてしまう関係は、逆に二人の心を燃え立たせてしまい
 ます。
 
 後先は全く見えていません。
 
 主人公は、マルトの家に入り浸るようになり、次第に周囲の人
 たちに二人の関係が知れ渡るようになります。
 
 主人公の両親すら二人の関係を知ってましたが、何も言われません。
 
 知らないのは、夫のジャックと親、そしてマルトの両親だけでした。
 
▽ジャックからマルトの元には毎日のように手紙が届きます。

 しかし、手紙は読まずに破り捨てられ、休暇を取って帰ってきた
 ジャックをマルトは邪険に扱います。
 
 ジャック、かわいそう...
 
▽最初、ワラが燃えるように一気に燃え上がった、若さに任せた
 二人の関係は、ある期間を過ぎると落ち着いてきます。
 
 「恋愛」とは、そういうもので、落ち着いたところからが大人の
 世界です。



 続きは次回。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/876-1b007d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。