訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化しすぎた脳
進化しすぎた脳 (ブル-バックス)進化しすぎた脳 (ブル-バックス)
(2007/01/19)
池谷 裕二

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:進化しすぎた脳
 副題:中高生と語る「大脳生理学」の最前線
 著者:池谷裕二
 出版:講談社
 定価:1000円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN//oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4274546%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 人間は脳の力を使いこなせていない
 第2章 人間は脳の解釈から逃れられない
 第3章 人間はあいまいな記憶しかもてない
 第4章 人間は進化のプロセスを進化させる
 第5章 僕たちはなぜ脳科学を研究するのか



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2007年1月に出版されています。
 
 2004年10月に出版された単行本の新書版です。
 
 著者は、東京大学大学院薬学研究科講師をしている方で、神経薬理学、
 光生理学が専門です。
 
 著書も多数あります。



 人間の脳の役割とは?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)進化しすぎた脳とは?



 脳にはすごい機能が満載です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)進化しすぎた脳とは?

 「じつは、ここに重要なトリックがあって、脳が大きければ大きい
 ほど、それから脳のシワの数が多ければ多いほど賢い、という
 通説は正しくないんだ」
 
 「イルカの知能は人間の3歳児くらいと言われている。確かに、
 イルカは賢いかもしれない、他の動物に比べればね。でも人間には
 はるかにかなわない。こんなに立派な脳をもっているにもかか
 わらずだ」

 「腕をとってしまうと脳自身が変わってしまう。つまり、生まれ
 持った体や環境に応じて、脳は『自己組織的』に自分をつくり
 あげていく。構造の上では、イルカの脳は本当は人間以上のポテン
 シャルを秘めているのに、残念ながら『宝の持ち腐れ』でしか
 なかった、というわけ」

 「脳というのは進化に最小限必要な程度の進化を遂げたのではなく、
 過剰に進化してしまった、と言えるのではないか。進化の教科書を
 読むと、環境に合わせて動物は進化してきた、と書いてあるけど、
 これはあくまでも体の話」
 
 「脳に関しては、環境に適応する以上に進化してしまっていて、
 それゆえに、全能力は使いこなされていない、と僕は考えている。
 脳のリミッターは脳ではなく体というわけだ」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●進化しすぎた脳とは?

▽何年か前、本をたくさん読み始めた頃によく読んだ本が、脳科学
 に関する本でした。
 
 人間の脳は、量の割にはほんのわずかしか機能していなくて、
 なぜこんなに大きな脳が必要なのか、実はまだよく分かっていない
 ということでした。
 
 脳科学に関しては日進月歩で進化しています。
 
 それでもまだ分かっていない部分がほとんどです。
 
 おそらく、3次元の世界にいて、現実世界のことしか考えない
 のであればずっと分からないままだと思われます。
 
 素人の私の予想では、脳は「魂」との関係を考えなければ、その
 機能のほとんどは理解できないのではないかと考えられます。
 
 ということは、現代の科学では解明できないということになり
 そうです。

▽人間に限らず、生物の脳はとても自然にできたモノだとは思えま
 せん。
 
 生物が生きるために無意識に動かしている臓器、これも脳が管理
 しています。
 
 人間の脳は、他の生物に比べ「大脳皮質」という部分が発達して
 います。
 
 また、生きるために必要な機能を管理してるのが「小脳」と呼ば
 れる部分で、動物はこの部分が発達しています。
 
 また、運動とか知覚とか意識といった部分を管理しているのが
 「大脳皮質」です。
 
 一般的には「大脳皮質の表面積が多ければ多いほど、知能は高く
 なる」と言われています。
 
 よく言われる「脳のしわ」というやつです。
 
 「脳のしわ」が多いのがイルカで、人間よりも脳のしわは多い
 らしいです。
 
 確かに「イルカが賢い」という話はよく聞きますが、実際はそう
 でもないらしいです。
 
 著者は言います。
 
 「じつは、ここに重要なトリックがあって、脳が大きければ大きい
 ほど、それから脳のシワの数が多ければ多いほど賢い、という
 通説は正しくないんだ」
 
 「イルカの知能は人間の3歳児くらいと言われている。確かに、
 イルカは賢いかもしれない、他の動物に比べればね。でも人間には
 はるかにかなわない。こんなに立派な脳をもっているにもかか
 わらずだ」
 
 「脳のしわ」と「知能の発達」にはあまり関連がなさそうです。
 
 「脳のしわ」が何のために必要なのか、ということはまだ分かって
 ないみたいです。
 
▽コンピュータと人間の違いは何かと言うと、コンピュータは、
 それにつながっているハードウェアを交換しても、本体は何も
 変わらないけれど、脳は体によって変わる、ということです。
 
 著者は言います。
 
 「腕をとってしまうと脳自身が変わってしまう。つまり、生まれ
 持った体や環境に応じて、脳は『自己組織的』に自分をつくり
 あげていく。構造の上では、イルカの脳は本当は人間以上のポテン
 シャルを秘めているのに、残念ながら『宝の持ち腐れ』でしか
 なかった、というわけ」
 
 人間で考えると、人間の体、腕や手足といった、自分が持っている
 体の機能や、育ってきた環境によって自分の脳を作り上げることに
 なります。
 
 そうやって作り上げた脳は、大きな脳のなかのほんのわずかな
 部分しか必要としないということです。
 
 一説には、脳の機能の3%?15%くらいしか使っていないとも
 言われます。
 
 目に見える機能だけ考えると、まさに「宝の持ち腐れ」です。
 
 著者は言います。
 
 「脳というのは進化に最小限必要な程度の進化を遂げたのではなく、
 過剰に進化してしまった、と言えるのではないか。進化の教科書を
 読むと、環境に合わせて動物は進化してきた、と書いてあるけど、
 これはあくまでも体の話」
 
 「脳に関しては、環境に適応する以上に進化してしまっていて、
 それゆえに、全能力は使いこなされていない、と僕は考えている。
 脳のリミッターは脳ではなく体というわけだ」
 
 つまり、「脳は必要以上に進化し過ぎた」というのが著者の主張
 です。
 
 でも、体や環境によって脳が変化するならば、過剰に脳が進化
 することはありえないのではないかと思うのは素人の発想でしょうか。
 
 もし、著者の説が正しいならば、脳がここまで発達したのは、
 何か別の機能を有しているからではないかと考えられます。
 
 何のために「進化し過ぎた脳」が必要なのか知りたいです。





 けっこう面白いので、次回もう一度紹介させてもらいます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/774-0f54f14f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。