訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異邦人
異邦人 (新潮文庫)異邦人 (新潮文庫)
(1954/09)
カミュ窪田 啓作

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:異邦人
 著者:カミュ
 出版:新潮文庫
 定価:400円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4102114017/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1618654%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※目次はありません。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、昭和29年9月に出版されています。
 
 かなり長く読まれている本です。
 
 著者は、アルジェリア出身の作家で、ノーベル文学賞を受賞して
 います。
 
 著書も多数あります。



 何を語っているのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)不条理とは?



 感情が伴わない人の物語です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)不条理とは?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「不条理」とは?

▽今回紹介する本の著者はノーベル文学賞作家です。

 この本の他に、有名なのは「ペスト」や「転落」等たくさんある
 そうです。
 
 また、戯曲やエッセイ・評論も書いています。
 
 今回の本のテーマは「不条理」です。
 
 不条理とは何でしょうか?
 
 ウィキペディアで調べてみると次のように書かれています。
 
 「不合理であること、あるいは常識に反していることを指す」
 
 「不条理とは何よりもまず高度の滑稽である」
 
 「なんらかのものあるいは人とうまく調和しないことを意味する」
 
 「不条理な行動とは通常の予測を外れた行動であり、不条理な
 推論とは非論理的な推論である」
 
 簡単に言うと、常識的ではない言動のことを「不条理」という
 みたいです。
 
 不条理について書かれた代表作が、今回紹介する「異邦人」や
 「ペスト」のようです。
 
▽物語のあらすじを簡単に紹介します。

 主人公は、アルジェリアに住む「ムルソー」という男性で、この
 男性は物事に対する感じ方が他人とは少し違っています。
 
 世間一般の常識とは違う考え方をしていて、そのため他人と感情を
 共有することが難しい人です。
 
 どうやらそのことを「不条理」と呼んでいるみたいです。
 
 物語は「きょう、ママンが死んだ」で始まっていて、この出だしの
 訳が有名らしいです。
 
 ある日、ムルソーの母親が入っている養老院から、母親が死んだ
 という内容の電報が届きます。
 
 取り急ぎ養老院へ行ったムルソーは通夜や葬儀の時に涙を見せる
 どころか、自分の母親の死に対して普通の人が持つ感情がわから
 ない人でした。
 
 ムルソーは葬儀が終了した直後の休日に、海辺で昔同じ職場で
 働いていた女性(マリイ)に再会し、関係を持ってしまいます。
 
 また、ムルソーが住んでいるアパートの住人に「レエモン」という
 女衒(ぜげん)をしている男性がいて、レエモンが「騙された」
 という女性に対して復讐するためのアイディアを出してしまいます。
 
 レエモンがその女性に復讐し殴ってしまったため、その女性の
 家族?であるアラビア人にムルソーともどもつけ回されてしまい
 ます。
 
 ある日、ムルソーとマリイ、レエモンとレエモンの友人夫婦が
 海水浴をしていると、例のアラビア人が復讐に現れます。
 
 ムルソーとレエモン、2人のアラビア人はもみ合いになり、一旦
 分かれますが、たまたまムルソーがレエモンの拳銃を持って歩いて
 いる時に、先程のアラビア人の一人に出会ってしまい、ムルソーは
 「偶然」アラビア人を射殺してしまいます。
 
 一発撃った後、冷静に4発打ち込んでしまいます。
 
 この辺にも「不条理」な感情が現れていて、人を殺すのにも感情の
 揺れがあまりなく、殺した後も冷静でいることができます。
 
 殺人罪で逮捕されたムルソーは判事に取り調べを受けますが、
 母親の死から殺人までの行動や言動の取り調べで、その不条理な
 感情が「冷酷」と判断されてしまいます。
 
 判事は「キリスト教」の教えに基づいて、「人間は罪を犯すと
 悔い改めるはずだ」といった認識を持っていますが、ムルソーは
 母親が死んでも、人を殺しても無感情で、他人の言動に対して
 無関心で共感することができない冷酷な人間だと思われてしまう
 のです。
 
 ムルソーは取り調べはもとより、自分自身の裁判に対しても無関心で
 「早く終わってほしい」くらいにしか思っていません。
 
 裁判の終わりの方で、人を殺した動機に対して「太陽が眩しかった
 から」と答えてしまいます。
 
 本人にとってはその通りの表現なのですが、不条理ではない判事
 や陪審員、裁判官には「冷酷」としか映らなかったのです。
 
 裁判の結果、ムルソーは異例の「死刑」が宣告されてしまいます。
 
 しかし、ムルソーは死刑にすらあまり感心を示さず、また「特赦
 請願」も行わなかったため死刑が確定してしまいます。
 
 刑務所ではキリスト教の司祭がムルソーの元を訪れ、キリスト教の
 教えに基づいて「悔い改めるように」諭します。
 
 しかし、神の存在を否定しているムルソーは押しつけがましい
 司祭の言葉を一切聞き入れず、「私は神のことで時間を無駄に
 したくなかったのだ」という考えのもと、とうとう司祭に向かって
 怒りをぶちまけてしまいます。
 
 「消えてなくならなければ焼き殺すぞ」
 
 そう言い放ったムルソーの望みは「私の処刑の日に大勢の見物人が
 集まり憎悪の叫びをあげて私を迎えることだった」のです。





 この本は、不条理な心情といいますか、他人と感情を共有できない、
 かなり生きづらいと思われる人を主人公にした小説です。
 
 淡々と進んでいく物語は、主人公の語りであるにもかかわらず、
 感情の起伏がなく、司祭に怒りをぶちまけたのが唯一感情が表に
 出た場面でした。
 
 面白いと言えば面白いですが、とても面白いか?と聞かれると
 そうでもないです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/683-10e7c6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。