訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエスの生涯
イエスの生涯 (新潮文庫)イエスの生涯 (新潮文庫)
(1982/05)
遠藤 周作

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:イエスの生涯
 著者:遠藤周作
 出版:新潮文庫
 定価:438円+税



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4101123160/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1761553%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※目次はありません。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■■□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、昭和57年5月に出版されています。
 
 昭和48年10月に出版された単行本の文庫版です。
 
 著者は、日本の小説家で、多数の賞を受賞しています。
 
 紹介文によると、一貫して日本の精神風土とキリスト教の問題を
 追求する一方、ユーモア作品、歴史小説も多数ある、とのこと。
 
 著書も多数あります。



 著者が考えるイエス像とは?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)何を説いた人なのか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)何を説いた人なのか?

 「彼(イエス)はナザレの小さな町の貧しさとみじめさとのなかで
 生きている庶民の人生を知っておられた。日々の糧を得るための
 汗の臭いも知っておられた」
 
 「生活のためにどうにもらなぬ人間達の弱さも熟知されていた。
 病人や不具者たちの嘆きも見ておられた、祭司達や法律学者では
 ない、これらの庶民の求める神が、怒り、裁き、罰するものだけ
 ではないと彼は予感されていたのである」

 「『神の愛』とか『愛の神』を口で語るのはやさしいのだ。過酷な
 現実に生きる人間は神の愛よりもはるかに神の冷たい沈黙しか
 感じぬ」
 
 「過酷な現実から愛の神を信ずるよりは怒りの神、罰する神を
 考える方がたやすい。だから旧約のなかで時として神の愛が語ら
 れていても、人々の心には怖れの対象となる神のイメージが強かった
 のだ。心貧しき人や泣く人に現実では何の報いがないように見える
 時、神の愛をどのようにしてつかめるというのか」

 「彼はもう一つのことも知っておられた。現実における愛の無力さ
 ということである。彼はそれら不幸な人間たちを愛されたが、
 同時にこれらの男女が愛の無力さを知った時、自分を裏切ることも
 知っておられた」
 
 「なぜなら人間は現実世界では結局、効果を求めるからである。
 病人達は結局癒されることを、足なえは歩けることを、盲人は
 眼のひらくことを?現実的な効果を求めるからである」
 
 「だが愛は現実世界での効果とは直接には関係ない行為なのだ。
 そこにイエスの苦しみが生まれた。『汝等は徴と奇蹟を見ざれば
 信ぜず』と彼は悲しげにその時呟かれたのである」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●何を説いた人なのか?

▽著者は、12歳の頃、叔母の影響を受けてキリスト教カトリックの
 洗礼を受けたそうです。
 
 著者のキリスト教に対する思いは、作品にもふんだんに現れて
 いて、「沈黙」や「聖書のなかの女性たち」、そして今回
 紹介する「イエスの生涯」等、多数存在します。
 
 「沈黙」等の作品が評価され、ノーベル文学賞候補に名前があがった
 こともあります。
 
▽今回紹介する「イエスの生涯」は、小説ではなく、著者の研究・
 分析を通して、著者がたどり着いたイエス像を描いた作品です。
 
 キリスト教は、イエスの死後、原始キリスト教団に始まり、約
 2000年が経過していて、昔から様々な研究が行われています。
 
 2000年も経過していることに加え、新訳聖書が編集され現在の
 姿になったのは、イエスが没してから数百年経過した後のことです。
 
 したがって、どれが本当にあったことで、どれが後から創作された
 部分なのか、聖書を研究する人によって違います。
 
 聖書を研究する人、読む人によって解釈の仕方が違うため、現在、
 キリスト教は全世界に広まっていますが、宗派が多数存在します。
 
 どの宗派の教えが正解なのか、私には判らないし興味がありません。
 
 私が興味があるのは、「何を実践した人なのか?その実践を通して
 人々に何を伝えたかったのか?」ということです。
 
▽作品はイエスが出家する所から始まります。

 全ては紹介できないので、いくつか出来事をピックアップして
 紹介します。
 
 イエスはガリラヤ地方(現在のイスラエル北部の地域とヨルダン
 の一部)のナザレという町で育ち大工をして暮らしていました。
 
 大工をしながら、貧しい人たちや病気の人たちのみじめな暮らし
 を目の当たりにしていたのです。
 
▽正確には分かりませんが、イエスが30歳?40歳くらいの間に
 仕事と家庭を離れ、ヨハネ教団に身を投じます。
 
 イエスは、預言者ヨハネに洗礼を受け、その弟子たちと共に行動を
 共にします。
 
 ヨハネは、当時のユダヤ教主流派のサドカイ派やパリサイ派の
 堕落を糾弾した人で、その主張に従う人が多数存在しました。
 
 「預言者」とは、神の啓示を伝える人のことです。
 
 ヨハネが教える神のイメージは、厳格な父親のイメージで、怒りと
 裁きと罰を与える恐ろしい存在でした。
 
 ヨハネ教団にいたイエスは、旧約聖書を元にしたユダヤ教のラビ
 ヨハネが教える神のイメージは本当の姿なのだろうかと疑問を
 抱きはじめます。
 
 著者は言います。
 
 「彼(イエス)はナザレの小さな町の貧しさとみじめさとのなかで
 生きている庶民の人生を知っておられた。日々の糧を得るための
 汗の臭いも知っておられた」
 
 「生活のためにどうにもらなぬ人間達の弱さも熟知されていた。
 病人や不具者たちの嘆きも見ておられた、祭司達や法律学者では
 ない、これらの庶民の求める神が、怒り、裁き、罰するものだけ
 ではないと彼は予感されていたのである」
 
 どうしようもない貧しい生活をしているのに、その弱い人たちに
 対して、はたして神は更なる怒りや罰を与えるのだろうか、神と
 いうのはそんなに無慈悲な存在なのだろうか、と疑問に思った
 イエスは、次第に「神の愛」を考え始めます。
 
 「神は厳しい存在ではなくて、優しくてどのような人に対しても
 分け隔て無く愛を与えてくれる、そのような存在なのではないか」
 とイエスは考えます。
 
▽イエスは自分で確信を持った「神の愛」の教えを、どのように
 証明すればいいのか、それが最大のテーマとなります。
 
 著者は言います。
 
 「『神の愛』とか『愛の神』を口で語るのはやさしいのだ。過酷な
 現実に生きる人間は神の愛よりもはるかに神の冷たい沈黙しか
 感じぬ」
 
 「過酷な現実から愛の神を信ずるよりは怒りの神、罰する神を
 考える方がたやすい。だから旧約のなかで時として神の愛が語ら
 れていても、人々の心には怖れの対象となる神のイメージが強かった
 のだ。心貧しき人や泣く人に現実では何の報いがないように見える
 時、神の愛をどのようにしてつかめるというのか」
 
 いくら「神の愛」を説いたところで、厳しく辛い現実が、楽に
 楽しくなるわけではありません。
 
 病気で辛く苦しい生活をしている者に「神の愛」を説いても、
 病気が良くなるわけでも、生活が楽になるわけでもないのです。
 
 イエスは処刑されるまで、この矛盾に苦しむことになります。
 
▽イエスは貧しい人々、病気を患っている人々を訪ね、例え話を
 しながら「神の愛」を説いて歩きます。
 
 そして、行く先々で奇蹟を行います。
 
 この奇蹟がどこまで本当なのかは分かりません。
 
 もしかしたら本当に病気を治したり、目が見えない者の目を見える
 ようにしたかもしれません。
 
 ただ、イエスは自分が奇蹟を見せることによって、貧しい生活を
 している者たちに別の期待を持たせてしまうことも知っていました。
 
 貧しき人々は「現世利益」に弱いのです。
 
 イエスが本当に説きたかったのは「神の愛」。
 
 しかし、現実として人々がイエスを信じたのは「現世利益」でした。
 
 「この苦しい現実を、その奇蹟で何とかしてくれるのではないか?」
 そう思われても仕方がありません。
 
 それが当時の現実でした。
 
 著者は言います。
 
 「彼はもう一つのことも知っておられた。現実における愛の無力さ
 ということである。彼はそれら不幸な人間たちを愛されたが、
 同時にこれらの男女が愛の無力さを知った時、自分を裏切ることも
 知っておられた」
 
 「なぜなら人間は現実世界では結局、効果を求めるからである。
 病人達は結局癒されることを、足なえは歩けることを、盲人は
 眼のひらくことを?現実的な効果を求めるからである」
 
 「だが愛は現実世界での効果とは直接には関係ない行為なのだ。
 そこにイエスの苦しみが生まれた。『汝等は徴と奇蹟を見ざれば
 信ぜず』と彼は悲しげにその時呟かれたのである」
 
▽そのようなイエスの苦しみを知らず、イエスを支持する民衆の
 期待は高まります。
 
 イエスを政治的な指導者として祭り上げようとしていたのです。
 
 イエスはそんなことは全く考えていませんでした。
 
 イエスが考えていたのは「神の愛をこの現実に証明すること」
 それだけでした。





 続きは次回。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/854-803e0cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。