訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生が楽になる 超シンプルなさとり方
人生が楽になる 超シンプルなさとり方 (5次元文庫 ト 1-1)人生が楽になる 超シンプルなさとり方 (5次元文庫 ト 1-1)
(2007/11/09)
エックハルト・トール

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:人生が楽になる 超シンプルなさとり方
 著者:エックハルト・トール
 出版:徳間文庫
 定価:552円+税
 購入:本屋さんで購入



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4199060030/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5078275%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1部 いまに生きることの意味
  第1章 「大いなる存在」、そして「さとり」とは?
  第2章 「いまに在る」ことができれば、人生の苦しみは消える
  第3章 「いまに在る」生き方が、さとりをひらく
  第4章 「無意識状態」から抜け出そう
  第5章 「いまに在る」とは、どういうことか
 第2部 さとりに目覚めた人間関係を築く
  第6章 「感情の痛み」を溶かす
  第7章 「中毒的な人間関係」を「目覚めた人間関係」に変える方法
  第8章 「いま」をあるがままに受け入れる
  第9章 病気と苦しみを変容させる



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2007年11月に出版されています。
 
 著者は、ここ10年間はカウンセラーや指導者として活躍していて
 世界各地で講演をしているそうです。
 
 著書も何冊かあります。
 
 
 
 さとるには修行が必要なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)「さとり」とは何か?



 簡単そうでもその状態になれません。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)「さとり」とは何か?

 「この、『大いなる存在』こそが、『人間の本質』です。わたし
 たちは、それを直接に感じることもできるのです。『わたしは、
 いま、ここに、こうして、存在する!』というのが、その感覚
 です」
 
 「『大いなる存在』という言葉のほんとうの意味を理解したなら、
 『大いなる存在』を経験する日は、もう目の前です」

 「『大いなる存在』は、すべての生命を超越しているだけでは
 ありません。あらゆる生命の奥深くに、目には見えず、絶対に
 滅びることのない本質として、宿っているのです」
 
 「つまり、『大いなる存在』は、人間のもっとも深いところに
 『本当の自分』として存在しており、わたしたちはそれに『つながる』
 ことができるのです」
 
 「ただし、このことについて、『頭』(脳)を使って、『考えよう』
 とはしないでください。頭で理解できることには、限界があります。
 あなたの『思考』がピタリと止まっている時には、わたしの言葉の
 意味がわかるはずです」
 
 「あなたが『いまにあ在る』時、言いかえれば、あなたが完全に、
 強烈に「いま」という時に集中していれば、『大いなる存在』を
 感じることができるでしょう。それは、人間の頭では、理解する
 ことはできません。『大いなる存在が、自分とともにある』という
 感覚を保ちつづけることが、『さとり』なのです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 「いま」を感じよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「さとり」とは何か?

▽著者の本は、以前「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」
 (Vol.425,2007/7/10配信分)を紹介したことがあります。
 
 「さとり」という言葉はよく聞きますが、その状態になるには、
 出家して、長い年月の厳しい修行に耐えてようやく到達することが
 できるようなイメージがあります。
 
 私たちのように普通に生活している一般人には到達できない世界が
 「さとり」の状態だと思っています。
 
 そもそも「さとり」とはどのような状態なのでしょうか?
 
▽何か特定の宗教を信じている人には、神とか仏の存在を無条件に
 信じていると思います。
 
 中には、そういった存在を一切認めない無神論者のような人達も
 いますが、日本人のように特定の宗教を持っていない人が多い民族
 でも、「何らかの存在」を感じている人は多いと思います。
 
 その「存在」のことを、「サムシング・グレート」と読んだり、
 「神」と読んだり、この本では「大いなる存在」と呼んでいます。
 
 「大いなる存在」とは何なのでしょうか?
 
 著者は言います。
 
 「この、『大いなる存在』こそが、『人間の本質』です。わたし
 たちは、それを直接に感じることもできるのです。『わたしは、
 いま、ここに、こうして、存在する!』というのが、その感覚
 です」
 
 「『大いなる存在』という言葉のほんとうの意味を理解したなら、
 『大いなる存在』を経験する日は、もう目の前です」
 
 「大いなる存在」との一体感が、どうやらさとることみたいです。
 
▽「わたしは、いま、ここに、こうして、存在する」という言葉を
 聞くと、「そんなの当たり前じゃないか」と返ってきそうです。
 
 ところがこの世には「時間」というものが存在していて、人間は
 「過去」と「未来」を考えることができます。
 
 この「過去」と「未来」というのがくせ者で、人間は過去と未来に
 相当苦しめられています。
 
 現在は、過去の積み重ねで作られているし、未来は現在の状態から
 充分予想することが可能です。
 
 現在の状況が、自分にとって到底受け入れられない状況であれば
 、例えば、仕事もなく、財産もなく、借金だらけ、金銭的に助け
 てくれる人もいない、となれば、現在を受け入れることはなかなか
 できません。
 
 こういった状態になると、「過去のあの日、なぜああしなかったん
 だろう」とか、「あいつがあの時、こんなことをしたから...」
 のように過去に起きたことを思い出しては後悔するようになって
 しまいます。
 
 また、現在が受け入れられない状況であれば、未来が不安になり
 ます。
 
 「将来も仕事があるだろうか?」、「生活していけるだろうか?」
 「病気になったらどうしよう?」等々、現在の状況を元に心配し
 始めると、かなり「不安」になってしまいます。
 
 過去と未来の感覚があるために、人間は苦しむのです。
 
 その苦しみから逃れるためには「いま」に集中する必要があります。
 
 著者は言います。
 
 「『大いなる存在』は、すべての生命を超越しているだけでは
 ありません。あらゆる生命の奥深くに、目には見えず、絶対に
 滅びることのない本質として、宿っているのです」
 
 「つまり、『大いなる存在』は、人間のもっとも深いところに
 『本当の自分』として存在しており、わたしたちはそれに『つながる』
 ことができるのです」
 
 「ただし、このことについて、『頭』(脳)を使って、『考えよう』
 とはしないでください。頭で理解できることには、限界があります。
 あなたの『思考』がピタリと止まっている時には、わたしの言葉の
 意味がわかるはずです」
 
 「あなたが『いまにあ在る』時、言いかえれば、あなたが完全に、
 強烈に「いま」という時に集中していれば、『大いなる存在』を
 感じることができるでしょう。それは、人間の頭では、理解する
 ことはできません。『大いなる存在が、自分とともにある』という
 感覚を保ちつづけることが、『さとり』なのです」
 
 頭では理解できないけれど、過去も未来も捨てて「いま」に集中
 することで大いなる存在を感じることが「さとり」という状態
 だということです。
 
 そして、「大いなる存在」と一つであるという感覚を保つことが
 「さとり」であって、本来の私たちの自然な状態なのだそうです。
 
 簡単そうだけどそれができないから人間は苦しみます。





 この本は、「さとり」とはどういうものか、そして「いまに在る」
 ためにはどう考えればいいのか、ということを解説した本です。
 
 読むと、「さとり」の状態が理解できますが、実際にその状態には
 なかなか到達できないです。
 
 考え方次第だとは思うのですが、「感覚」というのは理解しづらい
 です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/705-c4dbc28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。