訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人蕩術奥儀
人蕩術奥儀―人蕩術とは人たらしの術である人蕩術奥儀―人蕩術とは人たらしの術である
(1986/03)
無能 唱元

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:人蕩術奥義
 副題:人蕩術とは人たらしの術である
 著者:無能唱元
 出版:竹井出版
 定価:1000円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4884741250/oyajimushicom-22/ref=nosim/



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 序 章 真の魅力は余裕から生まれる
 第1章 魅力の正体とその秘密
 第2章 生命活動とはどういうことか(生存本能)
 第3章 人々は飢え渇いている(群居衝動と自己重要感)
 第4章 自らの心を救済すること(性欲衝動について)
 第5章 遊戯三昧の心境で(好奇心)
 終 章 人蕩術奥儀




──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、昭和61年3月に出版されています。
 
 著者は、紹介文によると、飛騨の臨済宗円空庵善通寺に入山、
 小倉賢堂師に師事し、唱元の法名を授かったそうです。
 
 禅の修行で悟りを得て各地で説法しているそうです。
 
 著書も多数あります。



 「人蕩術」とは一体何なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)人間の魅力とは?
 2)人蕩術奥義とは?



 魅力のある人間とはどういった人たちなのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)人間の魅力とは?

 「魅(み)は与(よ)によって生じ、求(ぐ)によって滅す」
 
 「すなわち、あなたは他人に何かくれれば、あなたに『魅きつける力』
 は生じ、あなたが他人から何かを取ろうとすれば、その力は即座に
 消えてしまうのであります」

 人間には「本能的衝動」として、5つ持っているそうです。
 
 1.生存本能
 2.群居衝動
 3.自己重要感
 4.性欲衝動
 5.好奇心

 「私たちは、この五つの本能を自らの手をもって充足し、その
 うえで、他人のその不足をも充足してあげるならば、その時、
 無数の人々を自分のもとに吸引してやまない、すばらしい魅力を
 身につけることができるのです」


 2)人蕩術奥義とは?

 「右にもとらわれず、左にもとらわれず、そして必要とあれば、
 右にも左にもあえてとらえられる、このような自由自在の境地に
 至った人」
 
 「あたかも自然の一部と化してしまったような人。気負いもなく、
 淡々と自らの生を楽しみ、人々を明るくし、人生をあたかも一場の
 芝居のように、またゲームのように遊びながら生きている人」
 
 「このような『遊行者』に私は心から憧れ、魅きつけられずには
 いられないのです」
 
 「しかし、このような遊行者にも、最初から一変になれるわけでは
 ありません。それには、この人生を即、修行の道場と心得て、
 まず『与える』という実修から始めてみることです」
 
 「すなわち他の人の五大本能をいかにして充足してあげられるか、
 そのことについて絶えず考えをめぐらしてみることなのです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 与えてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●人間の魅力とは?

▽著者の本は始めて読みます。

 以前、知人から著者の本を勧められていましたが、なかなか出会えず
 にいました。
 
 ブックオフでうろうろしていたときに、ふと目に入ってきたのが
 今回紹介する本です。
 
 著者は悟りを得た禅僧ということです。
 
 「悟り」というのがどういうものかよく知りません。
 
 きっと、「宇宙の法則」みたいなものに気が付いた、ということ
 なのでしょうか。
 
 もし、そういうことなら「悟り」とは、数え切れないくらいたく
 さんあるということになります。
 
▽「女蕩し(おんなたらし)」という言葉がありますが、あまり良い
 イメージではありません。
 
 「人蕩し」という言葉は、著者の造語で「自分の方へ人々の心を
 引きつけてしまう力」のことです。
 
 そのための技術を「人蕩術」と言い、その技術のコツを「人蕩術奥義」
 と言います。
 
 簡単に言うと「魅力のある人間」になるにはどうすれば良いのか?
 ということを技術としたのが今回紹介する本です。
 
▽人の魅力とは何でしょうか?

 著者は、「人蕩の極意」を次のように書いています。
 
 「魅(み)は与(よ)によって生じ、求(ぐ)によって滅す」
 
 「すなわち、あなたは他人に何かくれれば、あなたに『魅きつける力』
 は生じ、あなたが他人から何かを取ろうとすれば、その力は即座に
 消えてしまうのであります」
 
 「物で釣る」ということではありません。
 
 著者は、人間の本能を満たしてやることで魅力のある人間になれる
 と言います。
 
 人間には「本能的衝動」として、5つ持っているそうです。
 
 1.生存本能
 2.群居衝動
 3.自己重要感
 4.性欲衝動
 5.好奇心
 
 著者は言います。
 
 「私たちは、この五つの本能を自らの手をもって充足し、その
 うえで、他人のその不足をも充足してあげるならば、その時、
 無数の人々を自分のもとに吸引してやまない、すばらしい魅力を
 身につけることができるのです」
 
 魅力のある人間になるためには、姿形等、見た目が美しいという
 のはあまり必要ではないみたいです。
 
 他人が持っている、上記した5つの「本能的衝動」を満たして
 やることで、魅力のある人間になることができます。
 
 そして、与えるだけではなく、自らの「本能的衝動」も満たして
 やらなくてはなりません。

●人蕩術奥義とは?

▽では、「人蕩術の奥義」とはどのようなことなのでしょうか?

 著者は次のように言います。
 
 「右にもとらわれず、左にもとらわれず、そして必要とあれば、
 右にも左にもあえてとらえられる、このような自由自在の境地に
 至った人」
 
 「あたかも自然の一部と化してしまったような人。気負いもなく、
 淡々と自らの生を楽しみ、人々を明るくし、人生をあたかも一場の
 芝居のように、またゲームのように遊びながら生きている人」
 
 「このような『遊行者』に私は心から憧れ、魅きつけられずには
 いられないのです」
 
 「しかし、このような遊行者にも、最初から一変になれるわけでは
 ありません。それには、この人生を即、修行の道場と心得て、
 まず『与える』という実修から始めてみることです」
 
 「すなわち他の人の五大本能をいかにして充足してあげられるか、
 そのことについて絶えず考えをめぐらしてみることなのです」
 
 宇宙は投げかけたモノが返ってくると言われます。
 
 人蕩術とは、自分以外の人の本能を満たしてやることによって、
 魅力のある人間になることの他に、「自らも与えられる」という
 ことなのではないかと思います。





 この本には、いかに魅力のある人間になるか、その方法が書かれて
 います。
 
 魅力のある人は「なろうと思ってなれるものではない」と考えて
 いましたが、どうやらそこにはある法則があるみたいです。
 
 まず、自ら与えてみることが大切です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/768-150125e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。