訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂漠
砂漠 (1983年)砂漠 (1983年)
(1983/05)
ル・クレジオ

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:砂漠
 著者:ル・クレジオ
 出版:河出書房
 定価:2000円
 購入:図書館で借りました



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 絶版です。



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※目次はありません。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、1983年5月に出版されています。
 
 著者は、フランス出身の小説家で、2008年のノーベル文学賞を
 受賞しています。
 
 著書も多数あります。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽今回紹介する本の著者は、今年(2008年)のノーベル文学賞を
 受賞された方です。
 
 フランス出身の作家で、正式な名前は
 「ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ」
 です。
 
 1985年に河出書房から出版されてますが、現在は絶版となって
 います。
 
 アマゾンで検索しても、古本で1万円の値段が付いています。
 
 ノーベル文学賞を受賞したので、もしかしたら復刊するかもしれ
 ません。
 
 今回は、図書館で借りてきました。
 
▽ウィキペディアから著者に関する情報を抜粋します。

 著者は、1940年にイギリス籍の父親と、フランス籍の母親の元
 フランスで生まれ、8歳の時に父の仕事の関係でナイジェリアに
 滞在します。
 
 ここで、文学に目覚めます。
 
 ナイジェリアでは英語とフランス語の環境で育ったため、どちらの
 言語も使えるとのこと。
 
 今回紹介する「砂漠」は迷った末、フランス語で書くことにした
 そうです。
 
 1963年に「調書」という作品で作家デビューをしていて、この
 作品が評価されフランス国内で有力な賞を受賞しています。
 
 主な作品としては「調書」の他、短編集の「発熱」、長編の「大洪水」、
 「戦争」、「悪魔祓い」、「巨人たち」等があります。
 
 また、近年では今回紹介する「砂漠」の他、「黄金探索者」、
 「ロドリゲス島への旅」、「オニチャ」、「パワナ」等があります。
 
 ノーベル文学賞の受賞理由は、
 「新しい出発、詩的冒険、官能的エクスタシーの作家であり、
 支配された文明社会やそれを超えた人間性の探求者」
 ということで、良く分かりません。
 
▽簡単に作品を紹介します。

 正直な話、342ページあるうち、後半の約100ページに入る
 まで退屈でした。
 
 読むのに時間が掛かるし、何度途中で投げ出そうかと思いましたが、
 「せっかくだから」と最後まで読んでしまいました。
 
 作品が良くないわけではないと思います。
 
 個人的な趣味が合わないだけで、おそらく文学的にはすばらしい
 作品なのでしょう。
 
 物語の舞台は、20世紀初頭(1909年頃)です。
 
 紀元前から北アフリカのサハラ砂漠に住んでいた先住民族の
 ベルベル人の「ヌール」という少年が主人公です。
 
 この物語に、もう一つ別の時代の物語が交差します。
 
 もう一つは、現代の北アフリカに住むモール人の娘、「ララ・ハワ」
 の物語です。
 
 時代が違う2人の物語が互いに交差しながら進展していきます。
 
 2人がどこかで接することはありません。
 
 お互いの物語が別々に進展していて、でもどこかで共通点を持った
 出来事が起きたりします。
 
 ヌールの時代には、キリスト教徒の弾圧により土地を追われた
 ベルベル人が、大族長である「マ・エル・アイニーン」を中心に
 キリスト教徒と戦う様子が描かれています。
 
 この時代は、すでに近代的な武器が出現していて、キリスト教徒
 との戦いに勝つことはできません。
 
 ララの時代には、北アフリカの貧困労働者の様子が描かれていて、
 植民地から利益を吸い上げるだけの近代文明が、ヌールの時代の
 キリスト教徒と重なって描かれています。
 
▽退屈だと言ったのは、物語の進展の遅さです。

 前半200頁を読んでも、物語はほとんど進展しません。
 
 ヌールの時代の現状説明と、ララの時代の現状説明が延々と続き
 ます。
 
 その表現方法は、きっと素晴らしいものなのでしょう。
 
 ただ、個人的に小説には物語性を求めてしまうため、話が進展しない
 小説は読んでいてあまり面白くありません。
 
 途中をかなり飛ばして読んでも、物語的には何の支障もなく捉える
 ことは可能です。
 
 この辺りは趣味の問題なので、面白いかどうかは読んでみないと
 分からないと思います。





 この本は、ノーベル文学賞を受賞した著者の作品を読んでみたくて
 借りた本です。
 
 たまたま自分の趣味に合わない本を選んでしまったみたいなので
 著者の別の本も読んでみたいと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/784-291bc074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。