訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD付[新版]生きがいの創造(10回目)
CD付[新版]生きがいの創造CD付[新版]生きがいの創造
(2003/03/20)
飯田 史彦

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:CD付[新版]生きがいの創造
 著者:飯田史彦
 出版:PHP研究所
 定価:2400円
 購入:ブックオフで1250円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569627943/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1539848%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 過去の人生の記憶
 第2章 人生のしくみ
 第3章 愛する故人とのコミュニケーション
 第4章 「永遠の生命」を科学する意味
 第5章 「ブレイクスルー思考」による生きがい論



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は2003年4月に出版されています。
 
 1996年6月に初版の単行本が出版されています。
 
 本の帯には「50万部を越えるベストセラーを全面改訂」とあり
 ます。
 
 「生きがいの創造」はかなり売れているようです。

 著者の本職は、「人間の価値観について研究する経営心理学者」
 と紹介されています。

 著書も多数あります。



 今回はどのような発見があるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)人生の自己計画とは?



 ここのところがけっこう重要です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)人生の自己計画とは?

 「この時、何度もの人生を通じて太いきずなを築き上げてきた、
 ほかの意識体たち(ソウルメイト)と相談しながら、次の人生を
 計画することが多いこともわかっています」
 
 「この相談の時、物質界での再会のチャンスをのがさないよう、
 互いの誕生の時と場所をきちんと打ち合わせておかなければなり
 ません」
 
 「被験者たちの証言によると、このような『グループ転生』は、
 ひんぱんに繰り返されており、互いに中が良い場合も悪い場合も、
 過去生に登場した人物と、ふたたびかかわりあることになるのだ
 そうです」

 「自分が解決しなければならない課題にふさわしい状況に身を
 置くために、わざわざ逆境を選択して生まれてくるように助言
 された被験者が、何人もいます」
 
 「ある女性は、こう証言しています。『指導役の意識体たちが、
 私に、次の人生では父親のいない家庭で育てられる体験を味わう
 べきだ、と助言してくれたのです。それに、この両親を選んだ
 ことによって、結婚相手となるべき男性と出会うために、理想的な
 立地条件におかれることも知ってました』」

 「生まれる前に立てた計画は、必ずしも、理想的なシナリオどおり
 に実行されるとは限りません。中間生で立てる計画は、いわば
 下絵のようなものであり、実際にこの物質世界に生まれて来ると、
 さまざまな制約や、自分でしかけておいた数々の試練がおそって
 くるため、理想的な下絵のとおりに絵を描くことは難しいののです」
 
 「その結果、悪い方悪い方へと選択肢を選んで、自分で仕掛けて
 おいた試練に負けてしまい、もっとも望ましくないシナリオを
 選んでしまうこともあるわけです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 何の心配もなく生きていこう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「人生の自己計画とは?」

▽この本の紹介も今回で10回目です。

 前回(Vol.666,2008/5/2配信分)に引き続き、「人生の自己計画」を
 紹介します。
 
 私たちの人生は、この世に生まれる前に自分自身で計画を立てる
 ことになっています。
 
 その人生設計は全てを自分一人(魂?)で計画するわけではなく、
 「指導役の意識体たち」の助言の元、前に終えてきた人生を振り
 返って反省し、生まれ変わった時の人生設計をたてることになり
 ます。
 
 つまり、私たちの人生は「全てが計画通り」ということになります。
 
▽人生の設計を行う場合、指導役の意識体たちの他にも、他の意識体
 たちと相談する場合もあるそうです。
 
 著者は言います。
 
 「この時、何度もの人生を通じて太いきずなを築き上げてきた、
 ほかの意識体たち(ソウルメイト)と相談しながら、次の人生を
 計画することが多いこともわかっています」
 
 「この相談の時、物質界での再会のチャンスをのがさないよう、
 互いの誕生の時と場所をきちんと打ち合わせておかなければなり
 ません」
 
 「被験者たちの証言によると、このような『グループ転生』は、
 ひんぱんに繰り返されており、互いに中が良い場合も悪い場合も、
 過去生に登場した人物と、ふたたびかかわりあることになるのだ
 そうです」
 
 現在、自分の周りにいる嫌な奴も、ウマが合う人も、たまにしか
 話す機会がない人も、全ては生まれる前に一緒に人生設計をして
 きた意識体たちなのです。
 
 日本には「袖振れ合うも多生の縁」という言葉があります。
 
 この言葉はまさに「グループ転生」のことを示しているのでは
 ないでしょうか。
 
 一生に一度しか会わない人もいるし、人生のある時点で深く関わり
 会う人もいるし、その時点で自分がある条件満たしていないと、
 大切な助言がもらえない場合もあります。
 
 「一期一会」という言葉は、人生で出会う人、出来事を大切に
 することによって、自分の人生に重要なメッセージがもらえるかも
 しれない、というような考えがあるからだと考えられます。
 
▽人生の計画は、様々なシチュエーションが考えられます。

 富と名声を得てとても幸せな人生を送る場合もあるし、何の変哲も
 ない普通の人生を送る場合もあるし、どん底の人生を送る場合も
 あります。
 
 著者は言います。
 
 「自分が解決しなければならない課題にふさわしい状況に身を
 置くために、わざわざ逆境を選択して生まれてくるように助言
 された被験者が、何人もいます」
 
 「ある女性は、こう証言しています。『指導役の意識体たちが、
 私に、次の人生では父親のいない家庭で育てられる体験を味わう
 べきだ、と助言してくれたのです。それに、この両親を選んだ
 ことによって、結婚相手となるべき男性と出会うために、理想的な
 立地条件におかれることも知ってました』」
 
 ということは、結婚相手は自分が生まれる前に、相手となる意識体
 (ソウルメイト)と相談して決めている、いわゆる「運命の赤い糸」
 というのが存在することにもなります。
 
 お互いに好きあって結婚したにもかかわらず、現在は憎み合って
 いる夫婦がいるかもしれません。
 
 これも、すべては人生の自己計画のとおりなのです。
 
 問題は、その時点から何を選択するかです。
 
 自分が計画している人生は、「シナリオが一つだけ」ということは
 ありません。
 
 その時点での選択によって、さまざまなシナリオを用意しています。
 
 著者は言います。
 
 「生まれる前に立てた計画は、必ずしも、理想的なシナリオどおり
 に実行されるとは限りません。中間生で立てる計画は、いわば
 下絵のようなものであり、実際にこの物質世界に生まれて来ると、
 さまざまな制約や、自分でしかけておいた数々の試練がおそって
 くるため、理想的な下絵のとおりに絵を描くことは難しいののです」
 
 「その結果、悪い方悪い方へと選択肢を選んで、自分で仕掛けて
 おいた試練に負けてしまい、もっとも望ましくないシナリオを
 選んでしまうこともあるわけです」
 
 つまり、人生には様々な選択肢が用意されていて、何を選択するか
 によって、計画した人生のどの部分を歩むことになるのかが決まる
 のです。
 
 現在、過酷な人生を送っている人も、楽な人生を送っている人も
 人生のある時点でいくつもの選択肢があった場面で、そうなるべく
 選択してきたため、現在の人生があるのです。
 
 しかし、どの人生も間違いではありません。
 
 悪い選択をしたとしても、あくまでも人生計画通り、あらゆる
 選択をしてきた結果として現在の人生があります。
 
▽「計画通り」と書くと、例えば先日起きた「秋葉原通り魔事件」
 では、犯人と被害者は何の面識もない人たちで、偶然その場に
 居合わせたために被害にあってしまったとしか思えない場合が
 あって、矛盾を感じてしまいます。
 
 何の恨みもないはずですが、運悪く事件に巻き込まれてしまい
 被害者の遺族はやりきれない思いが多々あることと思います。
 
 しかし、この事件を人生の自己計画にあてはめて考えてみると
 人生に「偶然」はないですから、計画の一部であることに間違いは
 ないです。
 
 この事件に関連する人たち、犯人、被害者、被害者の家族や遺族、
 友人、知人すべての人が大きな人生計画の中で起きた事件だと
 考えられなくもないのです。
 
 そこで、事件に関連した人たちが何を感じ、何を選択し、何を
 学ぶのか?
 
 過酷な人生ではありますが、そういったことも人生の計画の一部
 なのではないかと思われます。
 
 被害者に関わるひとたちにとっては到底納得できないことでは
 あると思いますが...





 「人生の自己計画」は、個人的にはこの本の中で最も重要な部分
 だと思います。
 
 このことを知ったため、人生に関する漠然とした「恐れ」がなく
 なってしまいました。
 
 物質界でどん底の人生でも、人生を失敗しているわけではない
 ことがわかっただけで気が楽になりました。
 
 人生に失敗はありません。
 
 全ては自分で計画した通りです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/688-c72747c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【2003】についてブログや通販での検索結果から見ると…

2003 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると… 気になるワードを詳しく検索!【2008/06/12 05:30】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。