訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラマーゾフの兄弟 中(2回目)
カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫)カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫)
(1978/07)
ドストエフスキー

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:カラマーゾフの兄弟 中
 著者:ドストエフスキー
 出版:新潮文庫
 定価:590円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4102010114/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1698251%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第二部(続)
  第五編 プロとコントラ(続)
  第六編 ロシアの修道僧
 第三部
  第七編 アリョーシャ
  第八編 ミーチャ
  第九編 予審



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、昭和53年7月に出版されています。
 
 著者は、19世紀のロシア文学を代表する世界的な巨匠、と紹介
 されています。
 
 著書も多数あります。



 有名な作品はどのよう物語なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 推理小説のようになってきました。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。

 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽次、行動の視点はドミートリィに移ります。

 ドミートリィはグルーシェニカを巡って父フョードルと争って
 いると思っていました。
 
 もし、グルーシェニカがドミートリィを選んだとしたら、2人で
 生活するためにはお金が必要です。
 
 しかし、ドミートリィにはお金がありません。
 
 それに1ヶ月くらい前に、許嫁であるカテリーナから送金を依頼
 された3千ルーブルを、グルーシェニカと2人で使い込んでいた
 のです。
 
 その千ルーブルを返さないままグルーシェニカと暮らしたら
 「卑劣漢」と言われてしまいます。
 
 これでもドミートリィは名誉を重んじるタイプで、グルーシェニカ
 と一緒になる前に3千ルーブルを返さなくてはならない、そう
 思い込んでいます。
 
 返すのが当たり前っていえば当たり前ですが...
 
 「たとえ人を殺してでも金を作ってカテリーナに返さなくては
 ならない」ドミートリィはそのように考えます。
 
▽ドミートリィは何とかお金を作ろうといろいろと行動を起こします。

 アリョーシャと野原で分かれた翌日の朝10時頃、最初にグルー
 シェニカのパトロンである、商人のサムソーノフ老人の家を訪ね
 ます。
 
 ドミートリィはサムソーノフに怪しい商談を持ち込みます。
 
 その商談とは、亡くなったドミートリィの母親の土地は元もと
 自分の財産であって、それを父フョードルがだまし取ったもので、
 裁判で争えば確実に3万ルーブルは手に入る、というものでした。
 
 しかし、ドミートリィには裁判している時間がないので、その
 権利を譲る代わりに、すぐ3千ルーブル用立てして欲しい、という
 ものでした。
 
 もちろんサムソーノフはそのような話には乗らず、適当に断ります。
 
 その代わり、そういう争い事を扱う男を紹介します。
 
 その人物は、フョードルとある土地を巡って争っているセッターと
 言う男でした。
 
 結果的にドミートリィはサムソーノフに一杯食わされたることに
 なりますが、急いでお金が欲しいドミートリィはこの話に食い付き
 ます。
 
▽しかし、ドミートリィには全くお金がありません。

 馬車を借りるお金が必要です。
 
 そこで、動かなくなった古い銀時計を時計屋に持っていったところ
 6ルーブルで買ってもらい、そして、ドミートリィの家主がなけ
 なしの3ルーブル貸してくれました。
 
 全部で9ルーブルを持って、サムソーノフに教えられたセッター
 という男がいるヴォローヴィアまで行くことにしました。
 
 冷静に考えるとばからしい話ですが、ドミートリィはとにかく
 時間とお金がありませんでした。
 
▽夜中にセッター(ゴルストキン)が泊まっている家に行ってみると
 セッターはかなり酔っぱらって寝ていました。
 
 揺すっても叩いても起きる気配はありません。
 
 ドミートリィは急いでいるはずなのに、セッターが起きるのを
 待つことにしました。
 
 夜中にまどろんでいると、頭痛がし始め一酸化炭素中毒になり
 かけていることに気が付きます。
 
 空気の入れ換えをしたり、寝ているセッターの介抱をしたりして
 いるうちに深く寝入ってしまい、翌朝遅く起きました。
 
 起きてみるとセッターはすでに酔っぱらっていて、儲け話を持ち
 出しても、全く話は通じず、サムソーノフ老人に担がれたことを
 知ります。
 
 ドミートリィは何とかしてヴォローヴィアの駅までたどり着き、
 グルーシェニカの元へ飛んで帰ります。
 
▽グルーシェニカの家に行ってみると、これからサムソーノフの所へ
 お金の勘定をしに行くので送って欲しい、と頼まれます。
 
 ドミートリィに送ってもらったグルーシェニカは、しばらくサム
 ソーノフの所へいて、自分の家に帰ってきました。
 
 つまり、ドミートリィを騙したのです。
 
▽そんなことは知らずに、ドミートリィはお金を調達しに、カテ
 リーナの友人のホフラコワ夫人の家に行くこと考えます。
 
 ドミートリィには全くお金がありません。
 
 先日調達した9ルーブルは馬車台で使い果たしていました。
 
 そこで、決闘用のピストルを担保に、飲み屋で知り合った武器
 マニアの若い官吏(ペルホーチン)の家に行き、10ルーブル
 借金します。
 
 あまり面識のないホフラコワ夫人の家に着くと、ドミートリィは
 例の怪しい儲け話を持ち出し、その権利と引き替えに今すぐ3千
 ルーブル用立てしてくれるように頼みます。
 
 しかし、ホフラコワ夫人はボケボケでまったく話が通じず、金鉱
 の話を持ち出して、ドミートリィに金鉱事業に乗り出すように
 勧めます。
 
 人の話を全く聞かないホフラコワ夫人に業を煮やしたドミートリィ
 は怒って家を飛び出してしまいます。
 
▽ドミートリィはどうしようもない現状に嫌気がさし泣きながら
 歩いているところへ、サムソーノフ家の女中に出会います。
 
 グルーシェニカの消息を訪ねると、一日掛けてお金を勘定している
 はずの彼女が、すぐに家に帰ったことを知ります。
 
 ドミートリィはグルーシェニカの家に飛んでいきますが、召使い
 からはハッキリしたことを聞くことができません。
 
 本当はこの時、グルーシェニカは5年前に捨てられた将校からの
 手紙をもらって、馬車で出て行ったばかりでした。

 そんなこととはつゆ知らず、嫉妬に狂うドミートリィはグルー
 シェニカの家にあった、20センチくらいの銅の杵(きね)を
 掴んで、家を出て行きます。
 
 ドミートリィはそのまま父フョードルの家に向かいます。
 
▽ドミートリィは何をしに父の家に行ったのか?

 サムソーノフの家を出たグルーシェニカが、もしかしたらフョー
 ドルの家に行ったのかもしれない。
 
 お金に目がくらんで、自分よりもフョードルを選んだのかもしれ
 ない、そう思ってフョードルの家に向かいました。
 
 ドミートリィは庭に忍び込み、フョードルの部屋を外から覗いて
 みると、フョードルが一人でいることが分かりました。
 
 試しに、以前フョードル家の召使いスメルジャコフから聞いた、
 グルーシェニカが来たときのノックの合図を使ってみました。
 
 すると、フョードルは窓際に寄ってきて窓から身を乗り出して
 辺りを見回しています。
 
 ドミートリィは、フョードルが一人でいることを確信し、安心
 しますが、フョードルの顔を見ているうちに憎しみが湧いてきて
 ポケットにあった銅の杵を掴みます。
 
 そこへ、先日ドミートリィに殴られて寝込んでいた召使いのグリ
 ゴーリィが現れます。
 
 庭に動く人影を見たグリゴーリィは、その人影を追いかけます。
 
 ドミートリィが塀を乗り越えようとまたいだところで、グリゴーリィ
 は「親殺し!」と叫び、脚にしがみつきました。
 
 ドミートリィは持っていた銅の杵で、塀の上からグリゴーリィの
 頭を殴ります。
 
 倒れたグリゴーリィを見て、心配になったドミートリィは庭に
 飛び降り、凶器はその場で捨て、グリゴーリィを抱きかかえます。
 
 グリゴーリィの頭からは血が流れ出て、ハンカチで押さえても
 血が指の間から流れてきます。
 
 ドミートリィはグリゴーリィが死ぬと思い込んで、そのまま逃走し、
 そのままの姿でグルーシェニカに家に行きます。





 ドミートリィが父親を殺したのかと思っていましたが、どうやら
 そうではないらしい。
 
 では犯人は誰なのか?
 
 続きは次回へ。


最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/722-a443a46a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。