訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クヌルプ
クヌルプ (新潮文庫)クヌルプ (新潮文庫)
(1970/11)
ヘッセ高橋 健二

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:クヌルプ
 著者:ヘッセ
 出版:新潮文庫
 定価:280円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4102001050/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f134636%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※目次はありません。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■■■□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、昭和45年11月に出版されています。
 
 著者(1877/07/02?1962/08/09)は、ドイツの作家で20世紀前半
 のドイツ文学を代表する文学者です。
 
 ノーベル文学賞を受賞しています。
 
 著書も多数あります。



 どのような物語なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)どのような物語なのか?



 最後が面白かったです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)どのような物語なのか?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分の人生に納得しよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●どのような物語なのか?

▽ヘルマン・ヘッセといえば、知っているのは「車輪の下」です。
 
 子供の頃に読んだことがあって、当時はつまらなくて途中で放り
 出した記憶があり、著者の作品はまともに読んだことはありません。
 
 ページ数で言うと110ページくらいで、読むのにそんなに時間
 はかかりません。
 
▽では、物語のあらすじを紹介します。

 「クヌルプ」とは主人公の名前で、設定は「流浪の旅人」、若い
 頃からずっと各地を旅をして暮らしています。
 
 ただ、クヌルプは何処へ行っても友だちに事欠くことはなく、行く
 先々で歓迎されます。
 
 したがって、お金が亡くても宿泊先に困ることはありません。
 
 知人に一声掛ければ、寝床と食事といくらかのお金を用意して
 もらえます。
 
 クヌルプは非常に気位が高かったので、彼から声を掛けられた
 友人たちは名誉なことだと感じていました。
 
 クヌルプは礼儀作法も心得ていて、しかも美男子だったので、
 泊まる先の奥さんたちにも受けがいいし、未婚の若い女性たちにも
 人気があります。
 
 どこへ行っても歓迎されるクヌルプでしたが、あまり長居はしま
 せん。
 
 一定の仕事をしてお金を稼いだり、結婚して定住することもなく、
 縛られることなく、いろいろな土地を周り、たくさんの友人、
 知人をつくり、自由気ままな生活をしています。
 
▽クヌルプが現在のような生活を送るようになったのには理由が
 あります。
 
 14歳の頃、クヌルプが国民学校に通っていた時に、ある女性に
 恋をします。
 
 その女性に告白したところ、その女性は国民学校に通っている
 人は相手にしないことが判りました。
 
 「腕に職のある職人になったら結婚してあげる」
 
 そう言われたクヌルプは、その言葉を信じて父親に国民学校を
 辞めたいと言いますが、当然のごとく辞めさせてもらえません。
 
 辞めさせてもらえないと分かったクヌルプは、学校側から辞め
 させるようにいろいろな悪さをするという強硬手段に出ます。
 
 しかし、生徒だけではなく先生からも人気があったクヌルプは
 多少のことは多めに見てもらえます。
 
 そのため、クヌルプはそうとう悪くなってしまいます。
 
 そして、とうとう国民学校を追いだされ、好きになった女性の
 所へ行きますが、その女性はすでに機械工の職人と付き合って
 いたのです。
 
 本当は頭が良くて、さまざまな才能を持ったクヌルプでしたが、
 そこから流浪の旅に出発します。
 
▽40歳を超えたクヌルプは、まだ旅人をしていました。

 しかし、肺を患い自分の残りの人生がそんなに長くないことを
 悟ります。
 
 死ぬ前にもう一度生まれ故郷を見ておきたいと思ったクヌルプは
 疲れ果てた身体にむち打って歩いていきます。
 
 その途中で、幼なじみで現在は医師をしている友人に出会います。
 
 その友人に看てもらうと、当然、病院に入院することを勧められます。
 
 生まれ故郷に行きたいクヌルプは、友人に頼んで生まれ故郷の
 病院に入れてもらえるようにお願いし、馬車で生まれ故郷の町まで
 連れて行ってもらいます。
 
 しかし、クヌルプは束縛されることを嫌い、病院には入院しません。
 
 生まれ故郷のあちこちを見て回り、さらに旅を続けようとします。
 
 いろいろな町で出会う友人達は、それぞれに職を持ち、楽しいか
 楽しくないかは別として、家庭を築いていてしっかりした生活
 基盤を持っています。
 
 そんな友人達は、クヌルプに「おまえならもっとましな者になれた
 だろうに」と言います。
 
 そのような友人の言葉にクヌルプは多少なりとも自分人生に疑問を
 感じていました。
 
▽それから数ヶ月後、降ってきた雪の中に倒れ込んだクヌルプは、
 死を前に神様と会話を始めます。
 
 テーマは「クヌルプの生涯が無意味だったことについて、また、
 どうしたら彼の生涯が作り変えられただろうか、ということに
 ついて」。
 
 クヌルプは人生の最後になって、自分の人生が間違っていたのでは
 ないかと考えていました。
 
 そんなクヌルプに対して、神様はこう言います。
 
 「お前が体験した日々、そういうものがみな無に等しかったかい?
 あの日の一日が欠けてもたまらなく惜しいことだろう」
 
 その後、もう少し神様とクヌルプの会話は続きます。
 
 気になる方は読んでみて下さい。
 
 
 
 
 
  この本は、自由に生きたクヌルプが最後の最後で自分の人生に
  疑問を感じ、そのことについて神様と会話をし、最後は納得して
  死んでいくという、人それぞれの人生の意味を説いた小説です。
  
  神様は、最後にクヌルプの人生の意味を説きます。
  
  (おそらく)キリスト教の教えが表現されているとは思いますが、
  最後はそこそこ感動します。
  
  お勧めの小説です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/711-65eff03d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。