訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンガルー・ノート
カンガルー・ノート (新潮文庫)カンガルー・ノート (新潮文庫)
(1995/01)
安部 公房

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:カンガルー・ノート
 著者:安部公房
 出版:新潮文庫
 定価:400円+税



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4101121249/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f705123%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 1 かいわれ大根
 2 緑面の詩人
 3 火炎河原
 4 ドラキュラの娘
 5 新交通体系の提唱
 6 風の長歌
 7 人さらい



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、平成7年2月に出版されています。
 
 1991年11月に出版された単行本の文庫版です。
 
 著者は、日本の作家で、海外でも高い評価を受けていたそうです。
 
 日本でも多くの賞を受賞しています。
 
 著書も多数あります。



 カンガルー・ノートとは何か?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽著者の作品は、今回で3冊目の紹介となります。
 
 「砂の女」
 http://archive.mag2.com/0000194014/20080828062234000.html
 「人間そっくり」
 http://archive.mag2.com/0000194014/20081009060000000.html
 
 この作品は、著者が最後に完成させた長編で、著者の遺作と位置
 づけられています。
 
 体調が思わしくなく、おそらく病院のベッドで書かれたと思われ
 る作品です。
 
 完全に安部ワールドの作品で、おもしろがって読むべきなのか、
 著者の死に対する考えとか恐怖を描いたシュールな作品なのか、
 良く分かりません。
 
▽簡単に作品を紹介します。

 主人公は、ある朝突然に「かいわれ大根」が脛(すね)に生えて
 いた男。
 
 「脛にかいわれ大根が生えていた」という発想からしてどこか変
 です。
 
 以前読んだ、手塚治虫さんのブラックジャックに、全身から木の葉が
 生えてくる男を治療する話を思い出しました。
 
 残念ながら結末は覚えていません。
 
▽ある朝起きてみると、右の脛に芥子粒くらいの黒い点々を発見
 します。
 
 この男性は、医療器具メーカーのサラリーマンで、会社に設置
 された「提案箱」に何か新製品を提案するように義務づけられ、
 ほとんど冗談のつもりで「カンガルー・ノート」とメモに一行
 書いて投函したところ、なんとそれが採用されてしまいます。
 
 冗談で書いたのに開発室の室長から呼び出され、「カンガルー・
 ノート」の構想を尋ねられます。
 
 何の考えも持たずに投函した「カンガルー・ノート」だったので
 質問にはしどろもどろに答えます。
 
 カンガルー・ノートがハッキリと出てきたのは冒頭の数ページ
 だけで、他に数カ所名前が出てくるだけです。
 
 題名が「カンガルー・ノート」なので、カンガルーがどこかに
 沢山出現するかと思っていましたが、どこにも出現することは
 ありません。
 
▽翌朝、男性は右の脛がむずがゆくて起きます。
 
 脛を見てみると、黒い芥子粒が昨日の倍くらいの大きさに育って
 いました。
 
 よくよく観察してみると、黒い粒の下に、茎上のものがあって、
 モヤシを細くしたような感じです。
 
 それは先端に葉のようなものが付いていて、どうやら植物のよう
 でした。
 
 男性は会社を休んで、区役所の裏にある皮膚泌尿器科の医院を
 訪ねます。
 
 病院で看護婦に脛を見せた時には、しっかりとかいわれ大根が
 生えていました。
 
▽病院でベッドに寝かされた男性は注射を打たれ、熟睡してしまい
 ます。
 
 気が付いた時にはベッドに固定され、点滴が打たれ、尿管カテーテル
 がさされていました。
 
 病院の先生が言うには、手に負えないので地獄谷のような硫黄泉の
 温泉にでも浸かってきなさいと言われ、ベッドごと夜明け前の外へ
 放り出されてしまいます。
 
 ベッドは男性の意志で動いているようで、勝手に進んで行き、
 ここから、男性とベッドの冒険?が始まります。
 
 男性は、脛に生えたかいわれ大根で胃を満たしつつ、現実とも
 あの世とも判断のつかない、いろいろな場所を訪れます。
 
 そして、最後には男性の死亡記事で締めくくられます。
 
 ジャンル的にどこに位置づけられる作品になるのか分かりません。
 
 夏目漱石や三島由紀夫や谷崎潤一郎等の、人間を描いた作品も
 面白いですが、著者のような感覚の作品もやはり面白いです。





 この作品は、著者の「死」を臭わせるような内容ですが、暗い
 わけではなく、軽快で読んで楽しい作品となっています。
 
 ただ、あらすじが書きづらい作品でもあります。
 
 著者の本は、この他に5冊くらい収集しているので、今後も読んで
 みたいと思います。



 最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/814-4a84baee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。