訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンナ・カレーニナ 上
アンナ・カレーニナ (上巻) (新潮文庫)アンナ・カレーニナ (上巻) (新潮文庫)
(1972/02)
トルストイ木村 浩

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:アンナ・カレーニナ 上
 著者:トルストイ
 出版:新潮文庫
 定価:629円+税
 購入:アマゾンマーケットプレイスで20円(送料340円)



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4102060014/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1127803%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※目次はありません。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、昭和47年2月に出版されています。
 
 著者は、ロシアの文豪です。
 
 著書も多数あります。



 どのような物語なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 有名な作品です。期待できます。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽ロシアの文豪トルストイの作品は、今回の作品で4作目です。

 「人生論」
 「クロイツェル・ソナタ」
 「イワン・イリイチの死」
 「悪魔」
 
 いずれも、面白い作品です。
 
 今回紹介するのは長編作品です。
 
 この他に、手元には「戦争と平和」が全4巻揃っています。
 
 いつになったら読めるのか解りませんが、そのうち読めるでしょう。
 
 この物語のあらすじを書こうかと思っていますが、長い物語の
 ため、かなり荒いあらすじとなりそうです。
 
 ご容赦ください。
 
▽題名の「アンナ・カレーニナ」はある女性の名前です。

 時代背景は、ロシアに革命が起きる前、まだ貴族階級が存在して
 いる時代、ロシアの貴族階級のお話です。
 
 1877年に発表された作品なので、そのあたりの時代でしょうか。
 
 物語は、ステパン・オブロンスキーと、その子どもの家庭教師の
 女性との不倫が妻のドリイにばれてしまい、ドリイが家を出そうに
 なっている場面から始まります。
 
 困ったオブロンスキーは、カレーニン伯爵の元へ嫁いだ妹アンナに
 妻ドリイの説得を頼みます。
 
 実際は、アンナがモスクワに来てドリイを説得するまでにかなりの
 ページが費やされています。
 
 最初はアンナがなかなか登場してこないので、何の物語なのか
 よく解りませんでしたが、アンナが登場するまでに、当時のロシア
 の貴族階級の仕事や私生活の様子が詳細に書かれています。
 
 読んだ感じでは、フランスの貴族階級を真似たとでも言いましょ
 うか、ところどころフランス語で話をしたりしているので、
 フランス貴族への憧れのようなものが感じられます。
 
▽アンナがペテルブルグからモスクワへ出てきた時、兄のオブロンスキーが
 駅まで迎えに行きました。
 
 アンナは汽車の中である女性と一緒になりますが、その女性の
 息子がブロンスキー公爵です。
 
 ブロンスキーも母を迎えに駅まで来ていて、そこでアンナと運命的
 な出会いをします。
 
 その時は、まだ何事も起きません。
 
 モスクワに出てきたアンナは義理の姉ドリイの説得を試み、それに
 成功します。
 
▽物語は別の方向からも進展しています。

 オブロンスキーが不倫問題で悩んでいる間に、オブロンスキーの
 昔からの友人リョービンが会いにやってきました。
 
 リョービンも貴族階級ですが、田舎に住んでいて自分の農地経営
 を自ら行っています。
 
 このあたりのロシア貴族の財産経営は、後々ロシア革命へと向かって
 行くことになります。
 
 リョービンはある目的があって田舎からモスクワへ出てきました。
 
 その目的とは、ある女性に結婚を申し込むためでした。
 
 ある女性とは、シチェバルツキー公爵家の末娘、18歳のキチイ
 です。
 
 シチェバルツキー家はオブロスキーの妻ドリイの実家で、キチイは
 ドリイの妹です。
 
 キチイはお年頃で、母親はお婿さん探しのために舞踏会を開催
 したりと、いろいろと奔走しています。
 
 キチイには好きな男性がいて、表面上はお互いに好きあっている
 ように見えました。
 
 キチイが好きな男性とはブロンスキーでした。
 
 が、キチイの父親のシチェバルツキー公爵はブロンスキーがどの
 ような積もりでキチイと付き合っているのか、本心を見抜いていて
 交際に反対しています。
 
 キチイはブロンスキーと結婚する積もりでいます。
 
 そこへ、オブロンスキーの友人リョービンが田舎からやってきて
 誰にも判らないように、キチイへ結婚を申し込んだのです。
 
 当然、キチイは断ります。
 
 キチイはリョービンのことは昔から知っていて、嫌いではありま
 せんでした。
 
 でも今は、キチイはブロンスキーに熱をあげているので、結婚の
 申し込みは断ります。
 
▽その後、舞踏会が開催され、そこへキチイとブロンスキー、リョービン
 アンナが参加していました。
 
 リョービンはキチイが入れ込んでいる相手が誰だか確認し、失意の
 まま田舎へ帰ります。
 
 キチイはブロンスキーからの結婚の申し込みを今か今かと待って
 いました。
 
 しかし、相手のブロンスキーは結婚する気など全くありません。
 
 どうやって楽しむか、ということしか考えていませんでした。
 
▽その日の舞踏会では、キチイはブロンスキーと踊るはずでしたが、
 ブロンスキーがダンスの相手に選んだのは、アンナでした。
 
 ブロンスキーはアンナに猛烈にアタックします。
 
 アンナも表面上は拒絶していますが、次第にブロンスキーに心を
 奪われていきます。
 
 人間関係がなかなか面白くなってきました。





 続きは次回。
最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/757-a6a9c3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。