訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和16年夏の敗戦
昭和16年夏の敗戦 (文春文庫)昭和16年夏の敗戦 (文春文庫)
(1986/08)
猪瀬 直樹

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:昭和16年夏の敗戦
 著者:猪瀬直樹
 出版:文春文庫
 定価:400円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4167431017/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f226968%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 プロローグ
 第一章 三月の旅
 第二章 イカロスたちの夏
 第三章 暮色の空
 エピローグ



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、1986年8月に出版されています。
 
 著者は、ノンフィクション作家で、大学の客員教授や東京都の
 副知事もしています。
 
 著書も多数あります。



 敗戦は、昭和20年のはず。




 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽日本という国は、憲法で「戦争を放棄する」と定義しているように、
 一応表面上は戦争できない国になっています。
 
 ところが、憲法の解釈がいかようにもできて、自衛隊が海外で活動を
 するところまで来ています。
 
 基本は「戦争をしない国」です。
 
 しかし、今から65年くらい前、日本は中国との泥沼の戦争に
 加え米英蘭に対しても戦争をしていました。
 
 現在、太平洋戦争に関する本を読むと、「負け戦」だと判っていた
 のに、なぜ戦争をしたのか?という記述が見られる場合が多いです。
 
 当時のアメリカ・イギリスと日本の国力の差は歴然としていました。
 
 しかも、日本には資源がありません。
 
 特に、艦隊を動かしたり、航空機を動かしたりするには石油が
 必要で、その石油は全てを海外に依存していました。
 
 当時はアメリカからの輸入がほとんどで、アメリカとの関係が
 悪化すれば、石油が入って来なくなることは誰が考えても思い
 つきます。
 
▽素人が考えても、戦争するにはかなり綿密な計画や作戦が必要に
 なると思われます。
 
 そのはずなのに、中国、アメリカ、イギリス、オランダと戦争を
 始めた場合に日本はどうなるのかといったシュミレーションが
 どうやら行われていないようなフシがあります。
 
 著者が書いた「空気と戦争」にも書かれているように、当時日本を
 動かしていた上層部は、どうやら「空気」で戦争を始めたみたい
 です。
 
 「戦争をはじめなければ日本はジリ貧だ」
 
 「明治以来、負けたことがない日本が戦争に負けるはずはない。
 だから戦争を始めて南方へ進出し石油を確保する」
 
 このように、単純にその場の雰囲気で戦争を始めたみたいです。
 
 信じられないような気がしますが...
 
 南方、ベトナムやインドシナへ進出するということは、領主国で
 あるアメリカやイギリス、オランダと戦争を始めるということに
 なります。
 
▽戦争をするにはシュミレーションが必要です。

 何が目的で、どこでどうやって戦って、どこにどれほどの物資と
 人員が必要で、運送をどうするか、どういう形で戦争を終わら
 せるのか、そういうことをできうる範囲でシュミレーションを
 実施する必要があります。
 
 しかし、当時の日本の舵取りをしている人たちは、組織だって
 シュミレーションすることはしませんでした。
 
 大日本帝国憲法の下では、政府と統帥部の二つの組織が存在して
 いました。
 
 統帥部とは、建前上は天皇の統帥権という犯さざるべき権力を盾に
 政府のコントロール外の所で指示を出す組織で、日本陸軍と海軍が
 握っていました。
 
 天皇の統帥権とは名ばかりで、天皇は一切口出しせず、報告を
 聞いて確認だけする、という立場にありました。
 
 政府は意志決定機関でありましたが、実質は統帥権を行使する
 参謀本部と軍令部に左右されていたのです。
 
▽現在はどうか知りませんが、当時の日本陸軍と日本海軍は、同じ
 国の軍隊でありながら、意思の疎通が出来ていません。
 
 簡単にいうと仲が悪かったのです。
 
 戦争は、当時の日本だと、参謀本部と軍令部、政府、そして各省庁が
 一致団結して正確なシュミレーションを行わなければならないはず
 です。
 
 しかし、お互いの情報は「極秘」扱いで、例えば石油の備蓄量等
 戦争に一番大切な資源の正しい数字すら出てこない状況でした。
 
 それぞれの組織がバラバラなのが、当時の日本の状況だったのです。
 
 明治から大正にかけて、明治の元老たちが生きている間は、人に
 求心力があったため、ある程度団結ができて日清戦争、日露戦争に
 勝利できました。
 
 しかし、明治の元老達が亡くなってしまうと、求心力というタガが
 なくなってしまい、それぞれの組織がそれぞれの方向を向いて
 権力を行使し始めてしまうのです。
 
 軍事力としては、当時世界の中でも上位にランクされていた日本
 でしたが、日本全体の組織力としては最低だったのではないかと
 思われます。
 
▽中国との戦争が泥沼化し、米英との関係も悪化していた昭和16年
 夏、各部門の青年エリートが招集され「総力戦研究所」という名の
 組織が作られました。
 
 集められたのは、実務経験10年くらいの30代中頃のエリート
 ばかりで、民間からも数人選ばれていました。





 続きは次回。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/839-3b796c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。