訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラマーゾフの兄弟 下(2回目)
カラマーゾフの兄弟 下    新潮文庫 ト 1-11カラマーゾフの兄弟 下  新潮文庫 ト 1-11
(1978/07)
ドストエフスキー

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:カラマーゾフの兄弟 下
 著者:ドストエフスキー
 出版:新潮文庫
 定価:667円+税
 購入:ブックオフで400円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4102010122/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1733925%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第四部
  第十編  少年たち
  第十一編 兄イワン
  第十二編 誤審
  エピローグ



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、昭和53年7月に出版されています。
 
 著者は、19世紀のロシア文学を代表する世界的な巨匠、と紹介
 されています。
 
 著書も多数あります。



 有名な作品はどのよう物語なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 充分楽しんでます。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
▽上巻、中巻の内容が知りたい方は、読むのに気合いが必要ですが、
 以下のバックナンバーを参照してください。
 
 上巻1回目(Vol.720,2008/07/22配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080722060000000.html
 上巻2回目(Vol.721,2008/07/23配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080723060000000.html
 上巻3回目(Vol.722,2008/07/24配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080724060000000.html
 中巻1回目(Vol.726,2008/07/30配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080730060000000.html
 中巻2回目(Vol.727,2008/07/31配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080731060000000.html
 中巻3回目(Vol.728,2008/08/01配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080801060000000.html
 下巻1回目(Vol.738,2008/08/19配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080819060000000.html
 
▽刑務所のドミートリィを訪ねたアリョーシャは、刑務所を出て
 カテリーナの所へ向かいます。
 
 カテリーナの家にはイワンが来ていました。
 
 カテリーナはドミートリィの許嫁で、精神鑑定を依頼したり、
 さまざまなことでドミートリィを助けようとしています。
 
 ただ、本人は気が付いてなくて、ドミートリィのことは愛して
 なんかいませんでした
 
 カテリーナが愛していたのは、イワンの方だったのです。
 
 この辺り、少し複雑な人間心理が描かれていて、明日の裁判での
 カテリーナの証言が、ドミートリィの運命を左右しそうです。
 
 イワンもスメルジャコフが犯人だと思っていました。
 
 その話を聞いて、カテリーナもスメルジャコフの所を訪ねたことも
 あったみたいです。
 
▽イワンとアリョーシャはカテリーナの家を出て話をします。
 
 イワンは最近、神経性の熱病に犯されているとのこと。
 
 いわゆるノイローゼ気味になっているみたいです。
 
 アリョーシャはイワンに、ホフラコワ夫人の娘リーズから預かった
 手紙を渡しますが、イワンは読まずに破り捨ててしまいます。
 
 アリョーシャは、カテリーナの日頃の言動を聞いていて、カテ
 リーナがイワンのことを愛していることを解っていました。
 
 イワンもそのことは理解していて、カテリーナの気を持たせようと
 していました。
 
 イワンがカテリーナとの関係を切ると、ドミートリィにとっては
 破滅者となりうるし、イワンがドミートリィを助けようとすれば
 カテリーナはドミートリィにとって救世主となりえます。
 
 複雑な人間関係です。
 
▽カテリーナはドミートリィの犯行を決定付けるような証拠を持って
 いました。
 
 それは犯行の数日前に、ドミートリィが飲み屋で酔っぱらった時に
 書いた犯行声明文で、「父親のフョードルを殺して金を奪う」と
 いったことが書いてある自筆の文章でした。
 
 それをドミートリィが、過去にカテリーナに送金を依頼されて
 使い込んでしまった3000ルーブルの返済計画として、カテ
 リーナに手渡されていたのです。
 
 それをカテリーナが明日の裁判で公表すると、ドミートリィに
 とっては決定的な打撃となってしまいます。
 
 カテリーナからそのメモを見せてもらった当初、イワンは確実に
 ドミートリィが犯人だと思っていたくらいです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 これ以降読み進めるとフョードル殺害の真犯人が分かる可能性が
 あります。
 
 もし、これからカラマーゾフの兄弟を読もうと思っている方、
 もしくは、死ぬまでには一度は読みたいと思っている方は、
 これ以降は読まない方がいいです。
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
▽次に、行動の視点はアリョーシャからイワンに移ります。
 
 アリョーシャと分かれたイワンは、カラマーゾフ家の召使いだった
 スメルジャコフの元へ向かいます。
 
 スメルジャコフはフョードルの死後、カラマーゾフ家のかつての
 隣人だったマリヤ・コンドラーチエブナ母娘と一緒に、マリヤの
 婚約者として掘っ立て小屋に一緒に住んでいました。
 
▽フョードル殺害事件以降、イワンとスメルジャコフはこれまでに
 2度対面しています。
 
 イワンは殺人事件が発生した前日、モスクワへ向けてフョードルの
 家を出発していました。
 
 したがって確実に犯人ではありません。
 
 イワンはフョードルが死んだときモスクワにいて、フョードル
 死亡の報を4日後に受け取って、5日目に戻ってきました。
 
▽スメルジャコフは事件の前後から度重なるてんかんの発作で、
 命が危うくなっていました。

 そんなスメルジャコフとイワンの1回目の対面は、事件の直後
 でした。
 
 イワンは様々な疑念をスメルジャコフに問いただします。
 
 事件の前、スメルジャコフはイワンにてんかんの「予定」の話を
 していました。
 
 てんかんの発作は予想できないはずなのに、近々てんかんの発作が
 起きそうな気がする、とスメルジャコフが話をしていたのをイワン
 は思い出したのです。
 
 そのことをスメルジャコフに問いただすと、てんかんの発作は
 「予感がするだけだ」と言います。
 
 そして、スメルジャコフは何かが起きそうな予感がするので、
 イワンに残ってもらおうと、モスクワではなく、いつでも戻る
 ことができる近場のチェルマーシニャへ、フョードルの使いとして
 行くことを勧めていました。
 
 それを無視してイワンがモスクワへ帰ってしまったために事件
 が起きた、とスメルジャコフはほのめかします。
 
 1度目の対面はそれで終わります。
 
▽2度目の対面は、その何週間か後に行われました。

 スメルジャコフはイワンに「実の父親が殺されるのをあらかじめ
 承知の上でモスクワへ出発し、見殺しにした」と責任を押しつけ
 ます。
 
 つまり、イワンも父フョードルの死を望んでいたと指摘したのです。
 
 スメルジャコフはイワンに対して、「自分は殺さないけど、誰かが
 殺せばいい、と思っていたはず」との指摘をします。
 
 スメルジャコフはイワンに「当てにされている」と感じていました。
 
 スメルジャコフに何か悪い予感を感じながらも、イワンがモスクワ
 へ旅立ったということは、スメルジャコフにフョードルを「殺して
 もいい」というメッセージを投げかけたのも同然だと、スメルジャ
 コフはイワンを責めます。
 
 イワンは怒ってスメルジャコフの家を出ます。
 
▽イワンはその足でカテリーナの家へ向かいます。

 カテリーナにスメルジャコフの家で話したことを全て伝えますが、
 そこで、イワンはカテリーナからドミートリィが酔って書いた
 「犯行予告文」を見せられます。
 
 スメルジャコフを疑っていたイワンはその文を見て、犯人は
 ドミートリィだと確信します。
 
 そして、イワンとスメルジャコフの3回目の対面が始まります。
 
 
 続きは次回。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/735-0aea2a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。