訪問者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラマーゾフの兄弟 上(2回目)
カラマーゾフの兄弟 上   新潮文庫 ト 1-9カラマーゾフの兄弟 上 新潮文庫 ト 1-9
(1978/07)
ドストエフスキー

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:カラマーゾフの兄弟 上
 著者:ドストエフスキー
 出版:新潮文庫
 定価:819円+税
 購入:eブックオフで315円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4102010106/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1677812%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第一部
  第一編 ある家族の歴史
  第二編 場違いな会合
  第三編 好色な男達
 第二部
  第四編 病的な興奮
  第五編 プロとコントラ



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、昭和53年7月に出版されています。
 
 著者は、19世紀のロシア文学を代表する世界的な巨匠、と紹介
 されています。
 
 著書も多数あります。



 有名な作品はどのよう物語なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 楽しむのも相応の時間が必要です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。

 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽前回はカラマーゾフ家の人物の紹介だけで終わってしまいました。

 今回はあらすじを紹介します。
 
 ただ、上巻だけですが600ページを越す物語なので、ほんとうに
 荒い部分しか紹介できません。
 
 ご了承ください。
 
▽この物語の主人公は、物語の冒頭で書かれていますが、三男の
 アリョーシャです。
 
 したがってストーリーはアリョーシャの行動に沿って展開されて
 いきます。
 
 物語はアリョーシャが見習いとして入っている修道院での「場違
 いな会合」から始まります。
 
 アリョーシャが尊敬している「ゾシマ長老」という修道院で最も
 人望と権力がある僧侶の僧庵で、父親のフョードルの発案でカラ
 マーゾフ家の会合が開かれることになりました。
 
 話し合いの内容は、長男ドミートリィとフョードルとのお金に
 関するトラブルです。
 
 簡単に言うと、ドミートリィはフョードルからいくらかお金を
 もらっていますが、「もっともらえてもいいはずだ」と、その
 ことを解決しにこれまで連絡が途絶えていたフョードルの元へ
 やってきました。
 
 会合のメンバーは、フョードル、ドミートリィ、次男のイワン、
 三男のアリョーシャ、ドミートリィの伯父のミウーソフ、ゾシマ
 長老、イォシフ神父、パイーシイ神父、他数人です。
 
 会合では、父親のフョードルが暴走。
 
 じゃべりまくりの嘘つきまくり、勝手なことをベラベラと話す
 ため、周りに相当な不快感を与えてしまいます。
 
 ドミートリィが遅刻していることもあって、財産の話はまったく
 できません。
 
 途中、ゾシマ長老は退席し、その間にイワンと神父達の間で国家と
 教会との関係で議論が行われていました。
 
 ゾシマ長老が戻ってきたときに、ドミートリィが遅刻して参加
 します。
 
 せっかく始まった会合は、またもやフョードルの暴走によって、
 ドミートリィは怒って帰ってしまい、解散になってしまいます。
 
▽その後、今度は修道院長の僧庵で食事会が用意されています。

 ドミートリィは帰ってしまい、フョードルも帰り、残った人たちで
 食事会が始まりました。
 
 しかし、そこへ帰ったはずのフョードルが舞い戻ってきて、食事会
 もその暴言によってめちゃくちゃにしてしまいます。
 
 神父達に暴言を吐くわ、嘘八百を並べ立てるわで食事会も始まった
 ばかりで解散にしてしまいます。
 
 本当に嫌なオヤジです。
 
▽食事会が解散になった後、アリョーシャはカテリーナという女性
 から手紙をもらったので、その人の家にいくことにしました。
 
 カテリーナはドミートリィの許嫁です。
 
 許嫁になった過程もいろいろとややこしいですが、おそらくカテリーナ
 の勘違いで、ドミートリィも場の勢いで正式な許嫁として認めら
 れてしまいますが、実は婚約を解消したがっています。
 
 ドミートリィは父親に似ていて、女性にだらしなく、散財し、
 暴れる、といったタイプですが、カテリーナはそれを全て知った
 上で一緒になろうとしています。
 
 このカテリーナのことが好きなのが、次男のイワン。
 
 ドミートリィはグルーシェニカという別の女性の所へ走ってしま
 いますが、それでもカテリーナはドミートリィのことを愛している
 と勘違いをしています。
 
 グルーシェニカという女性の所へ行ってしまうドミートリィでし
 たが、この女性をお金で狙っていたのが父親のフョードル。
 
 お金と女性を巡るドロドロした親子関係が表現されています。
 
 しかも、同じ屋根の下で子どもたちが育ったのならまだ違った
 ことになったかもしれませんが、幼少の頃に分かれたまま大人に
 なるまで会ってなかったため、よけいにドロドロしてしまいます。
 
 アリョーシャがカテリーナの家に向かう途中で、ドミートリィと
 出会い、そこでアリョーシャはいくつか頼まれ事をお願いされます。
 
▽ドミートリィの依頼にしたがって、カテリーナの家に向かう途中で
 アリョーシャはフョードルの家に寄ることになりました。
 
 フョードルに対するドミートリィのお願い事とは、お金を出して
 もらうことでした。
 
 フョードルの家では、イワンと、召使いのグリゴーリィ、同じく
 召使いのスメルジャコフがいました。
 
 このスメルジャコフは、はっきりしませんが、どうやらフョードルの
 子供らしいです。
 
 皆で会話をしている時に、ドミートリィが飛び込んできます。
 
 「グルーシェニカがここへ来ただろう?」という疑いを持って、
 フョードルの家の中を探し始めます。
 
 そこで、ドミートリィはフョードルに暴行を加え、ケガをさせて
 しまいます。
 
 
 
 
 
 長くなりそうなので、続きはまた次回。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/716-360083a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。