訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いいかげん」のすすめ
「いいかげん」のすすめ「いいかげん」のすすめ
(2008/03/18)
ひろ さちや

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:「いいかげん」のすすめ
 著者:ひろさちや
 出版:PHP研究所
 定価:1000円+税
 購入:ブックオフで550円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569697348/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5434537%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第一章 「あきらめ」のすすめ
 第二章 希望を持つな
 第三章 「いいかげん」のすすめ
 第四章 ご縁を大切に



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2008年4月に出版されています。
 
 著者は、紹介文によると、膨大で難解な仏教思想を、逆説やユーモアを
 駆使してやさしく説いている方です。
 
 著書も多数あります。



 「いいかげん」とはどのような意味なのでしょう?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)「いいかげん」とは?



 「てきとうにやる」というわけではなさそうです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)「いいかげん」とは?



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 いいかげんに生きよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「いいかげん」とは?

▽著者の本は、これまで何冊か紹介したことがあります。
 
 数えてみると7冊も紹介していて、おそらく仏教に興味があるのと
 書いてあることが、その時の自分の考えを示しているような感じが
 するためだと思われます。
 
 今回出会った本は「いいかげん」のすすめ。
 
 しかも、帯には次のように書いてあります。
 
 「『努力すれば幸せになれる』って、誰が決めたんですか?」
 
 今回は、帯に書いてあったこの言葉に引かれてしまい思わず買って
 しまいました。
 
▽「いいかげん」というと、普通は「中途半端」や「無責任」、
 「てきとう」といった負のイメージがあります。
 
 ただし、別の漢字を当てると「好い加減」となり、「ちょうどよい」
 「快適」といった意味に取ることができます。
 
 そして、仏教ではこの「好い加減」のことを「中道」と言って、
 仏教の基本姿勢になるそうです。
 
 今から約2600年前、釈迦が王子の身分を捨てて修行を始めた
 とき、最初は苦行をしたそうです。
 
 確か6年くらい。
 
 でも、死ぬ間際まで行った6年の苦行でも、何も得ることはなく
 釈迦は肉体をいじめる苦行では、何も悟ることができないことを
 知ります。
 
 その時にたどり着いた考えが「中道」です。
 
 王子の身分と苦行ではあまりにも極端すぎて、何かを得たとしても
 普通の生活では役に立ちそうもありません。
 
 普通の生活の中で得られた悟りこそが本物なのではないか?と
 釈迦は考えます。
 
 結果的に、釈迦は悟りを開きます。
 
▽釈迦がたどり着いた「中道」とはどういうことかというと、著者
 は次のように書いています。
 
 「中道というのは『いいかげん』です。『いいかげん』を逆に
 言えば『がんばるな!』なんです。でも、これもまた常識はずれ
 ですね」
 
 「世の中の人は『がんばる』ことがいいことだと思っていますから、
 がんばってはいけないと言われると、ビックリされます」
 
 「中道」という言葉は無責任な「いいかげん」の意味ではなく、
 「好い加減」の意味があるそうです。
 
 そして、「好い加減」というのは「頑張るな」「頑張らなくてもいい」
 ということでもあるのです。
 
▽著者も書いてますが、日本語の「頑張れ」という言葉は、どの
 ような状態の人にも掛けられる言葉です。
 
 頑張ってない人にも、頑張っている人にも、頑張りすぎている
 人にも「頑張れ」という言葉を投げかけてしまいます。
 
 上記三者の中で、「頑張れ」と声を掛けて効果があるのは「頑張って
 いる人」だけです。
 
 頑張っていない人に「頑張れ」と言うと皮肉になりますし、頑張り
 過ぎている人に「頑張れ」というと、さらにムチ打つことになり
 ます。
 
 「頑張れ」という言葉は、投げかける対象の人の状況によって
 使い分けなければなりません。
 
 ところが、先程も書いたように日本語の「頑張れ」は、例えば
 病気の人に対しても掛けられる言葉です。
 
 自分の意志に反して体の病気に罹っている人に、「頑張れ」と声を
 掛けてどう頑張ればいいのでしょうか。
 
 体の病気ならまだしも、うつ病等のように心の病気で悩んでいる
 人に対して「頑張れ」と言うと、自殺してしまうかもしれません。
 
 本人はかなり頑張っているけれど、どうにもならない状況にいて
 それで心の病気を罹っています。
 
 そこへムチ打つように「頑張れ」という言葉を投げかけると、
 「もっと頑張らなきゃならないのか?」ということになってしま
 います。
 
 「頑張れ」という言葉は使う状況を考える必要があります。
 
▽著者は、人生というのは目的を設定して、そこへ向かって頑張る
 ことではないと言います。
 
 目的を設定すると未来のために生きなければなりません。
 
 著者は言います。
 
 「たとえてみれば、人生をマラソン・レースのように考えている
 のです。ゴールを目指して、歯を食いしばって駈けるのです。
 ゴールという未来のために、現在を犠牲にする生き方をすれば、
 お釈迦さまからお叱りを受けます」
 
 「わたしたちは、現在を大事に生きねばなりません。そのためには、
 ゆったりと人生の旅を楽しむのです」
 
 その人生を楽しむためのペースが「いいかげん」です。
 
 そして「毎日楽しく生きればいい」と主張しています。
 
 「人生は旅です。そして、人生の旅の要領は『いいかげん』です。
 いいかげんのペースを身につけたとき、旅は楽しくなるでしょう。
 どうか急がないでください」
 
 私にとっての現在のテーマ「楽に楽しく生きる」ためには、
 「いいかげん」が必要みたいです。





 この本は、さまざまな仏教の教えを、見開き2ページに一つずつ、
 著者が分かりやすく解説したものです。
 
 「いいかげんがいい」、と著者は主張していて、私もその考えが
 「楽でいいなぁ」と思ってます。
 
 でも、それも人それぞれで、目標を設定してそこへ努力邁進する
 人生を否定しているわけではありません。
 
 それはその人の人生であって、どの様に生きようとその人の勝手
 です。
 
 ただ、努力してそのためにストレスを感じる人生を生きている
 ならば、努力しない「中道」を生きてみるのも一つの手かもしれ
 ません。


最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/785-a6ed6b47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。