訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間そっくり
人間そっくり (新潮文庫)人間そっくり (新潮文庫)
(1976/04)
安部 公房

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:人間そっくり
 著者:安部公房
 出版:新潮文庫
 定価:362円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4101121125/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f907221%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※目次はありません。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、昭和51年4月に出版されています。
 
 平成14年12月時点で37刷となっています。
 
 長く読まれている本です。
 
 著者は、日本の作家で、海外でも高い評価を受けていたそうです。
 
 日本でも多くの賞を受賞しています。
 
 著書も多数あります。



 今回はSFです。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 どちらが狂っているのか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽著者の作品は、今回で2度目の紹介です。

 以前、「砂の女」という作品を紹介しました。
 http://archive.mag2.com/0000194014/20080828062234000.html
 
 この作品は、海外でも高い評価を受けている作品です。
 
 不思議な感覚の作品でした。
 
 不思議でしたが、何となく雰囲気に惹かれるものがあって、今回
 2冊目を読んでみることにしました。
 
▽今回は、「SF長編」と紹介されています。

 「砂の女」も登場人物は少なかったですが、今回も少ないです。
 
 主人公は、毎週日曜日を除く毎日、昼前30分間のラジオ番組の
 構成作家をしています。
 
 ラジオ番組のタイトルは「こんにちは火星人」。
 
 番組の内容は、「社会戯評風」の番組で、それでも2年近く続いて
 います。
 
 ところが、火星探査ロケットの打ち上げもあって、風向きが変わって
 しまい、ふざけた番組が支持されなくなってきました。
 
 この男性は、収入の大半をこの番組から得ていて、番組が終わって
 しまうと困ったことになってしまいます。
 
▽そんなある日、男性の家に奇妙な男性が訪ねてきます。

 その男性は、何かのセールスマンのような感じで「火星人のことで
 相談したい」と来意を告げます。。
 
 主人公の男性の妻が応対に出て、男性が玄関に行こうとすると、
 そこへ女性の声で電話が掛かってきました。
 
 その女性は、
 
 「火星人のことで話があるとうちの主人が訪ねてきていると思うが
 分裂症なので話を信じないで欲しい。『こんにちは火星人』の
 大ファンで自分が火星人だと思い込んでいる。3日前に精神病院
 から退院してきたばかりで、狂暴性があるので言うことには逆らわ
 ないで欲しい。30分以内に連れ戻しに行くので、到着するまで
 待っていて欲しい」
 
 と男性に告げます。
 
 自称火星人の男性は、とても分裂症のようには見えません。
 
 その男性は、口が上手く本物のセールスマンのように見えます。
 
 まんまと家に上がり込んだ火星人の男性は、ペラペラと話を始め
 ます。
 
 電話で「狂暴性がある」と言われ、内心ビクビクしながら対応
 していた主人公の男性は、自称火星人の男性に口を合わせて会話
 をしますが、男性にそのことを見破られてしまい、逆に責められ
 ます。
 
 どう対応して良いのかわからなくなってきたところに、男性が
 文鎮代わりに使っていたナイフが見つかってしまい、自称火星人
 の男性はそのナイフを使って強迫はしないまでも、軽くゲームを
 します。
 
 逆らってはいけないと思っている主人公の男性は、ナイフの恐怖
 と、巧みで何を指摘しても筋が通っているように思える男性の
 会話から、疑いつつも次第に男性の話に乗ってしまいます。
 
▽自称火星人の男性は、最初火星の土地を売買するセールスマンと
 名乗って話をしていましたが、本当は自分は「人間そっくり」の
 火星人で、地球と火星の橋渡しをする人物を捜していて、「こん
 にちは火星人」の番組の構成作家の主人公の男性を地球人の代表に
 選んだ、と話をします。
 
 主人公の男性は、会話の中のおかしい部分を指摘して、会話を
 破綻させようと試みますが、ことごとく解説されてしまいます。
 
 やがて、本当は主人公の男性も実は地球を調査に来た火星人で、
 地球病に掛かってしまい、火星人であることを否定しているだけだ
 と指摘しはじめます。
 
▽主人公の男性の妻は、自称火星人の男性を見かけたことがあって、
 同じマンションの上の階の人じゃないか?と夫に話します。
 
 電話を掛けてきた女性が30分経過しても迎えにこないので、妻が
 上の階に訪ねていくことになりました。
 
 その間、2人の会話は続き、自称火星人の男性の話を疑いつつも、
 次第に真実が何か分からなくなってきた男性は、妻が帰って来ない
 のを理由に、自称火星人の男性の家に行こう、ということになり
 ました。
 
 2人でマンションの階段を上がり、男性の家に入って行きます。
 
 そして、そこで起きたのは...





 この本は、「砂の女」に引き続き、やはり奇妙な感じのする話です。
 
 でも、心理的にそうなってしまうのかなと、多少恐くなってきます。
 
 著者の別の作品も読みたくなってきました。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/770-3b314de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。