訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和解
和解 (新潮文庫)和解 (新潮文庫)
(1949/12)
志賀 直哉

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:和解
 著者:志賀直哉
 出版:新潮文庫
 定価:324円+税
 購入:ブックオフで200円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN//oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f138964%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※目次はありません。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、昭和24年12月に出版されています。
 
 平成19年3月時点で95刷となっています。
 
 長く読まれている本です。
 
 著者は、中学か高校の時に習ったことがある同人雑誌「白樺」を
 創刊した人で、紹介文によると、自我の絶対的な肯定を根本とする
 姿勢を貫き、父親との対立など実生活の問題を見据えた私小説や
 心境小説を多数発表しているとのことです。
 
 著書も多数あります。



 どのような物語なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 自分のことを書いているみたいです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 全てを受け容れよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽本当は、著者の「暗夜行路」という作品を読もうと思いブックオフ
 に探しに行きました。
 
 探し当ててみると、かなりぶ厚くて600頁くらいあったので
 躊躇し、隣に並んでいた「和解」という薄い本を選んでしまいま
 した。
 
 著者の作品はまだ一度も読んだことがなかったので、100頁
 足らずのこの作品を試しに読んでみることにします。
 
 著者の作品で名前を知っているのは「暗夜行路」だけです。
 
 ウィキペディアで調べてみると、代表作は「暗夜行路」の他に
 今回紹介する「和解」、「小僧の神様」、「城の崎にて」といった
 ところです。
 
 著者は基本的に短編小説家で、唯一の長編が「暗夜行路」のよう
 です。
 
▽著者の作品は、自分の人間関係を題材にした作品が多く、特に
 父親との人間関係を書いた作品が今回紹介する「和解」です。
 
 自分を主人公に置き換えて書いているようです。
 
 主人公は、順吉という名の男性で、年の頃は分かりません。
 
 詳しい理由は書かれていませんが、3年半ほど前、父との会話の
 中で不快な思いをし、それがきっかけで東京麻布の実家を出て
 しまいます。
 
 その後、妻との結婚のことでも一悶着あって、父親との関係は
 悪化したまま膠着状態が続いていました。
 
 主人公の順吉は、著者を置き換えた人物らしく、職業は物書きです。
 
 家を出た順吉は、妻と京都等いろいろな土地へ住んで、最終的に
 千葉県の我孫子という土地へ家を構えます。
 
 順吉は父親との関係は悪化していますが、祖母のことが気に掛かって
 いて、いく度となく麻布の家を訪れます。
 
 そのたびに家に電話を掛け、父親が家にいるかいないか母親に聞き
 できるだけいない時を見計らって実家を訪ねていました。
 
 順吉と父親との不和は、実家に住む他の家族や親戚を皆巻き込んで
 緊張状態を作りだしていました。
 
 つまり、皆が2人の関係で迷惑していたのです。
 
▽人間関係は、一度こじれるとなかなか修復するのが難しいです。

 特に一番問題が起きやすいのが夫婦で、その次が親子関係です。
 
 一番身近な存在から問題が起きやすくなっています。
 
 人間は、この世に人間関係の修行をしに生まれてきているので、
 人間関係で悩むのはごく普通のことです。
 
 人間関係で悩みがなくなると、人生の問題はぐっと減ります。
 
 自分のことを考えてみると、今関係している人間関係はそんなに
 多くないこともあってか、今のところ人間関係による悩みはほと
 んどありません。
 
 幸せな方だと思います。
 
 悩む人は悩みます。
 
 家庭で家族との関係に悩み、職場で上司や同僚、客との関係で
 悩み、友人・知人関係でも悩みがあります。
 
 自給自足で山の中で全く一人で生きていけるなら別ですが、人間は
 人間関係を逃れて生きることはできません。
 
 必ず人間の中で生きていくしかないのです。
 
 そして、人間関係で悩む人は、たとえ何処の土地に逃げたとしても
 必ず何らかの人間関係で悩むことになっているみたいです。
 
 自分が許容できる人間の幅を広げるしか、人間関係の悩みを解決
 する方法はなさそうです。
 
▽詳しい理由は書いてありませんが、父親との不和に何年も悩んで
 きた順吉は、物書き業ということもあってか、個人的にはかなり
 わがままな印象を受けました。
 
 家長制度の明治期の男性が皆そうだったのかもしれません。
 
 最終的に、順吉の方から「今のままではいけない」と感じ、父親と
 話す機会を作り、和解へ持ち込みます。
 
 最後は、家族から親類まで皆ハッピーになって終わります。





 個人的に、小説には物語性を求めていて、日常のことを書いた
 作品は面白いとは感じていませんでした。
 
 川端康成の作品を読んでいてそう感じたのですが、どうやら少し
 違っているみたいです。
 
 夏目漱石の作品も淡々とした日常を描いているものが多く、でも
 面白い作品が多いです。
 
 今回紹介した「和解」も、著者の実体験を文章にしていて、単なる
 日常を描いているだけ、でも面白いです。
 
 気が付いたのは、川端康成の作品は、これまで読んだ「雪国」に
 しろ、「眠れる美女」にしろ、どちらかというと「非日常」です。
 
 一般人が体験する日常ではない場面を文章にしています。
 
 でも、夏目漱石も今回紹介したこの作品も、いかにもありそうな
 「日常」を文章にしていて、だから感情移入し易いのかもしれ
 ません。
 
 家族を含めた和解のシーンには、体験したことはないけれど、
 なぜかジーンと心に響くものがあります。
 
 100頁くらいの短編なのですぐ読めます。
 
 機会があったら読んでみることをお勧めします。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/766-a804887f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。