訪問者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラマーゾフの兄弟 下
カラマーゾフの兄弟 下    新潮文庫 ト 1-11カラマーゾフの兄弟 下  新潮文庫 ト 1-11
(1978/07)
ドストエフスキー

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:カラマーゾフの兄弟 下
 著者:ドストエフスキー
 出版:新潮文庫
 定価:667円+税
 購入:ブックオフで400円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4102010122/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1733925%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第四部
  第十編  少年たち
  第十一編 兄イワン
  第十二編 誤審
  エピローグ



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、昭和53年7月に出版されています。
 
 著者は、19世紀のロシア文学を代表する世界的な巨匠、と紹介
 されています。
 
 著書も多数あります。



 有名な作品はどのよう物語なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 結末は?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽ロシアの文豪ドストエフスキーの長編もやっと結末を迎えます。

 登場人物の紹介と、上巻のあらすじを知りたい方は、以下のバック
 ナンバーを参照ください。

 上巻1回目(Vol.720,2008/07/22配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080722060000000.html
 上巻2回目(Vol.721,2008/07/23配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080723060000000.html
 上巻3回目(Vol.722,2008/07/24配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080724060000000.html

 また、事件が起きる中巻のあらすじを知りたい方は、以下のバック
 ナンバーを参照ください。
 
 中巻1回目(Vol.726,2008/07/30配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080730060000000.html
 中巻2回目(Vol.727,2008/07/31配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080731060000000.html
 中巻3回目(Vol.728,2008/08/01配信分)
  http://archive.mag2.com/0000194014/20080801060000000.html

 下巻は完結編。

 いよいよ真犯人が判明します。
 
▽では、かなり荒いあらすじを紹介します。

 下巻は、カラマーゾフ家の三男アリョーシャの指を噛んだ少年、
 イリューシャの友人の話から始まります。
 
 イリューシャは、以前ドミートリィに暴行を受けた二等大尉スネリ
 ギョフの息子です。
 
 イリューシャは病気で学校を休んでいて、寝たきりの状態です。
 
 そのイリューシャが尊敬している14歳の少年、コーリャ・クラ
 ソートキンはクラスの人気者で、命知らずで通っています。
 
 学校の成績も良く、授業ではある部分においては教師よりも知識が
 あったりします。
 
 コーリャは、1ヶ月くらい前から皮膚病のペレズヴォンという犬を
 拾ってきて芸を教えていました。
 
 ペレズヴォンはコーリャによくなついていて、様々な芸をやる
 ようになっています。
 
▽コーリャとその子分スムーロフは、イリューシャの家に向かいます。

 コーリャは14歳にしては相当ませていて、通りすがりの大人を
 からかいながら歩いて行きます。
 
 コーリャはイリューシャの家の前で毎日のように訪れている
 アリョーシャと出会います。
 
 この頃、アリョーシャは修道院を出て普通の服装をして、普通の
 生活をしていました。
 
 毎日イリューシャの家を訪れているアリョーシャは、イリューシャや
 その友人達からコーリャのことを聞き、皆から尊敬されている
 少年のことにとても興味が湧いていました。
 
 アリョーシャとコーリャはいろいろと話をします。
 
 また、アリョーシャはイリューシャの命がそんなに長くないことを
 コーリャに伝えます。
 
▽以前、イリューシャはカラマーゾフ家の召使いスメルジャコフと
 親しくなり、そのスメルジャコフから残酷なことを教わります。
 
 パンの中にピンを埋めて、それをヂューチカという名の犬に与えて
 しまったのです。
 
 犬は、悲鳴を上げて逃げ出して消えてしまいます。
 
 それがショックでイリューシャはかなり悩んでいました。
 
 そして、そのことをコーリャに伝えたイリューシャは、コーリャ
 から絶交を言い渡されていたのです。
 
▽イリューシャは、自分が病気になったのは、ジューチカを殺して
 しまったからだと思っていました。
 
 寝たきりのイリューシャの家には、アリョーシャの他に、イリューシャ
 の家族、イリューシャの友人が何人かいました。
 
 そこへ、コーリャと犬のペレズヴォンが入って行き、イリューシャの
 前で芸をします。
 
 実は芸をしている犬ペレズヴォンは、イリューシャがパンにピンを
 埋めて飲ませた犬、ジューチカだったのです。
 
 コーリャはイリューシャやその友人達からジューチカの特徴を
 聞き、ジューチカを探し出し、約1ヶ月掛けて芸を仕込んで、
 病気のイリューシャを喜ばせようとしていたのです。
 
 イリューシャは喜びますが、その後にやってきた医者の診断は
 やはりそんなに長くはないということでした。
 
▽イリューシャの家を出たアリョーシャはグルーシェニカの所へ
 向かいます。
 
 アリョーシャは兄ドミートリィが逮捕されてから、何度かグルー
 シェニカ所へ出入りしていました。
 
 グルーシェニカはドミートリィの逮捕後しばらく病気になって
 いたのです。
 
 アリョーシャはグルーシェニカから、次兄イワンがドミートリィの
 所へ現れていることを知ります。
 
▽アリョーシャはグルーシェニカの家を出てホフラコワ夫人の娘
 リーズの所へ向かいます。
 
 アリョーシャは急いでいたのでホフラコワ夫人にわ会わずにリーズ
 に会いたかったのですが、ホフラコワ夫人に掴まってしまいます。
 
 ホフラコワ夫人は相変わらず人の話は聞かずにしゃべりまくりです。
 
 そして、イワンがリーズの所へもきたことを知ります。
 
 アリョーシャはやっとリーズと会い、イワンへの手紙を託されます。
 
▽次にアリョーシャはドミートリィが収監されている刑務所へ向かい
 ます。
 
 アリョーシャがドミートリィの所へ現れると、ラキーチンが来て
 いました。
 
 ラキーチンは、ロシアで有名になったカラマーゾフ事件について
 評論を書いて、その分野で活躍するつもりでいました。
 
 アリョーシャはドミートリィからラキーチンの野望を聞かされます。
 
▽兄ドミートリィは、召使いのスメルジャコフが犯人だと思ってい
 ます。
 
 しかし、自分が犯人じゃないことは解っていますが、状況証拠は
 確実にドミートリィが犯人であることを示していました。
 
 ドミートリィは裁判がどうなるかまったく見当が付かない状況です。
 
 アリョーシャはイワンのことをドミートリィに訪ねてみると、
 イワンは何度か来ていて、ドミートリィに脱走を勧めていました。
 
 次回いよいよ真犯人が判明します。





 続きは次回。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/734-6a1710e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。