訪問者数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇の影法師
天皇の影法師 (新潮文庫)天皇の影法師 (新潮文庫)
(1987/08)
猪瀬 直樹

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:天皇の影法師
 著者:猪瀬直樹
 出版:新潮文庫
 定価:360円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4101389020/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1117015%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 プロローグ
 天皇崩御の朝に?スクープの顛末
 柩をかつぐ?八瀬童子の600年
 元号に賭ける?鴎外の執着と増蔵の死
 恩赦のいたずら?最後のクーデター
 エピローグ



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、昭和62年(1987年)8月に出版されています。
 
 昭和58年(1983年)3月に出版された単行本の文庫版です。
 
 読んだのは新潮文庫版ですが、現在は朝日文庫から出版されてい
 ます。
 
 著者はノンフィクション作家で、現在は東京都副知事をしています。
 
 著書も多数あります。




 「昭和」にはどのような秘密があったのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽著者の作品は久々に読みます。

 これまでに読んだのは、
 
 「道路の権力」
 「道路の決着」
 「空気と戦争」
 「二宮金次郎はなぜ薪を背負っているのか?」
 
 の4冊です。
 
 著者が単身国家権力に挑んだ「道路の権力」「道路の決着」は
 なかなか面白い作品です。
 
 著者の作品を読んで、初めて「ノンフィクションが面白い」という
 ことが分かりました。
 
 自らの足を使って事実を調査し、それを一つの物語に仕上げていく
 手法は、著者の文章能力の善し悪しにかかっていると思われます。
 
▽今回紹介する作品は、大正天皇崩御の際に起きた元号誤報事件を
 元に、そこから掘り出されるさまざまなドラマを書いた作品です。
 
 元号が「明治」となったのは、明治天皇が即位したからと思い
 がちですが、どうやら違っているみたいです。
 
 ウィキペディアで調べてみると、明治以前は天皇の交代と改元は
 全く関係がなく行われていて、元号が慶応から明治になった時に
 天皇の即位と関連づけて改元されるようになったようです。
 
 慶応4年9月8日に明治天皇が即位したため、同年の1月1日に
 遡って元号が「明治」に改元されました。
 
 明治は45年(1912年)まで続き、この年の7月30日に
 明治天皇が崩御し、大正天皇践祚(せんそ)によって元号が「大正」
 に改元されました。
 
 践祚(せんそ)とは、天子の位を受け継ぐことです。
 
 大正天皇は元もと病弱で、天皇即位によって心労がかさなり、
 12月25日に崩御。
 
 大正という元号は15年で終わります。
 
 同日、昭和天皇が即位し、元号も「昭和」に改元されます。
 
▽この頃には、NHKがラジオ放送を開始していました。

 しかし、競争相手もなく報道は新聞の方が早く行われていて、
 新聞は各社が先を争って最新情報を伝えようとしていました。
 
 そのような時代に、大正天皇の容態が悪化という発表が行われ、
 新聞各社の報道合戦が始まります。
 
 最初の容態発表が行われたのが大正15年11月11日。
 
 12月に入ると日に2、3回と増えていくようになります。
 
 そのころの新聞社は、東京日日新聞(現在の毎日新聞社)、東京朝日、
 報知、時事新報、国民新聞、毎夕、中外商業新報(日経新聞)、
 都新聞(東京新聞)、万朝報、読売新聞で、発行部数の順に並んで
 います。
 
 この頃、読売新聞は最下位でした。
 
 これらの新聞社が、しのぎを削って報道合戦に突入します。
 
▽新聞各社が先を争って、大正天皇崩御の号外を出そうと待ちかま
 えている状況で、同じく大正天皇崩御後の次の元号が何になるのか
 に注目が集まっていました。
 
 大正天皇崩御が間近になると、新聞各社は先を争うように「号外」
 の準備に取りかかります。
 
 崩御の記事はあらかじめ予定稿を作成しておいて、崩御の一報が
 入り次第印刷に入る体制でいました。
 
 その予定稿が試し刷りされたものが、どこからともなく広まって
 しまう、という事件も発生しています。
 
 この頃、皇室に対する侮辱や批判は「不敬罪」という罪に問われ
 ます。
 
 新聞各社はそういった緊張状態の中、大正天皇崩御の報を待って
 いました。
 
▽大正天皇崩御は大正15年12月25日午前1時25分、正式
 発表は同日午前2時45分でした。
 
 そこから新聞各社は号外を刷り始めますが、この時点では次の
 元号の発表はありません。
 
 そのような中、東京日日新聞だけは号外に、
 「新元号は『光文』に決定するであろう」という文をいれて印刷
 していました。
 
 これは東京日日新聞の大スクープです。
 
 この記事を書いた東京日日新聞の杉山記者も、確かな筋からの
 情報を得ていて、まず間違いはないと断言していました。
 
 ところが、新しい元号がなかなか発表されません。
 
 既に、号外はばらまかれています。
 
 新元号を決める枢密院本会議が数時間かかり、それが終わって議員
 から口外された新元号は「昭和」でした。
 
 昭和生まれの私には「昭」の字は見慣れた文字ですが、当時「昭」
 の字は全くなじみがない文字だったようです。
 
 東京日日新聞は号外に「光文」を載せていて、その日の朝刊にも
 「新元号は光文」と報道していました。
 
 しかし、正式な発表は「光文」ではなく「昭和」。
 
 この大誤報は問題となり、東京日日新聞の幹部が何人か辞めて
 います。
 
 著者がいろいろと調査してみると、どうやら新しい元号は「光文」で
 ほぼ決定していたらしいですが、閣議決定する前に号外が出て
 しまったため、急遽会議が開かれ別の元号「昭和」に決まった
 ようです。
 
 この「光文神話」は、まだ確実ではないみたいで、この後真相が
 究明されていきます。





 続きは次回



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/809-204b34f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。