訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河鉄道の夜
銀河鉄道の夜  少年少女日本文学館 (10)銀河鉄道の夜 少年少女日本文学館 (10)
(1985/11)
宮沢 賢治

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:銀河鉄道の夜
 副題:少年少女日本文学館(10)
 著者:宮沢賢治
 出版:講談社
 定価:1400円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4061882600/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f203612%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 セロ弾きのゴーシュ
 どんぐりと山猫
 よだかの星
 雪渡り
 注文の多い料理店
 水仙月の四日
 狼森と笊森、盗森
 風の又三郎
 銀河鉄道の夜



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、昭和60年11月に出版されています。
 
 著者は、明治29年に生まれ、昭和8年に亡くなった、日本の
 詩人でもあり、童話作家、農業指導家、教育者でもあった人です。
 
 著書も多数あります。



 どの様な物語なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)どのような物語なのか?



 独特の雰囲気があります。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)どのような物語なのか?

 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●どのような物語なのか?

▽この本は、かなり前にブックオフへ行った時に、子供用の本として
 大量に購入したうちの1冊で、子供部屋の本棚に並べてありました。
 
 読んだ形跡はなさそうです(笑)
 
 といっても、私も著者の本は読んだことがないので、笑えないです。
 
 著者の作品でよく知っているのは「雨ニモマケズ」です。
 
 今回紹介する本に掲載されているのは童話ばかりで、題名だけは
 知っている作品がいくつかあります。
 
▽いくつかある話の中から、題名にもなっている「銀河鉄道の夜」
 について、物語のあらすじを紹介します。

 主人公はジョバンニという少年。
 
 ジョバンニの友人がカムパネルラ。
 
 ジョバンニの家は貧しくて、母親は病気で寝たきりで父親は遠くへ
 漁へ出たまま帰ってきません。
 
 ジョバンニは学校の授業で銀河のことを習います。
 
 その帰りに活版所で文字を拾う仕事をし、そこで得たお金でパンと
 角砂糖を買って帰ります。
 
 家に帰ってみると、その日配達されるはずの牛乳が配達されて
 いないことが判明します。
 
 牛乳屋さんに牛乳をもらいに行きますが、お店から出てきた店員
 が要領を得ず、牛乳がもらえませんでした。
 
 その帰りに、「銀河祭り」に行く同級生たちとすれ違いますが、
 その中のザネリに父親のことでからかわれ、ジョバンニは一人
 丘の上に登ります。
 
 丘の上で一人寂しく考え事をしていると、「銀河ステーション、
 銀河ステーション」という不思議な声が聞こえてきます。
 
 目の前が明るくなり、ジョバンニは気が付いてみると小さな列車に
 乗っていて、窓から外を眺めていました。
 
 前の席には友人のカムパネルラが座っています。
 
▽そこから銀河鉄道の旅が始まります。

 銀河ステーションを出発し、北十字(白鳥座)の前を通り、白鳥の
 停車場で20分停車。
 
 その間に2人はプリオシン海岸へいって、化石の発掘を見物します。
 
 列車に戻ると、「鳥を捕る人」が乗り込んできました。
 
 その人に、捕った鳥を分けてもらって食べてみますが、それは
 お菓子にしか思えません。
 
 鳥を捕る人はいきなり列車を降りていって、鷺を捕ってまた
 いきなり車内へ戻ってきました。
 
 この辺りの表現は、何とも言えない不思議な感覚です。
 
▽その後、アルビレオの観測所を通り過ぎたあたりで、車掌さんが
 改札にやってきました。
 
 切符を持っていないジョバンニでしたが、ポケットを探してみると、
 何やら紙らしきものが手に触れます。
 
 試しにそれを差し出してみると、何とOKが出ました。
 
 ジョバンニの持っていた紙切れは、銀河鉄道でどこまでも行ける
 切符だったのです。
 
▽次に「鷲の停車場」で止まり、鳥を捕る人はいなくなり、乗って
 いた船が氷山にぶつかって気が付いたらここへ来た、という人たちが
 代わりに乗ってきました。
 
 もしかして幽霊列車なのかもしれません(笑)
 
 30匹ほどの孔雀を発見し、トウモロコシ畑を通り、他にも蠍や
 インディアン、ケンタウルの村等、色々な場所を見物し、サザン
 クロス(南十字)の駅で、乗客は皆降りてしまいます。
 
 車内にはジョバンニとカムパネルラの2人にが残りますが、カム
 パネルラはいつの間にかいなくなってしまいます。
 
▽ジョバンニが気が付くと、丘の上で寝ていました。

 町へ降りて行ったジョバンニは、牛乳屋さんで牛乳をもらい、
 帰りに川の近くで人が集まっているのに出会います。
 
 何が起きたかと言うと...
 
 続きが気になる方は読んでみてください。





 この本は、銀河鉄道の夜の他にもいくつか物語が掲載されています。
 
 特に私が気に入ったのは、「セロ弾きのゴーシュ」と「注文の多い
 料理店」の二つです。
 
 本自体は、子供向けに書かれているので読みやすく、注釈が文字の
 横に小さな文字で赤く書かれていて、絵による注釈もたくさん
 書かれています。
 
 絵があるとイメージが湧きやすいです。
 
 一度は読んでみるといいかもしれません。
 
 独特の雰囲気が味わえます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/709-5358f1ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。