訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラマーゾフの兄弟 中
カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫)カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫)
(1978/07)
ドストエフスキー

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:カラマーゾフの兄弟 中
 著者:ドストエフスキー
 出版:新潮文庫
 定価:590円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4102010114/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1698251%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第二部(続)
  第五編 プロとコントラ(続)
  第六編 ロシアの修道僧
 第三部
  第七編 アリョーシャ
  第八編 ミーチャ
  第九編 予審



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、昭和53年7月に出版されています。
 
 著者は、19世紀のロシア文学を代表する世界的な巨匠、と紹介
 されています。
 
 著書も多数あります。



 有名な作品はどのよう物語なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 先が読みたくてウズウズしてきます。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽カラマーゾフの兄弟の中巻です。

 人物の紹介と上巻のあらすじを知りたい方は、以下のバックナンバー
 を参照ください。
 
 上巻1回目:http://archive.mag2.com/0000194014/20080722060000000.html
 上巻2回目:http://archive.mag2.com/0000194014/20080723060000000.html
 上巻3回目:http://archive.mag2.com/0000194014/20080724060000000.html
 
 上巻を読むのにかなりの時間が掛かりましたが、今回紹介する
 中巻もそうとう時間が掛かっています。
 
 でもはっきり言っておもしろい。
 
 カラマーゾフの兄弟では父親殺しが最大の事件になってますが、
 上巻ではまだ殺人事件は起きていません。
 
 中巻では何か事件が起きそうです。
 
▽では例によって、かなり省略したあらすじを紹介します。

 この物語の主人公は、カラマーゾフ家の三男のアリョーシャという
 青年です。
 
 上巻ではアリョーシャの行動に沿って物語が進行して行きましたが、
 中巻では行動対象の人物ががいろいろと変わります。
 
 最初はカラマーゾフ家の次男イワンの行動から。
 
▽イワンはアリョーシャと飲み屋で分かれた後、現在寝起きしている
 父親フョードルの家に戻ります。
 
 戻る途中、フョードル家召使いのスメルジャコフに出会いますが、
 イワンはなれなれしいスメルジャコフのことが大嫌いです。
 
 スメルジャコフは、自分は明日きっと長い癲癇(てんかん)の
 発作に見舞われることをイワンに告げますが、イワンは「仮病だ」
 と指摘します。
 
 また、スメルジャコフはグルーシェニカがフョードルの家に来た
 ときのノックの合図をイワンに教えてしまいます。
 
 スメルジャコフはこの他にも、グリゴーリィが長男ドミートリィに
 殴られて寝込んでいること、フョードルがグルーシェニカに渡す
 ためのお金を用意していることをイワンに話します。
 
 フョードルはお金でグルーシェニカを釣ろうと考えていました。
 
 スメルジャコフは召使いの割には口が軽いです。
 
 イワンは明日モスクワへ帰ることをスメルジャコフへ告げます。
 
▽イワンはフョードルの家に戻りますが、フョードルとの受け答えは
 一切せずに、自分の部屋へ戻ります。
 
 翌朝、イワンはフョードルにモスクワへ戻ることを伝えます。
 
 フョードルはモスクワへ帰る途中、別の所へ寄ってある交渉事を
 まとめるように無理矢理頼みます。
 
 イワンはモスクワへ向けて出発しますが、フョードルの依頼は
 無視し、そのままモスクワへ到着します。
 
 フョードルがイワンを送り出した後、フョードルの家では、スメル
 ジャコフが地下倉庫へ降りる途中に(予定通り)癲癇の発作を
 起こし、階段の下で発見され大騒ぎになっていました。
 
▽次は行動視点がアリョーシャへ戻ります。

 アリョーシャは野原でドミートリィと分かれた後、ゾシマ長老の
 僧庵に帰ります。
 
 ゾシマ長老はもう少しで寿命が尽きようとしているのが分かって
 いて、自分を慕ってくれる神父たちと話をしていました。
 
 アリョーシャがゾシマ長老のもとへ行くと、改めて修道院を出て
 俗世間で生きていくことを指示されます。
 
 ここからしばらくゾシマ長老の過去と、遺される者達への説教が
 始まります。
 
 ゾシマ長老は神父達との会話の途中で息を引き取ります。
 
▽ゾシマ長老の葬儀が始まりますが、修道院の神父達も、世間の
 人々も、何か奇蹟が起きることを期待していました。
 
 ゾシマ長老が、生前に預言めいたことを何度か行っていたため
 皆何らかの期待を持っていましたが、期待に反して何事も起こらず、
 逆に半日もしないうちに遺体から腐臭がし始めます。
 
 ある対立していた神父の中には、「生前の行いが悪いからだ」と
 指摘する者も現れます。
 
 アリョーシャはあまりの悲しみに修道院を出ます。
 
 そこで同じ見習いのラキーチンと出会います。
 
 ラキーチンは修道僧の見習いだけど、俗世間にドップリと浸かって
 いした。
 
 ラキーチンはアリョーシャに、一緒にグルーシェニカにところへ
 行こうと持ちかけます。
 
 ラキーチンはある目的のためにアリョーシャをグルーシェニカの
 ところへ連れて行こうとしていました。
 
▽グルーシェニカは、5年前の17歳のとき、ポーランド人の将校に
 欺かれ、捨てられた過去を持っていました。
 
 その将校は遠いところで結婚してしまいます。
 
 グルーシェニカが貧困の中で生活していたところを、現在のパトロン
 であるサムソーノフという商人に拾われます。
 
 サムソーノフはお金を持っていましたが、グルーシェニカに遺産を
 分けたりはしませんでした。
 
 そのかわり、ある才能を見出したサムソーノフは、まとまった
 お金をグルーシェニカに渡します。
 
 もともとお金を増やす才能があったグルーシェニカはめきめきと
 頭角を現し、現在ではそれなりの資産を持っています。
 
 5年経った現在、グルーシェニカは「絶世の美女」に成長し、
 ある程度の資産も持っているため、たくさんの男性が寄ってきます
 が、まったく相手にせず、逆に手玉にとって利用していました。
 
 現在は、カラマーゾフ家の父フョードルと長男ドミートリィを
 相手にどちらともつかない態度で接しています。
 
▽グルーシェニカはこの時点で、ドミートリィの来訪を恐れていま
 した。
 
 というのは、ドミートリィがグルーシェニカのことを半分監視して
 いて、ライバルである自分の父、フョードルの元へ行かないように
 していたのです。
 
 そこへ、5年前のポーランド人の将校から「近くに来ているから
 会おう」と手紙が来たのです。
 
 ドミートリィがいたために、グルーシェニカはドミートリィを騙し
 サムソーノフの所に用事があるため送って欲しいと頼み、ドミートリィ
 がいなくなったところへ、自宅へ戻りポーランド人将校からの
 迎えを待っていたのです。
 
▽グルーシェニカは、ラキーチンと一緒にやってきたアリョーシャを
 見て喜びます。
 
 ラキーチンは、グルーシェニカの元へアリョーシャを連れて行く
 ことを、お金をもらって引き受けていました。
 
 3人で話をしている間に、ポーランド人将校からグルーシェニカの
 ところへ手紙が来て、グルーシェニカは出発することになりました。
 
 ラキーチンとアリョーシャは家を出たところで、「ほんのひととき
 だけど愛していた、と伝えて」とグルーシェニカにドミートリィ
 への伝言を依頼されます。
 
 アリョーシャはラキーチンと分かれ、修道院へ向かいます。
 
▽修道院のゾシマ長老の遺体の脇で祈っていたアリョーシャは、
 まどろんでいた一瞬に夢を見ます。
 
 その三日後、アリョーシャは修道院を出ます。





 次はいよいよドミートリィの犯罪の部分の紹介です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/721-a14c24cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。