訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD付[新版]生きがいの創造(15回目)
CD付[新版]生きがいの創造CD付[新版]生きがいの創造
(2003/03/20)
飯田 史彦

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:CD付[新版]生きがいの創造
 著者:飯田史彦
 出版:PHP研究所
 定価:2400円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569627943/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1539848%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 過去の人生の記憶
 第2章 人生のしくみ
 第3章 愛する故人とのコミュニケーション
 第4章 「永遠の生命」を科学する意味
 第5章 「ブレイクスルー思考」による生きがい論



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は2003年4月に出版されています。
 
 1996年6月に初版の単行本が出版されています。
 
 本の帯には「50万部を越えるベストセラーを全面改訂」とあり
 ます。
 
 「生きがいの創造」はかなり売れているようです。

 著者の本職は、「人間の価値観について研究する経営心理学者」
 と紹介されています。

 著書も多数あります。



 今回はどのような発見があるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)敗者復活制人事システムとは?



 いつでも敗者復活できるそうです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)敗者復活制人事システムとは?
 
 「人生は、いわば『敗者復活制人事システム』をとって計画され、
 一度負けて(間違った方向を選んで)しまうと戻れないという
 『勝ち抜き制』ではありません」
 
 「人生のある時点までは、いつも望ましくない道を選んできた人
 でも、ある時にそれまでの自分の姿を反省し、生き方(解決方法の
 選び方)を変えた場合には、一転して、予定していた良好な人生の
 方向へと進んでいくことができるのです」
 
 「したがって、これまで、間違った方向へ進み続けて、何一つ
 問題を解決してないような人でも、いつでもその謝りに気づき、
 方向転換をする道が用意されています」
 
 「六十歳、八十歳になってから、自分の言動の誤りに気づいた
 場合でも、決して遅くはありません。いつからでも『やり直し』
 がきくようになっており、たとえ今回の人生で多くの課題をやり
 残したとしても、人生を終える前にそれに気づき、わずかでも
 良い方向へ向かって、その過ちを取り消そうとしたかということが、
 問われることになります」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 客観的に自分を眺めてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●敗者復活制人事システムとは?

▽15回目の紹介となる「生きがいの創造」です。

 14回目までの、バックナンバーは以下の通りです。
 
 1回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070322060000000.html
 2回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070413060000000.html
 3回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070702060000000.html
 4回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070803060000000.html
 5回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070907060000000.html
 6回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20071104060000000.html
 7回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080129060000000.html
 8回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080317060000000.html
 9回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080502060000000.html
 10回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080612060000000.html
 11回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080729060000000.html
 12回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080916060000000.html
 13回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20081028060000000.html
 14回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20081211060000000.html
 
 時間がありましたらご覧下さい。

▽前回は「人生はどのような状況にあっても順調な学びである」
 ということを紹介しました。
 
 今回はそのテーマの続きで、「人生は、敗者復活制人事システム」
 であることを紹介します。
 
 人間の人生には、現在世間で言われている「勝ち組、負け組」の
 ような勝負は存在しません。
 
 どのような人生を送っていても、それはあくまでも自分がこの世に
 生まれる前に計画した人生の一部であって、他人との勝負事では
 ないためです。
 
 たとえ、人間の世界で好ましくないと思われる人生を送っていた
 としても、それは人生計画の一部なのです。
 
 だからといって、その好ましくない生き方を続ける必要は全く
 ありません。
 
 いつでもどこからでも、今の人生を変えていくことができます。
 
 著者はそれを「敗者復活制人事システム」と呼んでいます。
 
 「人生は、いわば『敗者復活制人事システム』をとって計画され、
 一度負けて(間違った方向を選んで)しまうと戻れないという
 『勝ち抜き制』ではありません」
 
 「人生のある時点までは、いつも望ましくない道を選んできた人
 でも、ある時にそれまでの自分の姿を反省し、生き方(解決方法の
 選び方)を変えた場合には、一転して、予定していた良好な人生の
 方向へと進んでいくことができるのです」
 
 「したがって、これまで、間違った方向へ進み続けて、何一つ
 問題を解決してないような人でも、いつでもその謝りに気づき、
 方向転換をする道が用意されています」
 
 「六十歳、八十歳になってから、自分の言動の誤りに気づいた
 場合でも、決して遅くはありません。いつからでも『やり直し』
 がきくようになっており、たとえ今回の人生で多くの課題をやり
 残したとしても、人生を終える前にそれに気づき、わずかでも
 良い方向へ向かって、その過ちを取り消そうとしたかということが、
 問われることになります」
 
 人生は、死ぬ直前まで心が成長できるチャンスでもあるのです。
 
 しかし、「自分の人生の誤り」というのも、なかなか自分では
 気が付かないものです。
 
 自らの言動によって、いくら他人を心身ともに傷つけたとしても、
 そのことに気が付かなければ成長のしようがありません。
 
 その場合、自分の人生から様々なサインが送られています。
 
 「そのような生き方をすると、こうなります」といったような
 サインが必ずどこかに隠されているはずです。
 
 それは、自分に返ってくる他人の言葉だったり、表情だったり、
 仕草だったり、それがいろいろな形で自分に送られてきているの
 です。
 
 他人の悪口を言っている人は、必ずどこかで自分の悪口を言われて
 いたり、常に他人を傷つけるような言動を取る人は、必ず同じ
 ような仕打ちを受けています。
 
 そのような人生からのサインに気づくことで、自分が傷つけた
 他人の心を感じ取り、「自分が間違っていた」と気が付いた時に
 方向転換、つまり生き方を変えれば、その時点から人生が一転
 する場合もあるのです。
 
 年齢が若いうちに、そのことに気が付けば、もっといろいろな
 ことに気が付いて、その分いろいろな学びができるようになります。
 
 もちろん、死ぬ間際までそのチャンスは残されていて、死が間近に
 迫ったことによって、それまで気が付かなかったいろいろなことに
 気が付く場合もあるみたいです。
 
 人生はどこからでも、例え人生の残り1分からでも成長することは
 可能です。
 
 そのためには、「人生のサインに気づくこと」です。





 どのような人生を送ったとしても、決して間違いではありません。
 
 間違いではないけれど、自分以外の人や物との関係を考えた場合に、
 好ましくない人生を歩んでいることに気が付き、気が付いた時点
 から変えていくことが可能なのです。
 
 そういった意味で「人生は敗者復活制人事システム」になって
 います。
 
 自分の身近な人や物を客観的に見渡してみると、なにかに気が
 付くかもしれません。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/841-b1de1773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。