訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学の教科書
哲学の教科書 (講談社学術文庫)哲学の教科書 (講談社学術文庫)
(2001/04)
中島 義道

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:哲学の教科書
 著者:中島義道
 出版:講談社学術文庫
 定価:1100円+税
 購入:ブックオフで600円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4061594818/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1332110%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 死を忘れるな!(Memento Mori!)
 第2章 哲学とは何でないか
 第3章 哲学の問いとはいかなるものか
 第4章 哲学は何の役にたつか
 第5章 哲学者とはどのような種族か
 第6章 なぜ西洋哲学を学ぶのか
 第7章 なぜ哲学書は難しいのか



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2001年4月に出版されています。
 
 1995年に出版された単行本の文庫版となります。
 
 著者は、元大学の教授で、専攻はドイツ哲学です。
 
 時間論、自我論、コミュニケーション論を専門としています。
 
 
 
 「哲学」とはどのようなものなのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)哲学とは何なのか?



 私に理解できるものなのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)哲学とは何なのか?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 哲学書を読んでみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●哲学とは何なのか?

▽哲学書が苦手な私が唯一読める哲学者がこの本の著者です。

 おそらく意識して一般の読者向けに言葉を選んで書いていると
 思われます。
 
 哲学書を理解したいがために、過去何度か入門書を探してチャ
 レンジしてみたのですが、入門書すら理解できずに投げ出して
 いました。
 
 なぜ投げ出してしまうのかというと、哲学の入門書を語る哲学者
 は、必ず「?はこう言った」「?がこう述べている」「?によると」
 という言葉で、過去の有名な哲学者の名前と、その著書を引用して
 語ります。
 
 ある哲学の入門書には「哲学書を理解するには、過去の偉大な
 哲学者が書いた哲学書を読んで覚えておく必要がある」と書いて
 ありました。
 
 だから「時間がかかる」と。
 
 確かに哲学を「研究する人」には、それが必要かもしれません。
 
 しかし、哲学書に何が書いてあるのか、著者が何を言わんとして
 いるのか、ということを知りたい私にとってみると、過去の偉大な
 哲学者が書いた哲学書を読む気はさらさらなく、過去に誰がどう
 いったのかなんて知りたくもないのです。
 
 哲学をする人にとっては、誰がどの著書で何を主張しているのか
 が重要らしいのですが、哲学者ではない私には、そんなことは
 知る必要がありません。
 
 著者が何をどう考えているのかが知りたいのです。
 
 哲学の入門書を読んでみると、先程も書いた「?によると」という
 過去の哲学者の頭の中で考えたことばかりで、著者の主張がほとんど
 見えてこない本があります。
 
 これが私が哲学書を嫌う理由の一つです。
 
 もう一つ別の理由は、その過去の偉大な哲学者の本でも、入門書
 でも何でも同じですが、「難しい言葉」を使って何かを語って
 いて、わざと分かりづらくしているようにしか思えないという
 ことです。
 
 聞いたこともない言葉を使って、わずか数行を読んだだけでも
 その数行が何を言わんとしているのか全然見えてこないのです。
 (これには理由があるらしいです)
 
 なぜわざわざ理解しづらいように書かなければならないのか、
 その理由が分からないのと、それがどうしても「言葉遊び」の
 ように思えてきます。
 
 「哲学」とは、自分の頭の中で思い描いている思考を、いかに
 余さず緻密に文章にするのか、ということではないのかと思って
 いるのですが、現実は違うみたいです。
 
▽何度も入門書に挑戦して、挫折しているということは、もしか
 したら選んでいる入門書が悪いのか?と他人に責任の責任にする
 ことにしました
 
 現在、唯一私が読むことができる哲学者が今回紹介する本の著者で、
 ブックオフでブラブラしている時に「哲学の教科書」という題名
 が目に入ってきたのと、著者が中島さんだったのできっと何とか
 なるはずと迷わず買ってしまいました。
 
 その結果はというと、私が予想していた通り、私にも理解できる
 言葉で哲学のことが書かれていました。
 
▽では、哲学とは何なのか、それを簡単に紹介したいと思います。

 最大の哲学問題は「死」なのだそうです。
 
 極言すると、人は死ぬために生まれてきます。
 
 2000年以上も昔から、死は人々にとって永遠のテーマでした。
 
 なぜなら「死」は体験することができないから。
 
 正確に言うと「死」を体験することはできますが、死んでからの
 様子をこの世にいる人たちに伝えることはできないし、たとえ
 少しでも体験できた人がいたとしても(つまり生き返ったということ)、
 万人が体験できるわけではないのです。
 
 人は確実に死んでしまう。
 
 そして死んでしまうと、確実に物質的な身体はこの世から消えて
 しまいます。
 
 だから物質世界にいる人々は「死んでしまうと全てが無になって
 しまう」と、死に恐怖を感じていました。
 
 しかも、死には苦痛が伴っているように見えてしまいます。
 
 「生老病死」と言われるように生きているのも苦痛が伴います。
 
 そして最終的には苦痛を伴った死が待っています。
 
 なぜそうなのか?ということを人は昔からずっと考えてきました。
 
 それが哲学の最大の問題となっているそうです。
 
 「死」をいかに考えるかということを、言葉を使ってとことん
 表現するのが「哲学」というもののようです。





 この本は、哲学とは何なのかということを、延々と書いている本
 です。
 
 ほんの少しだけ私の疑問が解決したように思います。
 
 正確に言うと、もしかしたら「入門書」ではないのかもしれません。
 
 ただ、哲学書の入り口としては最高の本ではないかと思われます。
 
 次回もう一度紹介します。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/694-ceaeeaa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。