訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴン・ノート
ドラゴン・ノートドラゴン・ノート
(2008/06/20)
田中 良枝

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:ドラゴン・ノート
 著者:田中良枝
 出版:春秋社
 定価:1600円+税
 購入:本屋さんで購入



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4393435125/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5764836%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 たまたまの魔法?扉の前で
 エンター・ザ・ドラゴン?第1の扉
 魔法使いの家?まだまだ、第1の扉
 枯れ井戸猫救出事件?ここまで、第1の扉
 黒く光るウロコ?第2の扉
 
 他多数あるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、2008年6月に出版されています。
 
 出たばかりの本です。

 著者は「セラピスト」と紹介されています。



 何が書かれているのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)ドラゴンとは?



 ドラゴン・ライダーになるには?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)ドラゴンとは?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●ドラゴンとは?

▽今回紹介する本は、私の知人からの紹介で、ミクシィで知り合いに
 なった方が書いた本です。
 
 最初メルマガ紹介用に送ります、とのことでしたが、私の信条
 として、本を読んだ感想については自分の気持ちに嘘をつかない
 ために、「献本」は基本的にお断りしています。
 
 というわけで、しっかりお金を出して購入させてもらい、現在の
 私の心に則した書評を書かせていただきます。
 
▽最近は「自己啓発書」とか「成功法則本」の類はほとんど読ま
 なくなりました。
 
 なぜ読まなくなったのでしょうか?
 
 このメルマガで何度も書いてますが、発行を始めた2年くらい前は
 ひたすら「自己啓発書」と「成功法則本」を読んでいました。
 
 「オグ・マンディーノ」をはじめ、成功法則を物語にした小説も
 たくさん読みました。
 
 それなのにほとんど読まなくなった最大の理由は、
 
 「願望を持って目標設定し、目標に向かって努力するとストレス
 になるから」
 
 です。
 
 人生「努力」しちゃいけません。
 
 行く道が正しければ、他人から見ると努力しているように見える
 人生でも、本人はストレスもなく「努力している」つもりはさら
 さらありません。
 
 願望持って、目標立てて、ストレスが溜まるようなら、それは
 人生どこか間違ってます。
 
▽こんなこと書いていると自己啓発書の紹介になりませんね。

 自己啓発ですが物語仕立てになっているので、ストーリーを紹介
 します。
 
 この本の帯には「自己啓発ファンタジー」と書かれています。
 
 物語の主人公はピッポ。
 
 なかなか職が見つからず、そんなときに成功した昔の友人に出会い
 ます。
 
 その友人から紹介された魔法使いのおばあさんと、その家族が
 やっている薬局を紹介されます。
 
 ピッポはそのおばあさん(イシスおばば)に弟子入りして、ある
 ことを教わることになりました。
 
 その時にもらったのが「ドラゴン・ノート」です。
 
 イシスおばばはドラゴン・ノートを渡す時に「試験がある」と
 言います。
 
 まず、3つの質問に答えること。
 
 1.いままでやったことで自分を誇りに思えること
 
 2.いままでで最も楽しかったこと
 
 3.将来の夢
 
 この質問に、自分の気持ちに正直に答えなくてはなりません。
 
 3つの質問に答えると、次は四つの約束を誓わなくてはなりません。
 
 1.自分の運命は、自分次第で必ずよくなる、そして明るい未来が
   待っていると信じ、何があっても自分で選ぶこと。
   
 2.自らが教えを試し実験すること。
 
 3.ドラゴンを求め、扉を開け続けること。
 
 4.もし、将来、ドラゴンを探して君が扉を開いたら、次にドラ
   ゴンと扉を望む人へ教えを伝えること。
   
 もちろん、ピッポは試験に合格し、「ドラゴン・ノート」の表紙
 にはドラゴンの絵が浮かび上がります。
 
 とりあえず、これで一次試験突破です。
 
▽ピッポはイシスおばばや娘のディアナ、孫のキアラ、そして猫の
 「ツイテル」から、さまざまなことを学びます。
 
 また、ピッポがどうしても好きになれないクリスという青年も
 登場し、嫌な奴ながらこの青年からも多くのことを学んでいきます。
 
 そして、最終的にあることを自ら学ばなければなりません。
 
 あることとは「ドラゴンの探し方と乗り方」。
 
 自分のドラゴンを探して、乗りこなすことができると、人生が
 楽しくなる、というのです。
 
 ピッポは「ドラゴン・ノート」にいろいろな人から学んだことを
 メモし、イシスおばばの薬局を手伝いながらドラゴンを探す修行を
 します。
 
 詳細は本を読んでもらうことにして、結果的にピッポは自分の
 ドラゴンを見つけ、ドラゴンに乗れるようになります。
 
 黒いドラゴンを目の前にして、その恐怖に震えるピッポ。
 
 そして、次第に黒いドラゴンの正体が何かを理解し、黒く見えて
 いたドラゴンが実は白いドラゴンだということに気が付きます。
 
 黒いドラゴンも白いドラゴンもどちらも自分自身の比喩で、黒い
 ドラゴンを理解することができたとき、白いドラゴンに乗れる事が
 分かります。
 
▽ところが、残念なことにピッポがドラゴンに乗れるようになり、
 ドラゴンに乗って故郷の両親の元へ帰り、イシスおばばのところへ
 戻ってきたところで物語は終わってしまいます。
 
 ピッポは現物のドラゴンに乗れるようにはなりました。
 
 「自分のドラゴン」とは「本当の夢、自分のなすべきこと」だと
 いうことは理解できましたが、ピッポにとって具体的に何だった
 のかが分かりません。
 
 もともと職を探していたはずですが、そこも気になります。
 
 現実社会に則したピッポの生き様がもう少し知りたかったです。





 この本は、「自己啓発ファンタジー」と銘打ってあるだけに、
 「自己啓発」と「ファンタジー」を両方楽しめるようにはなって
 います。
 
 欲を言えば、ドラゴンに乗れるようになったピッポが、どうやって
 人生を謳歌していくのかが知りたかったです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/701-eb176fef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。