訪問者数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD付[新版]生きがいの創造(14回目)
CD付[新版]生きがいの創造CD付[新版]生きがいの創造
(2003/03/20)
飯田 史彦

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:CD付[新版]生きがいの創造
 著者:飯田史彦
 出版:PHP研究所
 定価:2400円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569627943/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1539848%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 過去の人生の記憶
 第2章 人生のしくみ
 第3章 愛する故人とのコミュニケーション
 第4章 「永遠の生命」を科学する意味
 第5章 「ブレイクスルー思考」による生きがい論



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は2003年4月に出版されています。
 
 1996年6月に初版の単行本が出版されています。
 
 本の帯には「50万部を越えるベストセラーを全面改訂」とあり
 ます。
 
 「生きがいの創造」はかなり売れているようです。

 著者の本職は、「人間の価値観について研究する経営心理学者」
 と紹介されています。

 著書も多数あります。



 今回はどのような発見があるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)順調な学びとは?



 どのような人生を送ろうとも順調な学びです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)順調な学びとは?

 「人生の分岐点において、どのような道を選んだとしても、価値
 のない無駄な道を歩むことにはなりません。たとえ、他の人に
 比べると挫折や不遇のように見える状況に陥ったとしても、実は
 それこそが、体験すべき課題であることが多いのです」
 
 「人生における『幸せ』の尺度や『学び』の方法については、
 他人と比べるのは間違っているようです。それぞれの人が、必要に
 応じて、違う科目、違う難度の授業をとっているからです」

 「たとえば、小学校六年生の国語の授業と、小学校1年生の算数の
 授業とを比較して、どちらが優れた授業かを判断することはでき
 ません。どちらも、その科目の、そのレベルの授業という点では、
 最適な内容になるように心がけてあるからです」
 
 「しかも、小学校の六年生も一年生も、人間としての価値に差は
 ありません。そこにあるのは、単に、もう卒業間近なのか、まだ
 新入生なのかという、学んだ時間の長さの差しかないのです」
 
 「同じように、人はみな、自分に最適な人生を、自分なりに順調に
 歩んでいるのですから、全く異なる内容・難度の人生を歩む他人と
 比べて一喜一憂するのは、意味のないことだと言えるでしょう」

 「人生では、『自分で状況を変えようと努力する』とういことと
 同じくらいに、『与えられた状況に抵抗せず、素直に受け入れる』
 ということも必要であるようです。むしろ、その両方の判断や
 バランスの取り方こそが、人生における学びのテーマのひとつで
 あると言っても良いでしょう」
 
 「なぜなら、与えられた状況の中に、今回の人生でどうしても
 経験しておくべき課題が、予定通り順調に含まれているからです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 全て受け入れて生きていこう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●順調な学びとは?

 今回で14回目の紹介となる「生きがいの創造」。

 時間と根性がある方は、バックナンバーも参照してください。
 
 1回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070322060000000.html
 2回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070413060000000.html
 3回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070702060000000.html
 4回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070803060000000.html
 5回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070907060000000.html
 6回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20071104060000000.html
 7回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080129060000000.html
 8回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080317060000000.html
 9回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080502060000000.html
 10回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080612060000000.html
 11回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080729060000000.html
 12回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080916060000000.html
 13回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20081028060000000.html

▽前回は、生まれる前に自ら計画する人生は、「意識体としての
 成長度に応じて、ちょうど良いレベルの問題を用意している」
 ということを紹介しました。
 
 人生で起きるさまざまなイベントは、「自動発生装置」仕掛けて
 おくような感じなのだそうです。
 
 自分がある言動をとったり、「ある年齢」に達したり、「ある組織」
 に属していたり、「ある人」と知り合ったりすると、自ら仕掛けて
 おいた試験問題が自動的に発生するよう計画しているみたいです。
 
 今回は、自ら仕掛けた試験問題にどのように解答を示すか、という
 部分を紹介します。
 
▽「人生いろいろ」という歌がありますが、人生は本当にいろいろ
 です。

 どん底の生活を送っている人もいるし、日本以外の国ではその日
 をどうやって生き延びるかを考えなくてはならない人もいます。
 
 それとはうって変わって、何をやっても上手くいき、社会的に
 成功して見た目には順風満帆の人生を送る人もいます。
 
 どのような人生を歩んだとしても、間違いではないみたいです。
 
 著者は次のように言います。
 
 「人生の分岐点において、どのような道を選んだとしても、価値
 のない無駄な道を歩むことにはなりません。たとえ、他の人に
 比べると挫折や不遇のように見える状況に陥ったとしても、実は
 それこそが、体験すべき課題であることが多いのです」
 
 「人生における『幸せ』の尺度や『学び』の方法については、
 他人と比べるのは間違っているようです。それぞれの人が、必要に
 応じて、違う科目、違う難度の授業をとっているからです」
 
 このことが理解できると、他人の人生と自分の人生を比べてみて、
 他人が持っていて自分が持っていないものを上げ連ねていくのは
 何の意味もないということが分かります。
 
 いろいろなものを手に入れている人の人生を見て、それを目標
 として自らが頑張るのは何の問題もないと思います。
 
 ただ、その人と同じものが手に入らないからといって嘆くのは
 何の意味もない、ということになります。
 
 自らの人生は誰のためでもないし、他人と比較して優れているとか
 劣っているとか判断するものではないのです。
 
 さらに著者は言います。
 
 「たとえば、小学校六年生の国語の授業と、小学校1年生の算数の
 授業とを比較して、どちらが優れた授業かを判断することはでき
 ません。どちらも、その科目の、そのレベルの授業という点では、
 最適な内容になるように心がけてあるからです」
 
 「しかも、小学校の六年生も一年生も、人間としての価値に差は
 ありません。そこにあるのは、単に、もう卒業間近なのか、まだ
 新入生なのかという、学んだ時間の長さの差しかないのです」
 
 「同じように、人はみな、自分に最適な人生を、自分なりに順調に
 歩んでいるのですから、全く異なる内容・難度の人生を歩む他人と
 比べて一喜一憂するのは、意味のないことだと言えるでしょう」
 
 自分の人生に起きる様々な出来事は、自分以外の外の世界との
 関わりの中で起きるので、どうしても他人との比較で考えてしまい
 ます。
 
 勉強ができるとかできないとか、仕事ができるとかできないとか、
 給料が安いとか高いとか、いずれも他人と比較することによって
 優劣を感じてしまいます。
 
 そこに優劣を感じてしまうのは全く意味のないことです。
 
 そして、自分の人生をどのように生きても間違いではなく、どの
 ような人生を送ろうとも「何ごとも順調な学び」なのです。
 
 逆に言うと「自らが計画した通りにしか生きられない」という
 ことにもなりそうです。
 
 自らが計画した通りにしか生きられないのならば、勉強ができない
 自分も、仕事ができない自分も、給料が安い自分も、他人から
 嫌われている自分も、何もかも全て「順調な学び」と言えそうです。
 
 究極は、戦争で誰かと戦っている人生も「順調な学び」の人生と
 言えます。
 
▽では、「何事も順調な学び」の自分の人生を、どのように生きて
 いけばいいのかというと、やはり「受け入れること」みたいです。
 
 著者は言います。
 
 「人生では、『自分で状況を変えようと努力する』とういことと
 同じくらいに、『与えられた状況に抵抗せず、素直に受け入れる』
 ということも必要であるようです。むしろ、その両方の判断や
 バランスの取り方こそが、人生における学びのテーマのひとつで
 あると言っても良いでしょう」
 
 「なぜなら、与えられた状況の中に、今回の人生でどうしても
 経験しておくべき課題が、予定通り順調に含まれているからです」
 
 私の人生も予定通り順調にきているようです。





 ここ最近「受け入れること」という言葉が、様々な場面で私の
 人生に登場します。
 
 まだまだ「全てを受け容れる」というレベルまでは到達していま
 せん。
 
 でも現在の私にとっての大きな課題の一つです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/813-3e38042e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。