訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母 (角川文庫)母 (角川文庫)
(1996/06)
三浦 綾子

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:母
 著者:三浦綾子
 出版:角川文庫
 定価:460円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4041437172/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f811058%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第一章 ふるさと
 第二章 小樽の空
 第三章 巣立ち
 第四章 出会い
 第五章 尾行
 第六章 多喜二の死
 第七章 山路超えて



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は、平成8年6月に出版されています。
 
 平成4年3月に出版された単行本の文庫版です。
 
 著者は、旭川生まれの小説家・エッセイストで、人間の原罪などを
 テーマにした作品が多いそうです。
 
 著書も多数あります。



 どのような物語なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽著者は、1922年(大正11年)に生まれ1999年(平成11年)
 に亡くなっています。
 
 本屋さんに行くと、著者の本が多数並んでいます。
 
 まず手始めに「手頃なページ数の本を」と思い適当に選んでみた
 のが今回紹介する作品です。
 
 世の中には「母」というテーマで書かれた作品は、おそらく沢山
 あると思います。
 
 普通は、母のことを思って書いた作品が多いですが、この作品は
 自分より先に天国へ行ってしまった息子の事を、母が晩年に回想
 した内容となっています。
 
▽「蟹工船」で有名な小林多喜二は、日本のプロレタリア文学の
 代表的作家です。
 
 「蟹工船」
 http://archive.mag2.com/0000194014/20060702060000000.html
 
 プロレタリア文学とは、ウィキペディアによると以下のように
 書かれています。
 
 「個人主義的な文学を否定し、社会主義、共産主義思想と結び
 ついた文学」
 
 今回紹介する作品は小林多喜二の母、小林セキに誰かがインタビュー
 し、それに話す形で書かれています。
 
 著者が実際にインタビューしたわけではありません。
 
 小林多喜二が残した作品や日記等を手がかりに、小林多喜二の兄弟
 や知人、親類に取材した内容から、著者が書き起こした作品です。
 
 実際に、この本のようにおしゃべりな母親だったのかどうかは
 分かりません。
 
 しかし、本当に本人が話しているように秋田訛りで書かれている
 文章は、実際の母親は知らなくても、息子への愛をヒシヒシと
 感じる作品となっています。
 
▽小林多喜二の母セキは、1873年(明治6年)秋田県の貧しい
 小作農の長女として生まれます。
 
 相当貧しかったみたいです。
 
 セキは13歳の時、隣村の小林末松の所へ嫁ぎます。
 
 同世代の女の子は口減らしと、その他の家族の生活のために身売り
 されていく時代でした。
 
 そんな中、しっかりと嫁げたのは運が良かったそうです。
 
 セキの嫁ぎ先は、元もとは資産家の家でしたが、末松の兄が相場で
 失敗し、次第に落ちぶれていった家で、セキが嫁いだ頃には、
 ここもかなりの貧乏でした。
 
 文学が好きな末松は、心臓が悪く、農家をやるほどの体力はなく、
 そうとう辛かったみたいです。
 
 末松の兄は、当時北海道一景気がよかった小樽へ、開拓農として
 志願して行ってしまいます。
 
 この兄が小樽でパン屋として成功し、罪滅ぼしということもあって
 末松とセキの夫婦に「小樽へ来い」と誘います。
 
 2人はなかなか秋田の田舎を離れることができずにいると、長男の
 多喜郎だけでもいいから小樽へ預けてくれれば面倒を見る、と
 言われ、長男を小樽の兄の所へ行かせてしまいます。
 
 しかし、多喜郎は程なく病気で死んでしまいます。
 
▽その後、兄の誘いもあって小林一家は秋田から小樽へ引っ越す
 ことになりました。
 
 小樽では兄にパンを卸してもらい、パンやせんべいや大福餅等を
 売るお店を開きます。
 
 この頃の家族は、長女チマ、次男多喜二、次女ツギがいて、小樽で
 三男の三吾が生まれます。
 
 パン屋の近くには工事現場や水産学校があって、お店は繁盛します。
 
 この頃の労働者階級の扱いは劣悪なもので、労働者が寝泊まり
 しているタコ部屋から叫び声が聞こえてくることもありました。
 
 辛くて逃げ出すと、お金を前借りして働いているため連れ戻され、
 折檻されたそうです。
 
▽小学生の多喜二は、親思い、兄弟思いのとても優しい子どもでした。

 多喜二は小樽へ呼んでくれた叔父のお陰で、商業高校にもその上の
 学校にも行かせてもらい、拓銀に就職が決まります。
 
 一方、弟の三吾は小学校しか行けませんでした。
 
 家長になる者とそうでない者の違いというのもありますが、三吾は
 父の仕事の手伝いのために、小学校以上の学校は行かなかったの
 です。
 
 それを知っていた多喜二は、三吾がバイオリンをやりたいというの
 を知っていて、初めてもらった給料の半分を使って中古のバイオリン
 を買ってきたのでした。
 
 多喜二はバイオリンの教師も見つけてきて、三吾に習わせたのです。
 
 三吾は後に音楽家になります。
 
▽多喜二が拓銀に就職した年に、夫の末松が亡くなります。

 パン屋は弟の三吾が継いで、多喜二は銀行へ。
 
 日中は銀行で働いて、帰ってくると夜中まで小説を書いていた
 そうです。
 
 そして、翌朝は早く起きてパン屋の手伝いをしてから銀行へ行って
 いたとのこと。
 
 貧しいながらも明るい家庭だったみたいです。
 
▽銀行に勤め始めると、多喜二が小説を書く理由がハッキリしてき
 ます。
 
 「貧乏人のいない世の中を作りたい」
 
 そう思って一所懸命小説を書いていました。
 
 母親にしてみると、自分がとことん貧しかったために「貧乏人の
 いない世の中を作りたい」と真剣に考えている息子のことが誇り
 でした。
 
 多喜二が仕事から帰ってきて、家で小説を書いている姿は、母親が
 言葉をかけられないような気配を漂わせていたそうです。
 
 その横で弟の三吾がバイオリンを弾いても、まるで聞こえてない
 ように真剣に小説を書いていたとのこと。
 
 「貧乏人のいない世の中を作りたい」という思想が、どうして
 国家権力に殺されるようなことになったのか、セキは理解出来ず
 にいました。





 続きは次回



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/815-af8e2d05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。