訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリー・アントワネット 上
マリー・アントワネット 上マリー・アントワネット 上
(2007/01)
シュテファン ツヴァイク

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:マリー・アントワネット 上
 著者:シュテファン・ツヴァイク
 出版:角川文庫
 定価:590円+税



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4042082076/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4175348%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※目次はありません。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、平成19年1月に出版されています。
 
 著者は、オーストリアのウィーン生まれの作家です。
 
 著者も多数あります。
 
 
 
 どのような人物なのでしょうか?
 
 
 
 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)どのような人物なのか?



 人間の本性を見ているような感じです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)どのような人物なのか?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●どのような人物なのか?

▽「歴史」は、中学や高校で習うものには全く興味がなく、「暗記物」
 というだけで、選択科目にしなかった教科です。
 
 勉強とかテストというところから切り離して歴史を読むと、これが
 最高に楽しいです。
 
 楽しむだけの歴史は、いくらでも本を読むことができるし、これ
 まで人類が築いてきた膨大な歴史があるのでネタ切れすることも
 ありません。
 
 今回紹介する、マリー・アントワネットも、人類の膨大な歴史の
 中のほんの一部分です。
 
▽マリー・アントワネットは、1755年11月2日にオーストリアの
 女帝、マリア・テレジアの末娘として生まれます。
 
 マリヤ・テレジアは、マリー・アントワネットを含め16人の
 子供を生んでいて、親でもありながらオーストリアで辣腕を振るう
 統治者でもありました。
 
 オーストリアのハプスブルク家は、ブルボン家とヨーロッパの
 覇権を争ってきましたが、両家は長年の争いのため疲弊しており、
 お互いに手を結んだ方が得策という結論に至り、ハプスブルク家の
 皇女マリー・アントワネットをフランスのブルボン家へ嫁がせる
 ことにします。
 
 いわゆる政略結婚です。
 
 マリー・アントワネットの嫁入りが真剣に検討され始めたのは
 11歳の時。
 
 実際に嫁入りするのは14歳の時です。
 
 その間、両家の結びつきを邪魔する人たちや、他の国からさま
 ざまな妨害を受けていました。
 
 両家が結びつくことは、いろいろな影響を与えたみたいです。
 
▽両家の運命と、ヨーロッパの運命を握っていた幼いマリー・アン
 トワネットですが、そんなことは一切頭になく、教養を身につける
 ことには全く興味がなく、音楽や歴史にもまったく興味を示さず、
 日々楽しいことだけしかしない女の子でした。
 
 「遊び好きで注意力散漫、陽気で、いっときも落ち着いていられ
 ない性格で、理解力は早いのに、まじめに問題に取り組もうという
 気が全くない。集中力が無く、怠け癖があり軽はずみ」
 
 そのような女の子でした。
 
 マリア・テレジアをはじめ、マリー・アントワネットの周りの
 人間はかなり心配をしていましたが、14歳の時に結婚が決まり
 ます。
 
▽相手は、フランスのブルボン家の王位継承者(王太子)、ルイ・
 オーギュスト、後のルイ16世です。
 
 ヴェルサイユ宮殿は、ルイ14世によって建てらます。
 
 ルイ14世は、統治者として優れていた人で、自らの権力を誇示
 するために、パリとは離れたところにヴェルサイユ宮殿を建てた
 そうです。
 
 ルイ15世は、ルイ16世の祖父に当たり、よくあるように放蕩
 三昧の王様でした。
 
 統治者らしいことはせず、愛妾を近くに囲い、その女性に政治を
 させていたという人物で、浪費も多く、そのために市民は重税に
 苦しまなくてはなりませんでした。
 
 ルイ15世が、フランス革命の下地を作っていました。
 
▽マリー・アントワネットの夫になる王太子は、性格に難があり
 ました。
 
 反応が鈍く、感情を表に出さない人で、現在でいうと発達障害の
 ある少年だったみたいで、マリー・アントワネットが嫁入りした
 日の日記には「何もなし」と一行だけ書かれていたそうです。
 
 王太子妃となったマリー・アントワネットでしたが、二人の間には
 いろいろと問題がありました。
 
 王太子もマリー・アントワネットより一つだけ年上という、まだ
 若いカップルなので、最初の数年はあまり問題になりませんでしたが、
 次第に、二人がまだ肉体的に結ばれていないということが問題と
 して浮上してきたのでした。
 
 というのも、王太子が感情的な反応が表に現れないのと、性器に
 器官上の問題があって、男性的に不能であるということが判明
 したためです。
 
 手術をすれば治るのですが、何事にも臆病な王太子は手術を受け
 ようとはしなかったのです。
 
 なぜこんなことが漏れ伝わるかというと、一つはマリー・アントワ
 ネットとその母マリア・テレジアとの手紙のやり取りから、一つは
 宮廷内のスキャンダル好きな人たちによってです。
 
 「王太子と王太子妃はまだ結ばれていない」という話は、あっと
 いう間にヨーロッパ中に広まります。
 
 二人の仲が悪かったり、子供が出来ないとなると政治問題となり、
 そのため歴史が動くことになりかねないのです。
 
 二人が結ばれない期間は7年にも及びます。
 
 そのような二人の関係は、王太子の内気な性格にさらに拍車をかけ
 てしまい、次第に王太子はマリー・アントワネットの言いなりに
 なってしまいます。
 
▽もともと、ハプスブルク家で難の不自由もなく甘やかされて育ち、
 14歳で当時ヨーロッパで最高に華やかなヴェルサイユ宮殿の
 住人となったマリー・アントワネットには、恐い物がありません。
 
 未来の王妃にあからさまに逆らう者もなく、ルイ15世の機嫌さえ
 損なわなければ、王太子はほとんど彼女の言いなりなので恐れる
 ものがありません。
 
 夫婦関係が上手くいっていれば、何かが変わっていたのかもしれま
 せん。
 
 しかし、マリー・アントワネットの興味は別の所へ向かいます。





 続きは次回。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/842-2eb1dc43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。