訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD付[新版]生きがいの創造(13回目)
CD付[新版]生きがいの創造CD付[新版]生きがいの創造
(2003/03/20)
飯田 史彦

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:CD付[新版]生きがいの創造
 著者:飯田史彦
 出版:PHP研究所
 定価:2400円
 購入:ブックオフで1250円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569627943/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1539848%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 過去の人生の記憶
 第2章 人生のしくみ
 第3章 愛する故人とのコミュニケーション
 第4章 「永遠の生命」を科学する意味
 第5章 「ブレイクスルー思考」による生きがい論



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は2003年4月に出版されています。
 
 1996年6月に初版の単行本が出版されています。
 
 本の帯には「50万部を越えるベストセラーを全面改訂」とあり
 ます。
 
 「生きがいの創造」はかなり売れているようです。

 著者の本職は、「人間の価値観について研究する経営心理学者」
 と紹介されています。

 著書も多数あります。



 今回はどのような発見があるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)人生設計の方法とは?
 2)試練の組み合わせとは?



 私たちは何をしに物質世界に生まれてくるのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)人生設計の方法とは?

 「私たちは、物質世界を離れて精神的な世界(光の世界)へと
 戻ったあとにも、「人に与えるための何か」を学んでいるという
 ことです。生まれていく人生で、人々に与えるべき『何か』・・・
 それは、きっと、『愛』であるに違いありません」
 
 「つまり、私たちは、生まれる前の世界で『愛』の意味について
 学び、そこで学んだ知識を、この物質世界で人間として生きる
 人生において、実践することに挑戦しているのです」
 
 「なぜなら、愛に満ち、善なる存在たちの世界である『生まれる前』
 の状態に留まっていても、そこには愛を疎外するものが存在しない
 ため、『愛の実践が難しい過酷な状況の中で愛を実践する』という、
 高度な学びのチャンスがないからです」


 2)試練の組み合わせとは?

 「人生は、いくつもの分岐点によって仕組まれた『枝分かれ図』
 のようになっています。一本の木が、根の部分から幹が生え、
 幹から何本もの枝が分岐し、さらにそれぞれの枝から小枝が分岐
 していくように、人生も、自分の言動によって、将来の展開が
 変わってくるのです」
 
 「人生の中で目前に現れてくる分岐点でどの選択肢を選ぶかに
 よって、その後の人生展開が変わってきます」

 「どの選択肢を選びながら生きていくのが最も理想的な人生展開
 なのかは、その人生を終えるまでは知ることができません」
 
 「なかには、ある大切な人と、ある場所でちょうど隣り合わせに
 なるなど、その人生で、たった一度だけ、ほんの数十秒間しか
 出会わないように仕組んでおく場合もあり、その数十秒の間に
 特定の言動をするかしないかによって、その後の人生展開が大きく
 変わってしまうのです」
 
 「例えば、勇気を出してその人に声をかけるとか、困っている
 らしい姿を見て助けてあげるなどの言動が、人生の分岐点で
 『運命』という名のスイッチを入れることになるわけです」

 「いずれにしても、常識的にわかるのは、『常に、より愛のある、
 創造的な選択をしていくこと』こそが、最も理想的な選択肢を
 選び続ける鉄則だということです」
 
 「人生が、自分で自分に与える試験問題の組み合わせであり、
 問題集であることを考えれば、これ以上の『必勝テクニック』は
 存在しないはずです」
 
 「また、人生は自分で自分に与える問題集ですから、自分の能力に
 応じて、最適なレベルの試験問題を組み合わせます」
 
 「まだ『足し算・引き算』のレベルで苦しんでいるのに、『因数分解』
 の問題に挑戦しても、解けるはずがないからです」
 
 「人生計画を立てる際には、意識体としての自分の成長に応じて、
 『がんばって手を伸ばせば届く程度』の、ちょうど良いレベルの
 問題を用意しておくというわけです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 人生は全て計画通り。思い悩むのはやめよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●人生設計の方法とは?

 2007年3月から紹介している「生きがいの創造」も、今回で
 13回目の紹介となります。

 時間がある方は、バックナンバーも参照してください。
 
 1回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070322060000000.html
 2回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070413060000000.html
 3回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070702060000000.html
 4回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070803060000000.html
 5回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070907060000000.html
 6回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20071104060000000.html
 7回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080129060000000.html
 8回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080317060000000.html
 9回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080502060000000.html
 10回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080612060000000.html
 11回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080729060000000.html
 12回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080916060000000.html
 
 もしかしたら本を読んだ方が早いかもしれません(笑)
 
▽前回は、物質世界に生まれてくる目的について紹介しました。

 その目的とは、不自由な物質世界で精神的に成長するためです。
 
 また、物質世界では何者にも認めてもらわなくても良い、誰も
 求めなくても、「光の存在」が自分の存在を認めてくれている、
 ということも紹介しました。
 
 したがって、どのような人生を送ろうとも何も心配することは
 ありません。
 
 今回は、その続きから紹介します。
 
 私たちが物質世界で死んでから、次に生まれてくるまでの中間生は
 どのくらいの時間があるかというと、人それぞれみたいです。
 
 中間生でただ待っているだけかというと、そうではなく、中間生
 でも同じように学んでいるみたいですが、物質世界のように学ぶ
 ための障害があまりないそうです。
 
 時間と空間の概念もなく、思ったことが即実現する世界なので、
 物質世界の学びとは比較にならないそうです。
 
 その中間生に、地球の時間で120年いた人の話が紹介されて
 います。
 
 中間生にいる期間は数十年から数百年までで、魂の成長の計画に
 よって違っているそうです。
 
 著者は言います。
 
 「私たちは、物質世界を離れて精神的な世界(光の世界)へと
 戻ったあとにも、「人に与えるための何か」を学んでいるという
 ことです。生まれていく人生で、人々に与えるべき『何か』・・・
 それは、きっと、『愛』であるに違いありません」
 
 「つまり、私たちは、生まれる前の世界で『愛』の意味について
 学び、そこで学んだ知識を、この物質世界で人間として生きる
 人生において、実践することに挑戦しているのです」
 
 「なぜなら、愛に満ち、善なる存在たちの世界である『生まれる前』
 の状態に留まっていても、そこには愛を疎外するものが存在しない
 ため、『愛の実践が難しい過酷な状況の中で愛を実践する』という、
 高度な学びのチャンスがないからです」
 
 私たちは中間生で予習をして、生まれてから物質世界で人々に
 「愛」を与えることの実践をしているのです。
 
 考えようによっては、物質世界に生まれたことで周りの何人かに
 愛を与えています。
 
 「人々に何かを与えるため、愛の実践をするため」にこの世に
 生まれてきたことを覚えておきましょう。

●試練の組み合わせとは?

▽中間生にいる間に、次の人生を自ら計画しますが、その計画の
 内容は、前世で計画した課題だったけど達成できなかったことを
 再度盛り込んだり、まったく新しい計画を立てたり、とそれぞれです。
 
 そして、自ら計画する人生はいくつもの枝分かれをしているそうです。
 
 著者は言います。
 
 「人生は、いくつもの分岐点によって仕組まれた『枝分かれ図』
 のようになっています。一本の木が、根の部分から幹が生え、
 幹から何本もの枝が分岐し、さらにそれぞれの枝から小枝が分岐
 していくように、人生も、自分の言動によって、将来の展開が
 変わってくるのです」
 
 「人生の中で目前に現れてくる分岐点でどの選択肢を選ぶかに
 よって、その後の人生展開が変わってきます」
 
 この辺のことは、精神世界の話をする他の人の意見も統合して
 みると、おそらく、大きなイベント、例えば「病気」とか「結婚」
 とか「出産」とか「死」等は、起きるタイミングや、人選は既に
 決定していて、そこに至るまでの道のりが細かく枝分かれして
 いるのではないかと考えられます。
 
 枝の選択によっては、起きたり起きなかったりする計画もある
 みたいです。
 
 「どの選択肢を選びながら生きていくのが最も理想的な人生展開
 なのかは、その人生を終えるまでは知ることができません」
 
 「なかには、ある大切な人と、ある場所でちょうど隣り合わせに
 なるなど、その人生で、たった一度だけ、ほんの数十秒間しか
 出会わないように仕組んでおく場合もあり、その数十秒の間に
 特定の言動をするかしないかによって、その後の人生展開が大きく
 変わってしまうのです」
 
 「例えば、勇気を出してその人に声をかけるとか、困っている
 らしい姿を見て助けてあげるなどの言動が、人生の分岐点で
 『運命』という名のスイッチを入れることになるわけです」
 
 そう考えると、人生ってかなりスリリングです。
 
 どの選択がベストなのか、死んでみないと分からないのです。
 
 逆に言うと、あまり思い悩むこともないということになりそうです。
 
 さらに著者は言います。
 
 「いずれにしても、常識的にわかるのは、『常に、より愛のある、
 創造的な選択をしていくこと』こそが、最も理想的な選択肢を
 選び続ける鉄則だということです」
 
 「人生が、自分で自分に与える試験問題の組み合わせであり、
 問題集であることを考えれば、これ以上の『必勝テクニック』は
 存在しないはずです」
 
 「また、人生は自分で自分に与える問題集ですから、自分の能力に
 応じて、最適なレベルの試験問題を組み合わせます」
 
 「まだ『足し算・引き算』のレベルで苦しんでいるのに、『因数分解』
 の問題に挑戦しても、解けるはずがないからです」
 
 「人生計画を立てる際には、意識体としての自分の成長に応じて、
 『がんばって手を伸ばせば届く程度』の、ちょうど良いレベルの
 問題を用意しておくというわけです」
 
 ということは、「人生には乗り越えられない苦しみはない」と
 いうことになりそうです。
 
 何事も、自己計画の範囲内でしか起きないと考えると、思い悩む
 必要もないことが分かります。
 
 そこが理解できると、「自分の人生、計画通り」と自信を持って
 言えるのではないでしょうか。
 
 たとえ、どのような人生を送っていたとしても...





 私たちは、思いもよらない出来事によって悩み、苦しんで、夜も
 寝られないこともあり、最悪の場合自殺を考えてしまいます。
 
 しかし、「自分の人生、計画通り」と考えることができれば、
 自殺なんて考える必要もないことが理解できます。
 
 現在、これといった人生計画を持たない人生を送っている私も、
 全ては計画通り、順調な人生を歩んでいます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/782-6be9db06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。