訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラマーゾフの兄弟 上
カラマーゾフの兄弟 上   新潮文庫 ト 1-9カラマーゾフの兄弟 上 新潮文庫 ト 1-9
(1978/07)
ドストエフスキー

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:カラマーゾフの兄弟 上
 著者:ドストエフスキー
 出版:新潮文庫
 定価:819円+税
 購入:eブックオフで315円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4102010106/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1677812%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第一部
  第一編 ある家族の歴史
  第二編 場違いな会合
  第三編 好色な男達
 第二部
  第四編 病的な興奮
  第五編 プロとコントラ



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、昭和53年7月に出版されています。
 
 著者は、19世紀のロシア文学を代表する世界的な巨匠、と紹介
 されています。
 
 著書も多数あります。



 有名な作品はどのよう物語なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 読むのは大変です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽著者の正式な名前は「フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー」。

 著者の作品は、まだメルマガを書き始める前に「罪と罰」の上巻を
 読んでいて、つい1ヶ月くらい前にその下巻を読み終わりました。
 
 「罪と罰」はメルマガでは紹介してません。
 
 というのは、上巻を読んだのがずいぶん前だったことと、下巻を
 読んだのも1ヶ月くらいかかったこともあって、細かい内容を
 覚えていないためです(笑)
 
 なぜ、そんなに時間がかかるのかと言うと、ドストエフスキーの
 作品を読むときはどうしても精読してしまい、しかも一冊が500
 ページくらいあってとても1日2日では読めないのです。
 
 今回読んでいる「カラマーゾフの兄弟」の上巻は、新潮文庫の
 文字が大きい版の新しい本で、667ページあります。
 
 別の本を1冊分読んで、空いた時間に少しずつ読んでいたので、
 読み始めて既に2週間が過ぎてやっと半分まで到達したところです。
 
 意を決して集中して読むことにしました。
 
▽カラマーゾフの兄弟は、新潮文庫版だと上巻・中巻・下巻の3冊
 構成になっています。
 
 また、光文社古典新訳文庫から1?5巻が出版されています。
 
 他にも、岩波文庫から全4冊として出版されていて、その他の
 出版社からも出ているみたいです。
 
 どの訳が良いのかは分かりません。
 
 「罪と罰」を新潮文庫で読んだので、今回もブックオフで手に
 入れ易い新潮文庫版を読むことにしました。
 
 いずれにしても、大作なので読むのに気合いが必要です。
 
▽作品の時代背景は、著者が生きた時代だとすると、レーニンが
 表舞台に登場する前、また、第一次世界大戦がはじまる前、ロシア
 で社会主義思想が広まり始めた頃です。
 
 では、「可能な限り」あらすじを紹介したいと思います。
 
 約2週間もかけて読んでいるので、もしかしたら細かな部分で嘘を
 書いているかもしれませんが、その辺りはご容赦ください。
 
 登場人物はたくさんいます。
 
▽一番やっかいな人物がカラマーゾフ家の長、下記に紹介する3兄弟
 の父親「フョードル・パーヴロウィチ・カラマーゾフ」。
 
 年齢は55歳。
 
 フョードルは亡くなった最初の妻が遺したお金を増やして、今では
 いくらかの財産を持っています。
 
 地主であり、町の酒場をいくつか所有しているところを見ると、
 お金を増やすことに関してはそれなりの才覚がありそうです。
 
 しかし、フョードルを表現する言葉を拾ってみると、どのような
 人間かが見えてきます。
 
 俗物、女にだらしない、常識はずれ、半きちがい、侮辱に対して敏感、
 酒に溺れる、宗教に縁遠い、いつも厚かましい、疑い深い、
 せせら笑っている、年とった道化、誰よりも卑劣な人間...
 
▽このような言葉で表現されるフョードルの長男が、最初の妻
 「アデライーダ・イワーノブナ・ミウーソフ」との間の子供で、
 「ドミートリィ」、愛称が「ミーチャ」
 
 ドミートリィは3歳で母と死に別れ、父親のフョードルは面倒を
 見るような人間ではなかったため、召使いのグリゴーリィが1年間
 育てます。
 
 それを知った、死んだ妻のいとこ(ドミートリィの伯父)である
 「ピョートル・アレクサンドロウィチ・ミウーソフ」が引き取り、
 後見人となりますが、ここでも放ったらかしにされ、ミウーソフ家
 をたらい回しにされます。
 
 ドミートリィは28歳。
 
 陸軍の将校です。

 表面上は父フョードルの血を一番濃く受け継いでいて、金遣いが
 荒く、無教養の人間で、何を考えているのか容易に分からない表情
 をしていて、癇癪持ち、正常を欠く突発的な思考の持ち主、と表現
 されています。
 
▽次男は、フョードルの二人目の妻「ソフィア・イワーノブナ」との
 間の子供で「イワン」、愛称は「ワーニャ」もしくは「ワーネチカ」。
 
 7歳で母親と死別します。
 
 3ヶ月ほど召使いのグリゴーリィに面倒を見られますが、死んだ
 母の養母であった将軍夫人「エフィム・ペトローヴィチ・ボレノフ」
 に引き取られます。
 
 ドミートリィの場合と違って将軍夫人はいい人でしたが、イワン
 自体は気むずかしい人間でプライドが高く、無神論者でもあり
 ます。
 
 将軍夫人が亡くなった後、遺産はもらえますがいろいろと手違いが
 あって、大学時代はお金に苦労します。
 
 その大学時代に書評を書いて世間に名を知られるようになり、
 また、教会裁判の問題を論文にして世間を騒がせていました。
 
 イワンはドミートリィの頼みで父の元へ帰ってきました。
 
▽三男は、イワンと同じ母親を持つ「アレクセイ」、愛称が
 「アリョーシャ」。
 
 4歳で母親と死別し、将軍夫人に引き取られるまでは同じです。
 
 この三男は同じ「カラマーゾフ」の血でも、他の3人とはだいぶ
 違う性格をしています。
 
 何処へ行っても誰からも愛される人気者で、食べ物や寝る場所に
 困ったことはありません。
 
 誰に対しても軽蔑や非難を浴びせることはなく、人々を愛して
 いました。
 
 美男子ですが、常軌を逸した羞恥心と純真さを持ち、女性経験も
 ありません。
 
 また、財産にも興味がなく、必要なもの以外得ようとしません。
 
 アリョーシャは中学を途中で辞め、「母の墓を探しに」父親の
 元へきました。
 
 そこで、修道院に見習いとして入り、そこで師匠である「ゾシマ長老」
 と出会います。
 
 現在20歳
 
▽この4人が「カラマーゾフ家」を構成しています。
 
 構成しているいっても3人の兄弟が父の元へ集まってきたのは
 ほんの数ヶ月前です。
 
 ここで、ロシア人の名前について少々書いておきます。
 
 他のロシアの作家の作品を読んでも同じですが、日本人には名前が
 読みづらいです。
 
 覚えるのに一苦労する上に、作品の中では本名と愛称が頻繁に
 使われます。
 
 「ドミートリィ」の愛称が「ミーチャ」
 「イワン」の愛称は「ワーニャ」「ワーネチカ」
 「アレクセイ」の愛称が「アリョーシャ」
 
 名前と愛称の文字の接点が良く分からないために、慣れるまでは
 登場人物がたくさんいるように感じてしまいます。
 
 罪と罰では、同じ場面で同一人物の名前が3種類使われていたりも
 します。
 
 ここに慣れないと、なかなか先へ進めないです。
 
 しかも、この作品は次から次へといろいろな人が出てくるので、
 慣れるまではノートに登場人物の関連図を書きながら読むと分かり
 やすいです。
 
 ネットで「ロシア人の名前」で検索してみると、その意味が分かり
 ます。





 この本(上巻)だけでも、読むのにかなり根性が必要です。
 
 今回は読みつつ、ノートに書きつつ、また読みつつでしたので
 かなり時間がかかってます。
 
 次回はストーリーを紹介します。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
ロシアの謎
  私のようにロシア文学を何冊も読んでいると、同じ名前が出てきたりして大変です・・・。
  ロシア語が分かると、名前のアレンジがなぜそうなるのか分かりそうです。  
【2008/07/23 12:21】 URL | フラワー #c.k4DbhM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/715-20f3637b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。