訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い鳥
青い鳥 (新潮文庫 (メ-3-1))青い鳥 (新潮文庫 (メ-3-1))
(1960/03)
メーテルリンク堀口 大学

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:青い鳥
 著者:メーテルリンク
 出版:新潮文庫
 定価:362円+税



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4102013016/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f241588%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※多数あるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、昭和35年3月に出版されています。
 
 著者は、ベルギー出身の詩人・劇作家で、法律を学んでいましたが
 のちに文学に転向します。
 
 1911年にノーベル文学賞を受賞しています。
 
 著書も多数あります。



 どのような物語なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽「幸せの青い鳥」を探しに行く、チルチルとミチルの物語は、
 青い鳥を探しに行くことだけは知ってました。
 
 でも、どのような物語の流れなのか全く知りません。
 
 短い童話を予想していましたが、予想に反し戯曲形式で書かれ
 ていて、しかも結構長いです。
 
▽簡単にあらすじを紹介します。

 主人公はもちろん、チルチルとミチルの兄妹。
 
 チルチルとミチルの一家は貧しく、とうさんチルは木こりをして
 生活しています。
 
 ある年のクリスマスイブの夜、とうさんチルとかあさんチルが
 兄妹の部屋から出て行った後、2人は話を始めます。
 
 今年はクリスマスのおじいさんは家には何も持ってきてくれない
 と嘆いています。
 
 かあさんチルがクリスマスのおじいさんに言いに行く暇がなかった
 そうです。
 
 「クリスマスのおじさんは、お金持ちの子供の所には今夜来る
 ことになっている」と、世間の厳しさを知っているチルチルでした。
 
 2人はベッドから起きあがり、向かいのお金持ちの家のクリスマス
 の様子を眺めていました。
 
 プレゼントのおもちゃにおいしそうなお菓子、食べ物が並んでい
 ます。
 
 お金持ちの家の子どもたちは楽しそうに踊り、お菓子をたくさん
 もらっていました。
 
▽そんな時、部屋の戸を叩く音がします。

 入って来たのは、緑色の着物に赤いずきんをかぶった小さなおばあ
 さんで、そのおばあさんはせむしでびっこで片目で、曲がって
 あごまで届きそうな鼻を持ち、腰を曲げ杖にすがって歩いていま
 した。
 
 教科書に書いてあるような典型的な魔法使いのおばあさんです。
 
 ここでは、「妖女」と表現されています。
 
 妖女は名前をベリリウンヌと言い、歌を歌う草か青い鳥を探して
 いました。
 
 そして、妖女の娘が患っているので、青い鳥を探してきて欲しいと
 2人はむりやり妖女に頼まれてしまいます。
 
 青い鳥を持っていると幸せになれるとのこと。
 
 妖女は煮込み料理の鍋を火に掛けてきたので一緒に行くことは
 できない、と2人だけで行くことを催促します。
 
 強引な妖女です。
 
 チルチルは妖女からダイヤモンドが付いた青い帽子をもらいます。
 
 この帽子をかぶってダイヤモンドを少し回すと、目が開いて見え
 ないものが見えるようになるのです。
 
 チルチルがためしにダイヤモンドを回してみると、柱時計から
 時間の精が出て踊り始め、火からは火の精が出てきて、パンから
 出てきたパンの精を追いかけます。
 
 その他に、犬からは犬の頭をした男、猫からは猫のの頭をした女性、
 そして、水の精、牛乳の精、砂糖の精、ランプから光の精が現れ
 ます。
 
 その時、戸を叩く音が聞こえたため、チルチルはあわててダイヤ
 モンドを回します。
 
 しかし、急いで回してしまったため、いろいろなものの精が戻れ
 なくなってしまいます。
 
 戻れなかった精たちはチルチルとミチルについて行くことになり
 ました。
 
▽一同は妖女に家に寄って気に入った服に着替え、最初に向かった
 のは「思い出の国」です。
 
 チルチルとミチルは、死んだはずのおじいさんチルとおばあさんチル
 に再会します。
 
 チルチルは「思い出の国」であっさりと青い鳥を発見します。
 
 さらに、死んでしまった弟や妹たちとも再会します。
 
 時間になったのでチルチルとミチルはおじいさんチルとおばあさん
 チルに別れを告げます。
 
 気が付くとかごの中の鳥は黒く変色していました。
 
▽チルチルとミチルが次に訪れたのは「夜の御殿」。

 夜の御殿には美しい女性の姿をした「夜」が住んでいます。
 
 チルチルは「夜」に青い鳥を探しているので、扉の鍵を貸して
 欲しいと頼みます。
 
 人間にあまり良い印象を持っていない「夜」は、チルチルたちに
 不親切です。
 
 渋っている「夜」から鍵を受け取ったチルチルは、扉を開けて
 廻ります。
 
 最初に開けたのは「幽霊の扉」。
 
 幽霊が開けた扉から逃げ出しますが、「夜」が幽霊を捕まえて
 扉の中へ戻します。
 
 チルチルはえらい迷惑をかけていますが、青い鳥を探すためには
 仕方ありません。
 
 チルチルが次に開けた扉は「病気の扉」。
 
 何も出てこないのでチルチルがのぞきに行くと、中には随分加減が
 悪そうな「病気」たちがいるだけでした。
 
 チルチルが次に開けたのは「戦争の扉」。
 
 「夜」の話によると、「戦争」は昔に比べるとずっと恐ろしく
 力も強くなっているとのこと。
 
 チルチルが扉を少しだけ開けて覗いてみると、大きくて恐ろしい
 「戦争」がいました。
 
 その後、「陰と恐れの扉」、「沈黙の扉」、仕事のない「星」や
 夜の「かおり」や「鬼火」や「ホタル」などがいる扉を開けます。
 
 そして最後に、真ん中の一番大きな扉を開けようとしたところ
 「夜」に脅されます。
 
 地上でみんなが恐ろしいと思っているものよりももっと恐ろしい
 ものが入っているから開けてはならないと説得されます。
 
 それでも、チルチルが扉を開けてみると「夜の光に満ちた、いい
 ようもない夢の花園」が現れ、そこには青い鳥が何百羽も群れを
 なして飛び回っています。
 
 チルチルたちは青い鳥をたくさんカゴに入れ「夜の御殿」を後に
 します。
 
 しかし、御殿を出ると青い鳥は全て死んでしまいます。





 続きは次回。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/805-78944de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。