訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩狩峠(2回目)
塩狩峠 (新潮文庫)塩狩峠 (新潮文庫)
(1973/05)
三浦 綾子

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:塩狩峠
 著者:三浦綾子
 出版:新潮文庫
 定価:552円+税



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4101162018/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1777982%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※目次はありません。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■■■□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、昭和48年5月に出版されています。
 
 昭和43年9月に出版された単行本の文庫版です。
 
 著者は、旭川生まれの小説家・エッセイストで、人間の原罪などを
 テーマにした作品が多い作家です。
 
 著書も多数あります。



 どのような物語なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽著者の作品は、今回で2冊目の紹介です。

 お時間がある方は、以下も参照ください。
 
 「母(1回目)」,Vol.816,2008/12/15配信分
 http://archive.mag2.com/0000194014/20081215060000000.html
 「母(2回目)」,Vol.817,2008/12/16配信分
 http://archive.mag2.com/0000194014/20081216060000000.html
 
 著者の作品は、キリスト教をテーマにした作品が多いみたいで、
 今回紹介する作品でもキリスト教の話が出てきます。
 
 ただし、宗教に関する物語ではありません。
 
 「人生とは何ぞや」と考えている青年の物語です。
 
▽では、簡単にあらすじを紹介します。

 主人公は、明治10年東京生まれ、永野信夫という名の男性です。
 
 ものごころ付いた時には母はいなくて、勝ち気な性格の祖母トセに
 育てられていました。
 
 父親の貞行はトセと比べると温厚な性格で、信夫の教育はトセに
 任せきりで、ほとんど干渉することがありません。
 
 母親は、信夫を生んで2時間後に亡くなっていて「信夫には母の
 面影が残っている」と聞いたことがあるだけで、母に関する記憶は
 ありません。
 
 永野家はもともと旗本7百石の家柄で、トセの教育も武士を育てる
 ための教育でした。
 
▽信夫との交流があまりなかった父親貞行は、ある出来事がきっ
 かけで、トセ任せの教育はあまりよくないと感じるようになり
 少しずつ信夫の教育に干渉し始めます。
 
 貞行はトセとは違って平等主義者で、トセの「武士の子は...」
 という教育は行わずに明治の文明開化に合わせた教育をするように
 なります。
 
▽ある日、父親と菊人形を見に一緒に出かけた信夫は、その途中で
 貞行のことを「おとうさま」と呼ぶ少女に出会います。
 
 貞行は「おとうさま」と呼ばれてもなぜか否定はしません。
 
 このことを口止めされた信夫でしたが、家に帰ってから祖母に
 菊人形の話をしている時に、思わず少女のことを話してしまいます。
 
 それを聞いたトセは、何やらピンときたらしく貞行を問いつめます。
 
 実は、信夫の母親の菊は死んだわけではありませんでした。
 
 信夫が生まれてすぐ、菊はヤソ(キリスト教の信者)であることが
 トセにバレてしまい、家を追い出されてしまったのでした。
 
 貞行は菊がヤソだと知っていて結婚していました。
 
 当時、キリスト教信者は嫌われていて、近所からは白い目で見ら
 れていたのです。
 
 菊はトセに「子供を取るか信仰を取るか」と迫られ、悩んだあげく
 に家を出ることになったのです。
 
 別れる積もりはなかった貞行は、家と職場の中間地点に家を借りて
 そこに菊を住まわせ、二人目の子供の待子も授かっていました。
 
 菊のことも待子のこともトセには内緒でした。
 
 貞行が自分を騙していたと知ったトセは怒り狂い、「親不孝者!」
 と大声を上げた瞬間、脳溢血で亡くなってしまいます。
 
 トセの死は、見ようによってはベストタイミングで、貞行は菊と
 待子を家に呼び寄せ、家族4人一緒に暮らすようになったのでした。
 
▽急に母親菊と妹と暮らすようになった信夫でしたが、なかなか
 菊にはなじめないでいました。
 
 菊は毎週日曜日になると、待子と教会に出かけます。
 
 また、食事の時にはお祈りが始まるし、仏壇に線香や食べ物を
 供えたりといったことはしません。
 
 そのような菊に多少の違和感を感じています。
 
 それでも、何年かかかってようやく菊とうち解けるようになります。
 
▽信夫には吉川という名の友人がいました。

 吉川とはいろいろなことが話し合える仲で、信夫が成長してからも
 友人として重要な役割を果たすようになります。
 
 吉川の家は貧乏で、ある日酒飲みの父親の借金が重なり家族4人で
 蝦夷(北海道)へ夜逃げしてしまいます。
 
 信夫にはだけは「蝦夷へ行く」と最後に会いに来たのです。
 
▽信夫は成長とともに、様々なことを考えるようになります。

 「生きるとか死ぬということはどういうことか?」といったことも
 考えます。
 
 最近になってようやく考えるようになった私とは大分違います。
 
 連絡が無かった吉川とも文通するようになり、悩み等を打ち明け
 るようになります。
 
▽信夫が悩んだことに、性欲の問題がありました。

 特に若い男性にとっては仕方のない悩みです。
 
 仕組み上、生物としては仕方のない欲求を、人間は理性で押さえる
 ことが可能です。
 
 しかし、健康な体と精神を持つ若い男性が理性で性欲に打ち勝つ
 のは難しいです。
 
 信夫は、自分がそのような人間であることに悩み、友人の吉川にも
 手紙で相談します。
 
▽ある日、父親の貞行が出勤途中で急死してしまいます。

 祖母のトセと同じ脳溢血でした。
 
 大学に行って勉強したかった信夫でしたが、一家の稼ぎ手は自分
 しかいないため、そんなことも言ってられず、父親の上司の口利き
 で裁判所に職を得、働き始めます。





 続きは次回。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/836-ff892dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。