訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椿山課長の七日間
椿山課長の七日間 (朝日文庫)椿山課長の七日間 (朝日文庫)
(2005/09/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:椿山課長の七日間
 著者:浅田次郎
 出版:朝日文庫
 定価:600円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4022643528/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3638670%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 沙羅の咲く道
 相応の事情
 現世到着
 親分の災難
 父の秘密
 
 他、多数あるため省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :□□□□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■■■□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2005年9月に出版されています。
 
 2002年9月に出版された単行本の文庫版です。
 
 著者は、日本の作家で、国内の様々な賞を受賞されている方です。
 
 著書も多数あります。



 どのような物語なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 悔いの残らない人生を送ろう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽著者の作品は久々に読みます。

 かなり前に「メトロに乗って」や「壬生義士伝」を読んだことが
 あります。
 
 何年かぶりで著者の作品を読むことになります。
 
 著者の作品は、電車の中等で油断して読んでいると思わず涙ぐん
 でしまうことがあるので要注意です。
 
 今回の作品も、映画化そして舞台化されている有名な作品で、
 油断していると涙しそうな予感がします。
 
▽物語のあらすじを簡単に紹介します。

 主人公は椿山和昭という名の46歳の中年男性で、背は低く、
 頭も薄く、太っています。
 
 椿山課長は、妻と息子の3人家族です。
 
 父親もいて、ボケて老人ホームへ入っています。
 
 デパートの婦人服売り場の課長をしていて、ハードな毎日を送って
 いました。
 
 物語は、椿山課長がなぜだかわからないけど、広い道路を歩いて
 いる場面から始まります。
 
 広い道路には人影はまばらで、皆同じ方向に向かって歩いていま
 した。
 
 歩きながら思い出してみると、椿山課長はバーゲンの初日、閉店後
 に仕入先から接待を受けていて、そこで倒れそのまま死んでしまった
 みたいです。
 
▽皆が歩く方向に一緒に歩いていくと、役所か学校のような4階
 建ての建物に到着します。
 
 周りをみてみると年寄りばかりで、椿山課長と同じ年齢の人は
 あまりいません。
 
 皆が到着した建物は、現世と来世の中間で、俗に冥土と呼ばれる
 中陰の世界でした。
 
 昔は「中陰役所」と呼んでいたそうですが、現在は「SAC」
 「スピリッツ・アライバル・センター」と呼ばれています。
 
 SACはやけに事務的な場所で、自動車の免許センターのような
 感じです。
 
 ここで、生前の行いを審査し、講習を受け、反省をすると極楽へ
 行けるということらしいです。
 
 SACでは生前信仰していた宗教毎に講習が分けられ、椿山課長は
 仏式で講習を受けることになりました。
 
 ここでは、名前は戒名で呼ばれます。
 
 椿山課長の戒名は「昭光道成居士」。
 
 戒名は、長い名前の場合は金額が張りますが、SACでは戒名の
 長さは全然関係がなく平等に扱われます。
 
▽宗教毎に分けられた人たちは、さらに生前犯した罪によって、
 いくつかの部屋に分けられます。
 
 椿山課長が指示された部屋は「邪淫の罪」を犯した人たちが講習を
 受ける部屋でした。
 
 椿山課長は「邪淫の罪」に身に覚えはなく憤慨します。
 
 しかし、審査に不服がある場合「相応の事情」があれば再審査を
 してくれるとのこと。
 
▽講習会ではスライドを見せられます。
 
 そのスライドは椿山課長の罪を解説したものでした。
 
 椿山課長が犯した邪淫の罪とは、結婚する前に付き合っていた
 佐伯知子という名の同期入社の女性に対して犯していたようです。
 
 2人の関係は18年間も極秘裏に続いていました。
 
 お互いに気のあった友人同士で、お互いに好きな人ができたら
 別れることになっていました。
 
 お互いがそう思っていると考えていた椿山課長でしたが、彼女の
 方はそう思ってなくて、18年間プロポーズを今か今かと待って
 いたのです。
 
 ところが18年後に椿山課長は別の女性を好きになってしまい、
 別れた後に結婚してしまいます。
 
 別れてから8年経った今も佐伯知子は椿山課長のことが忘れられ
 ませんでした。
 
 それが「邪淫の罪」の全貌でした。
 
▽講習会が終わった人たちは、机に取り付けてある「反省ボタン」を
 押すことによって罪は償われ極楽往生できるシステムになってい
 ます。
 
 しかし、自分の罪に不服がある椿山課長は再審査を要求し、しかも
 「どうしてもこのまま死ぬわけにはいかない」ということで現世に
 戻りたい旨を伝えます。
 
 椿山課長は、再審査を請求してもろくなことにならないから止めた
 方が良いと説得されますが、邪淫の罪に納得できないのと、どう
 しても思い残したことがあるので現世に帰ることを希望します。
 
 再審査をする部屋はSACの別館になっていて、そこへ行って
 みると、別に2人の人たちがいました。
 
 一人は、見るからにこわもてのヤクザ者、もう一人は7歳の少年
 でした。
 
 ヤクザ者の名は武田、テキ屋で生計を立てている貧乏な組の組長で
 誰かに間違われてヒットマンに殺されていました。
 
 誰に間違われたのか、組の若い衆たちがどうなったのかを知り
 たくて現世に戻りたかったのです。
 
 7歳の少年の名は雄一、青信号で横断歩道を渡っていたところを
 車にはねられ気が付いたらSACにいました。
 
 この少年もどうしても確かめたいことがあって、現世に戻ることを
 希望していました。
 
▽現世に戻るには、「RMR(リライフ・メイキング・ルーム)」で
 説明を受けなければなりません。
 
 現世へ戻れるのは死後七日間だけ。
 
 椿山課長の場合、すでに4日が経過しているので残り三日しか
 ありません。
 
 現世に戻る時は、死んだときの自分とは似ても似つかない姿で
 戻ります。
 
 そして、約束事が3つあって、「制限時間の厳守、復讐の禁止、
 正体の秘匿」、この3つの約束を破ると「こわいこと」になります。
 
▽椿山課長は係の人から「よみがえりキット」を渡されます。
 
 カバンを開けると、その時に必要な物が出てくるカバン、SACと
 つながる携帯電話、必要な額だけ出てくる財布です。
 
 これだけ持って現世に戻ることになります。
 
▽椿山課長が現世に戻ってみると、40歳くらいの美しい女性の
 姿になっていました。
 
 名前は「和山椿」。
 
 この姿で、現世で思い残したことを確認することになります。





 続きは次回。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/788-63b9def9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。