訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斜陽
斜陽 (新潮文庫)斜陽 (新潮文庫)
(1950/11)
太宰 治

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:斜陽
 著者:太宰治
 出版:新潮文庫
 定価:240円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4101006024/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1654570%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※目次はありません。


──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■□□□



 この本は、昭和25年11月に出版されています。
 
 長く読まれている本です。
 
 著者は、本を読む人なら誰もが知っている日本の作家です。
 
 著書も多数あります。



 どのような物語なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 著者の本は楽しめる雰囲気の本ではないですが...



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽著者は、明治42年(1909年)に生まれ、昭和23年(1948年)に
 亡くなっています。
 
 昭和を代表する日本の作家です。
 
 著者が書いた小説で読んだことがあるのは、「走れメロス」と
 「人間失格」の2冊だけです。
 
 思い返して見ても、日本の「文豪」と呼ばれる人たちの本はあまり
 読んでません。
 
 私が持っている著者の作品イメージは、「人間失格」。
 
 暗いです。
 
 「走れメロス」という少し元気のある作品も読みましたが、生い
 立ちや、大人になってからの言動を知ると、著者のイメージは
 「人間失格」です。
 
▽著者は、青森県北津軽に生まれます。

 実家は津軽屈指の大地主で、父親は貴族院議員、衆議院議員にも
 なった人です。
 
 著者はその6男、11人兄弟の10番目として生まれます。
 
 父親は仕事で忙しく母親は病弱だったため、乳母や叔母に育てられ
 親の愛情はほとんど知らずに育ちます。
 
 当時の6男は、家の跡継ぎにもなれず、財産も分けてもらえる
 ような身分ではなかったようです。
 
 その生い立ちのためか、著者は生涯で3度の自殺(3度とも心中)
 を体験し、とうとう3度目に亡くなってしまいます。
 
 亡くなる年に書き上げたのが「人間失格」。
 
 この作品は、ほぼ著者の自伝のように思われます。
 
 最後の作品は「グッド・バイ」で、まだ読んでませんがユーモア
 小説なのだそうです。
 
▽今回紹介する「斜陽」は、著者が亡くなる前年に書き上げた小説で
 「斜陽族」という言葉を生み出しました。
 
 意味は、没落していく上流階級の人たちのことを示すとのこと。
 
 著者の生家の記念館は「斜陽館」と呼ばれているそうです。
 
 主な登場人物は、かず子、その母、かず子の弟直治、東京に住んで
 いる作家上原二郎です。
 
 簡単にあらすじを紹介します。
 
 時代は、戦争が終わった昭和20年頃。
 
 親は没落した貴族で、父親が亡くなってしまいます。
 
 残されたかず子と母は、生活が苦しくなり、住んでいた家を売って
 伊豆の田舎の別荘を買い、そこで生活することになります。
 
 元貴族のため、母親もかず子も基本的には「労働」して自活する
 ことができません。
 
 家を売って得たわずかなお金と、家にあった服や貴金属等を売って
 生活していました。
 
 なくなっていく不安だけで生活していた親子です。
 
 かず子は一度嫁いだのですが、いろいろ訳あって出戻っています。
 
 伊豆の田舎に移ったのは、かず子が30少し前のこと。
 
 かず子には、戦地に行って行方知れずになっている弟の直治が
 いて、伊豆に移ってまもなく、直治が生きていて復員することを
 知らされます。
 
 しかし、直治も元貴族の子供。
 
 戦争に行く前は麻薬中毒で、母親は直治が薬を買うために作った
 借金を返すのに相当な期間かかったそうです。
 
 復員する前に直治の話を聞くと、戦地では阿片中毒になったという
 情報も入ってます。
 
 実際に直治が帰ってくると、穀潰しのごとく残り少ない財産を
 消費していきます。
 
 家の財産を持ち出し、東京に住んでいる小説家上原二郎のところへ
 身を寄せ、荒れ果てた生活を送ります。
 
 金がなくなると伊豆に帰ってきてお金を持って出て行きます。
 
 かず子は弟の直治の存在を通して東京の上原と出会い、よく分から
 ないですが上原に恋をしてしまいます。
 
 なんとなく無理矢理な展開です。
 
 財産もなくなりかけてきたところで、母親が結核にかかって亡く
 なってしまいます。
 
 それを追って、弟の直治も長い遺書を残して自殺してしまいます。
 
 そして、これも無理矢理な展開で、弟の自殺と前後してかず子は
 上原の子を身ごもります。
 
 あらすじをざっと書くと以上のようになります。
 
 お金持ちが没落していく様は良く分かりますが、物語が突飛すぎて
 なんとなく嘘くさいです。(小説に嘘くさいもなにもないですが...)
 
 とりあえず不幸を並べてみたのと、かず子も良く分からない性格
 をしていて、考えが突飛過ぎるような気がします。
 
 個人的には「人間失格」の方が好きです。





 文豪の作品ということで読んでみましたが、私の感受性が良く
 ないのか、あまり面白いとは思えませんでした。
 
 ただ、「走れメロス」も「人間失格」も面白かったので、もう少し
 別な作品も読んでみたいと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/698-5443a02b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。