訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD付[新版]生きがいの創造(12回目)
CD付[新版]生きがいの創造CD付[新版]生きがいの創造
(2003/03/20)
飯田 史彦

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:CD付[新版]生きがいの創造
 著者:飯田史彦
 出版:PHP研究所
 定価:2400円
 購入:ブックオフで1250円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569627943/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1539848%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 過去の人生の記憶
 第2章 人生のしくみ
 第3章 愛する故人とのコミュニケーション
 第4章 「永遠の生命」を科学する意味
 第5章 「ブレイクスルー思考」による生きがい論



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は2003年4月に出版されています。
 
 1996年6月に初版の単行本が出版されています。
 
 本の帯には「50万部を越えるベストセラーを全面改訂」とあり
 ます。
 
 「生きがいの創造」はかなり売れているようです。

 著者の本職は、「人間の価値観について研究する経営心理学者」
 と紹介されています。

 著書も多数あります。



 今回はどのような発見があるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)人生設計の方法とは?



 前回に引き続き人生設計の方法を解説します。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)人生設計の方法とは?

 「被験者の81%が『人生を通して個人的成長を進めていくため
 には、生まれてくることが必要だ』と答え、そのうち30%の
 被験者は、『本当にまた生まれてきたいほど、人生は楽しかった』
 と感じていました」

 「この統計データは、『生まれてくる大きな理由は、物質世界に
 身を置いて成長させるためである』ということ、そして『物質
 世界で人間として生きることは、必ずしも楽しいだけの経験では
 なく、むしろ厳しく辛い環境のなかで成長することに目的がある』
 ということを、暗黙の内に示していると言えるでしょう」

 「ほかの人間たちから認めてもらわなくても、もうすでに、私(光)
 がお前を認めているではないか。だからこそ、お前は生まれてきた
 のではないか」
 
 「その、私(光)に認められているという喜び、生まれてくること
 ができたという誇りを、忘れないでいなさい。その喜びと誇り
 さえあれば、もう十分ではないか。なぜお前は、そのうえに、
 さらに他人に認めてもらうことなどを、もとめようとしているのか?」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 生まれてきたことに感謝しよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●人生設計の方法とは?

 忘れた頃にやってくる「生きがいの創造」も、今回で12回目の
 紹介となります。

 時間がある方は、バックナンバーも参照してください。
 
 1回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070322060000000.html
 2回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070413060000000.html
 3回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070702060000000.html
 4回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070803060000000.html
 5回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20070907060000000.html
 6回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20071104060000000.html
 7回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080129060000000.html
 8回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080317060000000.html
 9回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080502060000000.html
 10回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080612060000000.html
 11回目: http://archive.mag2.com/0000194014/20080729060000000.html
 
▽前回(11回目)に引き続き「人生の自己計画」を紹介します。

 この部分は、私が「生きがいの創造」を読んだ時に、人生の見方が
 変わってしまった部分です。
 
 流れに身を任せて、時間が過ぎゆくままに生きていたとしても、
 全ては自分の学びのため、自分で自分の人生を計画しています。
 
 ということは、どのような生き方をしたとしても、どのような選択
 をしたとしても、決して間違いではない、計画通りの人生を歩んで
 いて、たとえどん底の人生だとしても、失敗の人生ではない、
 ということが理解できてしまうと人生楽になります。
 
 パッとしない人生も自分の計画通り、仕事で大変な目に遭った
 ことも自分の計画通り、お金はそんなにないけれど普通にご飯が
 食べられるくらいはお金がある人生も自分の計画通り。
 
 そうだとしたら、人生を何も恐れることはないし、何が起きても
 「そうですか...」と、自分にできることをしていればいい
 ということになりそうです。
 
▽「生きがいの創造」は、著者が勝手に想像した話ではなく、人間に
 退行催眠をかけることによって、被験者に「過去生」の話をして
 もらったものをかき集めて著者が分析・紹介したものです。
 
 1000人以上の被験者に退行催眠を行った医師がいて、その
 医師によると次のような統計結果になったそうです。
 
 「被験者の81%が『人生を通して個人的成長を進めていくため
 には、生まれてくることが必要だ』と答え、そのうち30%の
 被験者は、『本当にまた生まれてきたいほど、人生は楽しかった』
 と感じていました」
 
 ということは、「生まれてくることが必要だ」と答えた被験者の
 うちの70%は「次にまた生まれてきたいと思えるほど人生は
 楽しくなかった」と感じているということになります。
 
 つまり、大半の人は人生はそんなに楽しくない、どちらかというと
 厳しい人生だと思っているみたいです。
 
 「この統計データは、『生まれてくる大きな理由は、物質世界に
 身を置いて成長させるためである』ということ、そして『物質
 世界で人間として生きることは、必ずしも楽しいだけの経験では
 なく、むしろ厳しく辛い環境のなかで成長することに目的がある』
 ということを、暗黙の内に示していると言えるでしょう」
 
 厳しい人生になることが多いはずなのに、なぜ転生を繰り返す
 ことになるのかというと、人生の目的は成長することにあるから
 のようです。
 
 わざわざ辛く厳しい人生を自分で計画してこの世に生まれてくる
 のですから、その人生を終えた時にはそれなりの成長が待っている
 のだと思われます。
 
▽この世に生まれる前の状態のときは、指導役の「光の存在」がいて、
 その「光の存在」がいろいろとアドバイスをしてくれるそうです。
 
 アドバイスはしてくれますが、この世に生まれてくるのは、最終的
 には、自分の意志で生まれてくるそうです。
 
 決して強制されて生まれてきているわけではないみたいです。
 
 その「光の存在」は、「(人生において)他人から認めてもらう
 ことは必要ではない」と述べていたそうです。
 
 「ほかの人間たちから認めてもらわなくても、もうすでに、私(光)
 がお前を認めているではないか。だからこそ、お前は生まれてきた
 のではないか」
 
 「その、私(光)に認められているという喜び、生まれてくること
 ができたという誇りを、忘れないでいなさい。その喜びと誇り
 さえあれば、もう十分ではないか。なぜお前は、そのうえに、
 さらに他人に認めてもらうことなどを、もとめようとしているのか?」
 
 私たち人間は社会的生活を送る動物として、どうしても「他人に
 認められたい」という気持ちを持ってしまいます。
 
 富・名声・権力等々、何とかして他人から認められたいと思って
 生きている人たちが多いと思います。
 
 職場でもそうではないでしょうか。
 
 また、他人から認められるということは、自分の存在が肯定された
 ということでもあります。
 
 逆に、他人から認められないと、不満が多く、パッとしない人生だ
 と考えてしまいます。
 
 そこが、生きる苦しみを生み出している源でもあります。
 
 ところが、現在どのような人生を送っていようとも、この世に
 生まれてきたということは、既に「光の存在」から認められている
 ということなのです。
 
 生まれてきた以上、他人の承認を得る必要はないのです。
 
 生まれてきて良かった...





 人生は、この世に生まれた時点ですでに何者かによって承認を
 得ているみたいです。
 
 したがって、それ以上に他人の承認は必要なく、人生を客観的に
 楽しむことが必要なのではないでしょうか。
 
 どんなにパッとしない、みじめな、苦しい人生を送っていても、
 全ては計画通り、失敗の人生はない。
 
 これだけでも人生観が変わります。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/754-641423cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。