訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーカス・リーディング
フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術
(2008/08/01)
寺田 昌嗣

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:フォーカス・リーディング
 副題:「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出すいいとこどり読書術
 著者:寺田昌嗣
 出版:PHP研究所
 定価:1100円+税
 購入:会社の同僚から頂きました



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569701620/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5786864%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 はじめに
 講座を始めるに当たって

 理論編
  第1講 あなたがはまりがちな"読書のワナ"
  第2講 読書に何を求めるのかをはっきりさせる

 鍛錬編
  第1講 速読は体育会系のノリで身につける
  第2講 「体」を極める
  第3講 「技」を極める
  第4講 「心」を極める

 実践編
  最終講義 フォーカスの力を最大限引き出す読書術



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、2008年8月に出版されています。
 
 著者は、SRR速読教室の代表をしている方です。
 
 著書が何冊かあります。



 速読の極意とは?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)いかに本を読むべきなのか?



 心・技・体が大切みたいです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)いかに本を読むべきなのか?

 ・心…その本をどう読むのか、何を目的として読むのかという意識。
    目先の安心感、満足感を捨てて高いリターンを求める覚悟。
    
 ・体…ベースとなる読書力。読もうとする書籍の内容についての
    予備知識、ビジネスの経験値。高い集中力。情報を入力する
    れべる。
    
 ・技…フォーカスの設定のしかた。そのためにどう「体」を使うのか。
    達人の読書法。

 「読書は、基本的にスポーツと同じです。ベースとなる能力が
 まずあって、そこに技術を習得していくことでレベルアップが
 はかれます」
 
 「基礎的能力の向上を目指すなら、地道に経験値を積み重ねて
 いくしかありません。『読書力をアップさせたいなら本を読め!』
 という話です」
 
 「スポーツに王道なし。基礎練習、反復練習を抜きにして、高度な
 技術は身につきません」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●いかに本を読むべきなのか?

▽以前会社で、20台前半の「成功」を夢見る青年といろいろ話を
 している時に、読書の話になったことがあります。
 
 その時、速読の話になり、その青年は速読術の講習を受けてきた
 そうです。
 
 その速読術を開催しているのが今回紹介する本の著者です。
 
 その青年は、この本をアマゾンで3冊購入すると、何やら特典が
 着いてくるとのことで、講習は受けてきたものの売上げに協力して
 やろうと3冊購入したらしいです。
 
 先日、どのくらい早く読めるようになったかの話をしていた時に、
 この本の話題になって、「3冊あるので1冊どうぞ」ということで
 素直にもらってきました。
 
 どのくらい早く読めるようになるかと言うと、サブタイトルにも
 あるように「1冊10分」です。
 
 本当に1冊10分で読めるようになれば、平日1日に5?6冊は
 読めそうです。
 
 どのような技術なのでしょうか。
 
 これまでに沢山の速読術の本を読んできましたが、それらの技術と
 どこが違うのでしょうか。
 
▽はっきり言ってしまうと、基本的な「技」というのは他の速読法と
 そんなに代わりはないです。
 
 他の本に比べると、早く読む技術を詳細に分析し「誰でも早く
 読めるようになる技術」として紹介されています。
 
 この速読術のポイントは「心・技・体」。
 
 心と技と体が大切みたいです。
 
 それぞれが簡単に書いてあるので、抜粋します。
 
 ・心…その本をどう読むのか、何を目的として読むのかという意識。
    目先の安心感、満足感を捨てて高いリターンを求める覚悟。
    
 ・体…ベースとなる読書力。読もうとする書籍の内容についての
    予備知識、ビジネスの経験値。高い集中力。情報を入力する
    レベル。
    
 ・技…フォーカスの設定のしかた。そのためにどう「体」を使うのか。
    達人の読書法。
    
 本の題名にもなっている「フォーカス・リーディング」のフォーカス
 とは、「何を目的として本を読むのか、その焦点を絞る」という
 意味で使われているみたいです。
 
▽著者は「読書はスポーツだ!」と主張します。
 
 「読書は、基本的にスポーツと同じです。ベースとなる能力が
 まずあって、そこに技術を習得していくことでレベルアップが
 はかれます」
 
 「基礎的能力の向上を目指すなら、地道に経験値を積み重ねて
 いくしかありません。『読書力をアップさせたいなら本を読め!』
 という話です」
 
 「スポーツに王道なし。基礎練習、反復練習を抜きにして、高度な
 技術は身につきません」
 
 速読も練習無しには習得できないみたいです。
 
▽もちろん速読の技術も詳細にかかれています。

 「目」と「意識」と「フォーカス」を訓練することによって速読
 ができるようになるそうです。
 
 先程も書きましたが、技術的にはそんなに目新しいものではない
 です。
 
 私の予想では、この本を読んだだけで速読ができるようになる
 人はほとんどいないと思われます。
 
 おそらく、講習会(費用は10万円を超えるみたいです)を受講して
 何日も練習を繰り返さないと習得できません。
 
 ほとんどの人は「日々練習を繰り返す」ということができないため、
 本を読んだだけで速読を習得できる人はまずいません。
 
 高いお金を払い講習会を受ければ、「元を取りたい」という意識が
 働いて練習するかもしれませんが、速読を身につけたいという
 人は元もと忙しい人が多く、「読書に割く時間が取れないから」
 というのが理由だと思います。
 
 そういった人たちが反復練習のための読書の時間を作り出せるか
 どうかがポイントになると思います。
 
 いくら速読術を身につけたと言っても、知りたい内容にもより
 ますが、1冊分のポイントを理解するには最低30分くらいの
 時間は掛かると思います。
 
 したがって、私の考えでは「やる気と時間」がある人が速読術を
 習得できるのではないかと思います。
 
▽この本の速読の目的は「リターンを得ること」です。

 本を読んだら「成長」しなくてはならないみたいで、そのためか
 次のような言葉が出てきます。
 
 「読書をすればするほど、自分の頭で考えなくなる」
 
 「たくさん読むから悪くなる」
 
 等々。
 
 そのまま受け取ると、私はやってはいけない「読書」をしている
 ことになります(笑)
 
 ただ、読む人によっては「ただ読書を楽しみたい」という人が
 いてもおかしくはないはずです。
 
 いろいろな本を沢山読んで、もっともっと楽しみたいから速読術
 を身につけたい、と思っている人も多いはずです。
 
 したがって、本を読む目的についてはあまり批判的なことを書か
 ない方がいいと思います。
 
 たくさん読めば読むほど、良い本にめぐり会う確率が高くなります。





 この本は、あくまでも「ビジネス書を読んでリターンを得たい」
 という目的を持った人が読む速読術の本です。
 
 試してはいませんが、速読の技術は詳細に書いてあります。
 
 試して見たい方は読んでみるのも良いかもしれません。
 
 ただ、それを身につけるのは「やる気と時間」が必要です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/740-b4923bb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。