訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリー・アントワネット 下
マリー・アントワネット 下マリー・アントワネット 下
(2007/01)
シュテファン ツヴァイク

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:マリー・アントワネット 下
 著者:シュテファン・ツヴァイク
 出版:角川文庫
 定価:590円+税



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4042082084/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4273885%2f




──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※目次はありません。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、平成19年1月に出版されています。
 
 著者は、オーストリアのウィーン生まれの作家です。
 
 著者も多数あります。
 
 
 
 どのような人物なのでしょうか?
 
 
 
 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)どのような人物なのか?



 人間の本性を見ているような感じです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)どのような人物なのか?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●どのような人物なのか?

▽マリー・アントワネットは、その立場を利用して浪費を繰り返し、
 子供が生まれても、パリでの遊びを止めることはありませんでした。
 
 フランスで囁かれていたマリー・アントワネットのスキャンダルは
 あること無いこと全てにおいて、書く方が悪意を持って中傷文を
 作成し、彼女を悪役に仕立て上げてしまいます。
 
 確かに、遊び歩いてはいましたが、噂とは違ってマリー・アントワ
 ネットは身持ちの堅い女性でした。
 
 その証拠に、結婚から7年目にして初めてルイ16世との間に
 子供を授かり、最終的に4人の子供を生みます。
 
 巷の噂では、マリー・アントワネットには彼女や彼氏が沢山いて
 乱れた生活を送っていることになっていました。
 
 実際はそのようなことはなかったとのこと。
 
▽そのマリー・アントワネットの歴史の中に、たった一人だけ「恋人」
 として名前が出てくる人がいます。
 
 スウェーデンの小貴族、ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン
 という名の男性です。
 
 マリー・アントワネットが書き、現在も残っている書簡の中に
 しばしば登場する名で、彼女の唯一の恋人と言われています。
 
 君主制打倒を目指す革命家の手によって、フランス王はその威厳を
 次第に失っていきます。
 
 ビラがばらまかれたり本が出版されたりして、「現在の苦しい
 生活は君主制のせいだ」と洗脳されます。
 
 3分の2は当たっていましたが...
 
 そのような状況の中、王家にゆかりのある貴族達は身の危険を感じ
 フランスを去り、王家の周りは次第に寂しくなってきました。
 
 皆が去っていく中で、一人だけフェルゼンがマリー・アントワネットに
 近づいてきたのです。
 
 彼女を助けたいがために。
 
 フェルゼンは、王家が破滅に向かう歴史の中で、何とか彼らを
 助けようと粉骨砕身働きます。
 
▽民衆の革命による盛り上がりを身近に感じられるようになり、
 彼らはヴェルサイユ宮殿になだれ込み、護衛兵等の血が流れ始め
 ます。
 
 そして、王家がヴェルサイユ宮殿を出てパリ市内のかつての王家の
 居城チェルイリーへ移ることを要求します。
 
 チェルイリーはルイ14世の時代から約150年間、誰も住まなく
 なっていました。
 
 チェルイリーに移り、護衛が付いてはいますが、身の危険を感じて
 いたマリー・アントワネットは、チェルイリーから脱出し国外へ
 逃亡する計画を建て始めます。
 
 チェルイリーは常に見張られていて、表だって逃亡の準備をする
 わけにはいきません。
 
 その時活躍するのが、マリー・アントワネットの唯一の恋人、
 フェルゼンでした。
 
▽王家の逃亡はマリー・アントワネットの手によって密かに準備され、
 様々な手配も済み、後はルイ16世の決断を待つだけです。
 
 あれほど物事を深く真剣に考えることをしてこなかったマリー・
 アントワネットでしたが、革命という盛り上がりが彼女の人間性を
 変えてしまいます。
 
 いろいろな人に向けて沢山の手紙を書き、優柔不断で何にもできない
 王に変わって政治に参加し、王家逃亡の密かな計画も彼女の指示で
 行われていました。
 
▽逃亡はルイ16世の優柔不断やいろいろなことが重なり、貴重な
 時間が費やされ、当初の計画から何日か遅れて密かにチェルイリーを
 出発します。
 
 しかし、出発が数日遅れてしまったために、途中で軍隊と落ち
 合うはずが軍隊の陰も形もなく、王家をのせた馬車だけが国外へ
 向けてひた走ります。
 
 その逃亡用の馬車も、いろいろな荷物を積み込んでしまったため、
 大きく豪華な八頭立ての新品の馬車で、それなりの人物が乗って
 いるのがすぐにばれてしまうものでした。
 
 そしてとうとう、逃亡途中のヴァレンヌという所で、王家は捉え
 られ、チェルイリーへ連れ戻されてしまいます。
 
 フランスを捨てようとした王家の威厳は失墜し、それまで表面上は
 敬意を込めて接していた国民議会の議員たちも、革命を支持する
 党も、次第に敬意を払わなくなります。
 
▽同じように逃亡したルイ16世の弟、プロヴァンス伯は逃亡に
 成功します。
 
 彼にとってみると、ルイ16世とその子供がいなくなってくれた
 方が自分の手に王位が転がってくるため、望ましい結果となります。
 
 また、君主制を敷いている諸外国にとってみると、フランスの王が
 誰になろうと構わないけれど、「革命」や「共和制」の波がヨー
 ロッパからなくなってもらわないとなりません。
 
▽周辺の国々は、様々な思慮と利益が働き、戦争の準備を始めます。
 
 マリー・アントワネットは様々な対応に一人で対処しなければ
 ならなくなります。
 
 ここへきて、自分の母、すでに亡くなったオーストリアの女帝
 だったマリヤ・テレジア並の駆け引きを展開します。
 
 しかし、幽閉の身で外部との通信もままならず、フェルゼンが
 必死に働いてくれてはいますが、歴史の流れは君主制打倒の方向へ
 進んでいました。





 続きは次回



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/844-1009dd65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。