訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破壊(2回目)
破戒 (新潮文庫)破戒 (新潮文庫)
(1954/12)
島崎 藤村

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:破壊
 著者:島崎藤村
 出版:新潮文庫
 定価:560円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4101055076/oyajimushicom-22/ref=nosim/



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※目次はありません。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、昭和29年12月に出版されています。
 
 明治38年(1905年)に寄稿され、翌年に自費出版されています。
 
 著者は、日本の小説家、詩人です。
 
 著書も多数あります。



 どのような物語なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 差別はやめよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽昔から丑松が父親に言われ続けたこと。

 それは「穢多であることを決して口外してはならない。隠せ」
 というものでした。
 
 そして、父親が臨終の際に丑松に残した言葉も同じでした。
 
 それほど、明治時代後期は穢多に対する賤民意識が強かったみたい
 です。
 
 現代では考えられないほど一般市民の間では、穢多に対する差別
 がありました。
 
 丑松は自分の秘密を誰にも言えないことで、悩み苦しんでいました。
 
 それは、「自分の出身が穢多であること」、もう一つが「それを
 隠して生活しているため、周囲の人たちを騙していること」。
 
 同じ穢多出身でありながら、それを公言して堂々と世間に意見を
 突きつけている猪子蓮太郎にすら、自分の素性を明かすことが
 できません。
 
 丑松は、そのような自分が嫌になってきます。
 
▽父親の葬儀も終わり2週間くらいして戻ってくる途中、行きの
 汽車の中で見かけた高柳利三郎という、次の代議士選挙に立候補
 しようとしている人物を再び見かけます。
 
 高柳には女性の連れがいて、穢多で大富豪の娘を嫁にもらったの
 でした。
 
 彼は代議士選挙に出馬しようとしていましたが、選挙資金が乏しく
 そのために、大富豪の娘を嫁にもらったのでした。
 
 もちろん、嫁さんが穢多出身であることは秘密です。
 
 丑松は、その女性の出身を知っていましたが、そんなことは他言
 するつもりは全くありません。
 
▽帰ってきた翌日、お互いに顔は知っていたけれど言葉を交わした
 ことがない高柳利三郎が、丑松が下宿している寺へ訪ねてきます。
 
 高柳ははっきりしたことは言いませんが、「お互いに秘密は黙って
 いよう」と丑松に持ちかけます。
 
 高柳の話にとぼけていた丑松でしたが、彼の話によると、先日
 結婚した穢多の富豪の娘が丑松のことを知っていて、丑松の素性が
 穢多であることがばれていたのです。
 
 丑松は「なにを言っているのか分からない」と、とぼけ通します。
 
▽学校では、校長と甥の藤野文平が丑松のうわさ話をしていました。

 校長は、自分の地位と名誉を守るため新しい時代の人間である
 丑松や、丑松の友人の土屋銀之助等の青年教師のことが煙たく
 なっていました。
 
 甥の藤野文平のように自分の言うことを聞いてくれないし、教育
 について語るとよく意見が衝突し、何かにつけて邪魔になります。
 
 校長は、「学校の統一」を建て前として丑松を煙たがっていまし
 たが、実際には保身を考えていたのでした。
 
 そこで、甥の藤野文平にスパイの役割をさせ、学校内の教師から
 あがってくる不平や不満等の情報を集めると同時に、特に丑松を
 学校から追い出すための情報を探していました。
 
 そのような校長の元へ、丑松に関する重大な情報が入ってきます。
 
 「瀬川丑松は穢多出身である」
 
 情報をもたらしたのは甥の藤野文平で、情報源は「代議士選挙に
 立候補しようとしている確かな人」でした。
 
 校長は丑松を学校から追い出す糸口を発見したのでした。
 
▽丑松がひた隠しにしても、一度誰かの口から出た話は瞬く間に
 広まっていきます。
 
 友人の土屋銀之助に問われても「何の事やら分からない」と答えて
 いた丑松でした。
 
 しかし、世間では次第に噂が広まっていました。
 
 どうやら校長が色々と手を回して広めていたみたいです。
 
▽その頃、猪子蓮太郎と弁護士の市村が、市村弁護士の代議士選挙
 のために、丑松が住む飯山という町へきていました。
 
 猪子蓮太郎は市村弁護士の応援演説をやる予定になっていたのです。
 
 対抗馬はあの高柳利三郎。
 
 おそらく金をばらまいていると予想されます。
 
 猪子蓮太郎の演説は聞きに来た民衆の心を捉えます。
 
 彼は肺病のため、血を吐きながらの壮絶な演説でした。
 
 そして、対抗馬の高柳利三郎の政略結婚を取り上げ、それを糾弾
 したのでした。
 
 そのため、猪子蓮太郎は宿へ帰る途中、高柳利三郎の一派に襲われ
 死んでしまいます。
 
▽その日、丑松は猪子蓮太郎に会いに行き、全てを告白する積もりで
 いました。
 
 しかし、その思いも叶わず、丑松はとうとう自らを「破壊」する
 ことを決意します。
 
 学校へは進退伺いを提出し、教室で生徒達に向かって自分の素性
 を明かしたのでした。
 
 「黙っていて申し訳ない」と生徒の前で手を付いて。
 
 学校中大騒ぎになります。
 
 そして...





 この物語は、自らが賤民出身であることを隠し通すことに悩み、
 苦しんだ青年の話です。
 
 どこの国に行っても、いろいろな形で「差別」があります。
 
 それは、現在の狭い日本でも同じで、この物語とは違う形で差別が
 残っているみたいです。
 
 人と比べ競い合って生きることが当たり前の社会だと、差別は
 絶対になくならないと思われます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/803-3629d4a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。