訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD付[新版]生きがいの創造(16回目)
CD付[新版]生きがいの創造CD付[新版]生きがいの創造
(2003/03/20)
飯田 史彦

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:CD付[新版]生きがいの創造
 著者:飯田史彦
 出版:PHP研究所
 定価:2400円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569627943/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1539848%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 過去の人生の記憶
 第2章 人生のしくみ
 第3章 愛する故人とのコミュニケーション
 第4章 「永遠の生命」を科学する意味
 第5章 「ブレイクスルー思考」による生きがい論



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は2003年4月に出版されています。
 
 1996年6月に初版の単行本が出版されています。
 
 本の帯には「50万部を越えるベストセラーを全面改訂」とあり
 ます。
 
 「生きがいの創造」はかなり売れているようです。

 著者の本職は、「人間の価値観について研究する経営心理学者」
 と紹介されています。

 著書も多数あります。



 今回はどのような発見があるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)「すべてのことには意味がある」とは?



 偶然はないそうです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)「すべてのことには意味がある」とは?



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 人生の意味を考えて生きよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「すべてのことには意味がある」とは?

▽16回目の紹介となる「生きがいの創造」です。

 15回目までの、バックナンバーは以下の通りです。
 
 1回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070322060000000.html
 2回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070413060000000.html
 3回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070702060000000.html
 4回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070803060000000.html
 5回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070907060000000.html
 6回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20071104060000000.html
 7回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080129060000000.html
 8回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080317060000000.html
 9回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080502060000000.html
 10回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080612060000000.html
 11回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080729060000000.html
 12回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080916060000000.html
 13回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20081028060000000.html
 14回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20081211060000000.html
 15回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20090127060000000.html
 
 時間がありましたらご覧下さい。

▽前回は、「人生は敗者復活制人事システムを採用している」という
 ことをお伝えしました。
 
 人生は、例え間違った方向を選択したとしても、何時の時点から
 でも良い方向へ進んでいくことができるのです。
 
 70歳になっても80歳になっても、死ぬまで人生は敗者復活が
 可能なのです。
 
 現在の人生の状況が、人間の世界では好ましくないと思われる
 人生を歩んでいたとしても、どこからでもやり直しはできます。
 
▽「すべてのことには意味がある」という言葉は、精神世界に少し
 でも興味がある人にとっては、一度は聞いたことがあるセリフだと
 思います。
 
 「偶然に起こることは一つもない、全ては必然」
 
 どのような人生を送っていようとも、それはあらかじめ自分自身で
 設計した人生なのです。
 
 偶然に起きたと思っている出来事も、自らが選んで設計したイベント
 で、そこから何かを学ぶ必要があります。
 
 「慎重に選ぶか、無計画に選ぶかという差はあっても、この世の
 環境を選ぶのは、私たち自身です。被験者たち(過去生を見ている
 人たち)は、その人がどのような人生を歩んでいようとも、どの
 人の置かれた状況も、偶然の成り行きでも不条理でもないという
 ことを知ります」
 
 「中間生の意識状態で客観的に見れば、どの人の体験も、宇宙
 という教室の授業のひとこまに過ぎないのです。肉体を持って
 生まれてくる『人生』という授業の中で、学べば学ぶほど、私たち
 の成長も早くなるわけです」
 
 私たちの人生に起きる様々なイベントは、偶然でも不条理でもなく、
 その人がそのイベントを体験し、学ぶべきことがある、という
 ことを示しています。
 
▽このような話は、被験者に退行催眠をかけて情報を聞き出して
 います。
 
 被験者にいろいろな質問をしていると、「指導役の意識体(マスター)」
 と呼ばれる存在が、被験者の体を使って答える場合があるそうです。
 
 ある時、被験者に対し「人生をより良く生きるために、私たちは
 どうすれば良いのですか」と尋ねてみたところ、「指導役の意識体」
 が次のように答えたそうです。
 
 「人の道は、基本的にはだれにとっても同じだ。人はこの世に
 生きているあいだに、その道を学ばなければならない。ある者は
 速く、ある者はゆっくりと学ぶ」
 
 「慈悲、希望、信仰、愛など、人はこれらの全てを学ばなければ
 ならない。ひとつの信仰、ひとつの愛というように、切り離される
 ものではなく、全てはつながってる。また、それを実行する方法も
 いろいろある。しかし、人はまだ、どれもほんの少ししか知らない
 のだ」
 
 人生にはさまざまなイベントが発生します。
 
 そのイベントは、同じようなことが起きたとしても、人によって
 学ぶべき内容が違うし、学ぶ速度も違うのです。
 
 したがって、自分の人生を他人の人生と比較して生きるのは何の
 意味もないことになります。
 
 学ぶべき内容も速度も人によって違うのであれば、他人と争ったり、
 競い合ったりしても何の意味もありません。
 
 人生での学びというのは、あくまでも個人の問題なのです。
 
▽また、指導役の意識体が、被験者の体を借りて、次のように言って
 いるそうです。
 
 「大切なことは、忍耐とタイミングだ。全てのことには時がある。
 人生をあせってはならない。人生は、多くの人々が期待するように、
 うまく予定通りに(著者注:自分の望み通りに、という意味)
 いくことはない」
 
 「したがって、人はその時々にやってくるものを受け入れ、それ
 以上を望まない方が良いのだ。生命に終わりはない。人は決して
 死なないし、本当は、あらたに生まれるということもない。ただ、
 いくつもの異なる場面を通り過ぎて行くだけなのだ」
 
 客観的に自分の人生を観てみるのもいいのですが、自分の人生を
 他人の人生と比較して焦っても意味はないし、他人が持っている
 能力や物質的なもの等を羨ましく思っても意味がありません。
 
 その時の状況を受け入れて生きていくしかないのです。
 
 「人生を受け入れる」ということは「人生を諦める」ことでは
 ありません。
 
▽「人生で起きる全てのことに意味がある」と言われても、納得
 できない部分もあります。
 
 例えば、幼くしてこの世を去る人たちがいます。
 
 そのような短い人生に、何の意味があるのだろう、と考えてしまい
 ます。
 
 遺された人たちが悲しむだけで、何も成し遂げてない人生に、
 果たして「意味」があるのでしょうか?
 
 その答えを教わった被験者もいます。
 
 「ほんのしばらくの間しか、この世にいることができない人も
 たくさんいます。そういう人も、みなと同じように、大いに喜んで
 生まれていきます。自分たちにも、なすべき目的のあることが
 わかっているためです。その人達には、それ以上この世で生き
 ながらえて、成長する必要がありません。なぜなら、自分たちの
 死が、両親の成長を早める材料になっているからです」
 
 若くして死ぬ人生にも、しっかりと意味があります。
 
 自らが死ぬことによって、遺された人たちに学びを提供している
 のです。
 
 遺された人たちは、ただ悲しむだけではなく、そこから何かを
 学ぶことを要求されています。
 
 すべてのことには意味があります。





 「すべてのことには意味がある」と言葉で説明されても、自分の
 人生に起こっていることに対して、その意味を冷静に考えることが
 できる人は、そんなにいないのではないかと思います。
 
 でも、そこを冷静になって客観的に見つめてみないことには、
 成長のしようがありません。
 
 焦らずに、人生を観察した方が得策です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/866-62d326d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。