訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラマーゾフの兄弟 下(3回目)
カラマーゾフの兄弟 下    新潮文庫 ト 1-11カラマーゾフの兄弟 下  新潮文庫 ト 1-11
(1978/07)
ドストエフスキー

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:カラマーゾフの兄弟 下
 著者:ドストエフスキー
 出版:新潮文庫
 定価:667円+税
 購入:ブックオフで400円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4102010122/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1733925%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第四部
  第十編  少年たち
  第十一編 兄イワン
  第十二編 誤審
  エピローグ



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、昭和53年7月に出版されています。
 
 著者は、19世紀のロシア文学を代表する世界的な巨匠、と紹介
 されています。
 
 著書も多数あります。



 有名な作品はどのよう物語なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 面白い!



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
▽上巻、中巻、下巻の途中までの内容が知りたい方は、以下のバック
 ナンバーを参照してください。
 
 上巻1回目(Vol.720,2008/07/22配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080722060000000.html
 上巻2回目(Vol.721,2008/07/23配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080723060000000.html
 上巻3回目(Vol.722,2008/07/24配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080724060000000.html
 中巻1回目(Vol.726,2008/07/30配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080730060000000.html
 中巻2回目(Vol.727,2008/07/31配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080731060000000.html
 中巻3回目(Vol.728,2008/08/01配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080801060000000.html
 下巻1回目(Vol.738,2008/08/19配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080819060000000.html
 下巻2回目(Vol.739,2008/08/20配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080820060000000.html


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 これ以降読み進めるとフョードル殺害の真犯人が誰なのか答えが
 書いてあります。
 
 もし、これからカラマーゾフの兄弟を読もうと思っている方、
 もしくは、死ぬまでには一度は読みたいと思っている方は、
 これ以降は読まない方がいいです。
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

▽イワンとスメルジャコフの3回目の対面が始まります。

 スメルジャコフというカラマーゾフ家の召使いは、頭が良いのか
 悪いのか良く解りません。
 
 誰にも会いたくない、と言っているスメルジャコフに対し、無理
 矢理部屋に入るイワン。
 
 事件後3度目の対面です。
 
 スメルジャコフはイワンに対し「フョードルを殺したのはあなた
 ではない」と言います。
 
 しかし、「殺したのはあなただ」とも言います。
 
 「あなた(イワン)が主犯で、私(スメルジャコフ)が共犯だ」と。
 
 どういうことかというと、スメルジャコフはイワンの直接の言葉
 ではなく、言動によって「フョードルを殺せ」というメッセージを
 受け取り、そのメッセージ通りに実行に移した、ということのよう
 です。
 
 もちろん、イワンは明確な言葉でスメルジャコフに伝えたわけでは
 ありません。
 
 何か事件が起きそうな予感がするのに、それを知りつつモスクワへ
 旅立ってしまったイワンの行動を、スメルジャコフは「フョードルを
 殺してもかまわない」というメッセージとして受け取ったのです。
 
 スメルジャコフは、イワンが全てを知っていながら、彼一人に罪を
 かぶせるために演技していると思っていたようです。
 
▽スメルジャコフは、靴下の中に手を入れ、紙包みを引っ張り出し、
 机の上に置きました。
 
 その中には100ルーブル札の束が3つ、3000ルーブルが
 入っています。
 
 フョードルを殺害したのはスメルジャコフでした。
 
 スメルジャコフはその時の様子を告白し始めます。
 
 イワンがモスクワへ旅立った後、スメルジャコフは穴蔵(地下倉庫)
 へ行って自ら横たわり、てんかんの発作の仮病を使います。
 
 そこから病院に運ばれる前に、本当のてんかんの発作が起きて
 しまい、2日間意識不明に陥ります。
 
 スメルジャコフはてんかんの発作が起きると、自分の部屋では
 なく、グリゴーリィとマルファの部屋のベッドの衝立の陰に寝か
 されるのを分かっていました。
 
 そのために仮病を使ったのですが、偶然にも本当のてんかんの発作
 が起きてしまったのです。
 
 意識を取り戻したスメルジャコフは、そのままグリゴーリィの
 部屋で呻きながらドミートリィが来るのを待っていました。
 
 これまでフョードルの家の様子をドミートリィに詳細に伝えていた
 のはスメルジャコフでした。
 
 しかし、スメルジャコフがてんかんの発作で寝たきりになって
 しまったため、フョードルの家の様子が分からず、もしかしたら
 フョードルの元へグルーシェニカが来ているかもしれないと思い、
 ドミートリィが様子を探りにくることが、スメルジャコフには
 分かっていたのです。
 
 それを見越してスメルジャコフのてんかんの仮病でした。
 
 もちろん、ドミートリィが来なければ事件は起きなかったのです。
 
 スメルジャコフはドミートリィの性格を予想し、例の合図(ノック)
 を使って屋敷に入り込むに違いないと思っていました。
 
 お金の隠し場所はスメルジャコフの進言により、別の所へ移されて
 いました。
 
 しかし、スメルジャコフはそのことをドミートリィに伝えていま
 せん。
 
 スメルジャコフはドミートリィに「お金は布団の下にある」と
 伝えていたのです。
 
 つまり、スメルジャコフはフョードルが死んでも死ななくても
 隠してあるお金を奪い取り、全てをドミートリィのせいにしようと
 企んでいました。
 
 スメルジャコフはイワンがフョードルの死を望んでいたことを
 利用して、言葉は交わさなかったけれど、全て同意の上で犯行に
 及んだと主張します。
 
 殺人の動機はイワンの無言の同意、責任はドミートリィに押し
 つける、というかなりの悪人です。
 
▽スメルジャコフは意識を取り戻してから、物音でドミートリィが
 来ていることを知ります。
 
 そして、グリゴーリィのわめき声がして、ひっそりとしたところで
 ベッドを出て行き、フョードルに話しかけます。
 
 フョードルはドミートリィが来たことを伝え、グリゴーリィが
 やられたことも伝えます。
 
 スメルジャコフがグリゴーリィが倒れているところへ行ってみると
 グリゴーリィは気を失っていました。
 
 それを確認したスメルジャコフは、ドミートリィが来ていたことを
 確信し、一気にけりを付ける決心をします。
 
▽スメルジャコフはフョードルに対し、グルーシェニカがそこに来て
 いると嘘を付き、部屋へ入るドアを開けるようにフョードルに言い
 ます。
 
 フョードルがなかなか信じないので、スメルジャコフは決められた
 合図(ノック)をして、フョードルの部屋に入るためのドアを
 開けさせます。
 
 ドミートリィに恐れをなしているフョードルは、スメルジャコフ
 すら部屋の中に入れようとしません。
 
 そこで、スメルジャコフは出窓の下の茂みのなかにグルーシェニカが
 いることをフョードルに伝えます。
 
 グルーシェニカはドミートリィが恐ろしくて姿を見せられない、
 と嘘をついて。
 
 スメルジャコフは、出窓から乗り出してグルーシェニカを探す
 フョードルの後頭部を狙って、テーブルの上にあった鋳造の1キロ
 くらいの文鎮をつかんで脳天めがけて打ち下ろしました。
 
 2度3度と打ち下ろし、フョードルを確実に殺します。
 
 それから、隠しておいた金を抜き取ると、封筒から出して、
 中身だけを別の所へ隠しました。
 
 ドミートリィの犯行に見せるために、破り捨てた封筒はそのまま
 現場に置いて出て行きます。
 
 スメルジャコフはベッドに戻ると呻き声を上げ、マルファを起こし
 ます。
 
 隣に寝ているはずのグリゴーリィがいないことを知ったマルファは
 ベッドから起きて、グリゴーリィを探しに行き、そこで気を失って
 いるグリゴーリィと殺されたフョードルを発見します。
 
 スメルジャコフは、全てをあらかじめ考えた上での犯行でした。
 
▽スメルジャコフの告白を聞いていたイワンは「明日の法廷で全てを
 証言する」とスメルジャコフに言いますが、スメルジャコフは
 そのことも見越して、イワンに全てを伝えていました。
 
 イワンがスメルジャコフの話を法廷でしたとしても、誰もそんな
 ことは信じてくれないし、自分も「そんなことは知らない」と
 言えば誰も信じる人はいない、と自信を持っています。
 
 3000ルーブルの現物はイワンが持って帰り、証拠として法廷に
 提出することになりますが、それさえ兄を思った弟が自分のお金を
 用意したと思われるだけだと言います。
 
 スメルジャコフは全てを計算した上で犯行に及んでいました。
 
 イワンは金を持ってスメルジャコフの家を出ます。
 
 
 続きは次回。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/736-75631178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。