訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンナ・カレーニナ 下巻(2回目)
アンナ・カレーニナ (下巻) (新潮文庫)アンナ・カレーニナ (下巻) (新潮文庫)
(1972/02)
トルストイ木村 浩

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:アンナ・カレーニナ 下巻
 著者:トルストイ
 出版:新潮文庫
 定価:743円+税



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4102060030/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1127804%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※目次はありません。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、昭和47年2月に出版されています。
 
 著者は、ロシアの文豪です。
 
 著書も多数あります。



 なかなか離婚できないアンナの運命は...



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 有名な作品です。期待できます。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽これまでのあらすじは、以下を参照ください。

 アンナ・カレーニナ 上巻(1回目)Vol.760,2008/09/19配信分
 http://archive.mag2.com/0000194014/20080919060000000.html

 アンナ・カレーニナ 上巻(2回目)Vol.761,2008/09/22配信分
 http://archive.mag2.com/0000194014/20080922060000000.html

 アンナ・カレーニナ 中巻(1回目)Vol.793,2008/11/10配信分
 http://archive.mag2.com/0000194014/20081110060000000.html

 アンナ・カレーニナ 中巻(2回目)Vol.794,2008/11/11配信分
 http://archive.mag2.com/0000194014/20081111060000000.html

 アンナ・カレーニナ 下巻(1回目)Vol.828,2009/01/07配信分
 http://archive.mag2.com/0000194014/20090107060000000.html

▽不安定な身分にあるアンナに対し、ブロンスキーは社会へ復帰
 し始めます。
 
 アンナは不倫の末に夫を捨て愛人の元へ走った女性として貴族
 社会から無視されていました。
 
 家にいることしかできないアンナは、精神的に追いつめられ次第に
 妄想するようになります。
 
 アンナはブロンスキーのちょっとした仕草や表情、言葉の端々に
 気に障る部分を発見し、それを問いつめます。
 
 男性にしてみるとたまったものではありません。
 
▽一方、リョーヴィン夫妻は、キチイの出産のため田舎からモス
 クワへ移っていました。
 
 モスクワでの生活は予想以上にお金がかかります。
 
 リョーヴィンは官職には就かず、自分の領地の農場経営をして
 収入を得て生活している貴族です。
 
 モスクワでの生活は、収入以上の生活を強いられますが妻の出産の
 ため仕方がありません。
 
 それでもやることは沢山あって、リョーヴィンはいろいろな所へ
 顔を出します。
 
 そんな中、かつての恋敵だったブロンスキーと話すようになり、
 次第にわだかまりを解いていきます。
 
 オブロンスキーと一緒にアンナと出会うこともできました。
 
 ただ、このことを妻のキチイに話すとキチイは泣き出してしまい
 ますが、二人はしっかりと話し合いわだかまりを解きます。
 
 このあたりの描写は、ブロンスキーとアンナ、リョーヴィンと
 キチイ夫婦の様子が対照的に書かれています。
 
▽精神的に追いつめられているアンナは、ブロンスキーの行動や
 言動に対する批判がエスカレートしていきます。
 
 予定より遅く帰るだけでいろいろな妄想をし始め、帰ってきた
 ブロンスキーの何気ない言葉や表情に自分への憎しみや怒りを
 感じ、それをいちいち指摘します。
 
 ブロンスキーは、身に覚えのないことまで指摘され勝手に怒り
 狂っているアンナに手を焼きます。
 
 これまで二人はそういったことがあると話し合って解決していま
 した。
 
 しかし、話せばアンナの憎しみに満ちた言葉で責められてしまい、
 言い争いになるだけなので、ブロンスキーも話し合いを避ける
 ようになってしまいます。
 
 二人の間に出来た溝は次第に広がってしまいます。
 
▽出産予定日がとうに過ぎていたキチイにもやっとのことで陣痛が
 始まります。
 
 リョーヴィンは慌てて産婆を呼びに行ったり、医者を呼びに行っ
 たり、薬を買いに行ったりします。
 
 それから22時間後、キチイは男の子を出産します。
 
▽財政難に陥っていたオブロンスキーは、自らの就職活動のために
 ペテルブルグを訪れ、いろいろな人に根回しをしていました。
 
 と同時にアンナの夫カレーニンに対し、妹と離婚してくれるように
 話し合います。
 
 しかし、カレーニンはアンナとの一件が起きてから、リジヤ伯爵夫人
 という人物に操られてしまっていて、離婚の承諾を引き延ばして
 いました。
 
 カレーニンとリジヤ伯爵夫人は怪しい霊能者のような人間の意見を
 聞いて判断していて、それを知ったオブロンスキーは離婚は難しい
 と判断します。
 
▽田舎で一人で暮らすのが嫌で、ブロンスキーに付いてモスクワへ
 来ていたアンナでしたが、離婚できるわけでもなく、社交界へ
 出入りするわけでもないモスクワでの生活に嫌気がさしていました。
 
 ブロンスキーが経営する農地へ帰るかどうかでもめていた二人
 ですが、精神的に不安定なアンナは、帰ると言ってみたり帰ら
 ないと言ってみたりと次第に迷走し始めます。
 
 ブロンスキーの態度に愛情を失ったと感じたアンナは、これからの
 自分の身を考えて不安になります。
 
 自業自得のはずが、責任は全てブロンスキーにあると考えてしまい
 ます。
 
 アンナは次第に死を考え始めます。
 
 自ら死ぬことによって、不安から解放されるのと、死ぬことに
 よって、ブロンスキーを責めてやろうと考えるまで追いつめられて
 いたのです。
 
▽そしてある日、ブロンスキーとの行き違いから駅のプラットホーム
 を歩いていたアンナは、走ってくる列車に衝動的に身を投げて
 しまいます。
 
 ブロンスキーは、アンナとのいさかいが嫌にはなっていましたが、
 アンナのことを愛していました。
 
 アンナを亡くしたブロンスキーは、生きる目的を亡くしてしまい、
 やがて自費で小隊を組織してトルコとの戦争へ出発します。





 この物語は、二つのカップルの運命が交差し、やがてまるきり
 反対の運命をたどる、という見事な設定です。
 
 読むのにかなり時間がかかりましたが、読み応えがある小説です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/828-54a01c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。