訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奪われし未来(2回目)
奪われし未来奪われし未来
(2001/02)
シーア コルボーン、ジョン・ピーターソン マイヤーズ 他

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:奪われし未来(増補改訂版)
 著者:シーア・コルボーン、ジョン・ピーターソン・マイヤーズ、
    ダイアン・ダマノスキ
 出版:翔泳社
 定価:1400円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4881359851/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1312788%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第一章 前兆
 第二章 有毒の遺産
 第三章 化学の使者
 第四章 ホルモン異常
 第五章 子孫を絶やす五〇の方法
 第六章 地の果てまで
 第七章 シングルヒット
 第八章 ここにも、そこにも、いたるところに
 第九章 死の年代記
 第十章 運命の転機
 第十一章 がんだけでなく
 第十二章 わが身を守るために
 第十三章 不透明な未来
 第十四章 無視界飛行
 第十五章 「奪われし未来」以後の世界
 第十六章 未来を奪われないために



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2001年1月に出版されています。
 
 1997年10月に出版された同名の本の「増補改訂版」です。
 
 著者の一人、シーア・コルボーンはWWF(世界自然保護基金)の
 科学顧問で内分泌系攪乱化学物質の専門家です。
 
 もう一人、ジョン・ピーターソン・マイヤーズは、環境保護と
 核戦争廃絶に取り組む私立財団の代表をしています。

 そしてもう一人、ダイアン・ダマノスキは、アメリカの新聞に
 米国内外の環境問題に関する記事を執筆しているジャーナリスト
 です。



 生物には未来はないのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)何か手はあるのか?



 あるにはありますが...



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)何か手はあるのか?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分に何ができるか考えてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「何か手はある」のでしょうか?

▽人類が自らの発展(後退?)のために進めてきた科学技術の進歩
 によって地球上にばらまかれた合成化学物質は、主に生物の生殖
 機能に作用し、精子数の減少や生殖器官の奇形、オスのメス化等々
 生物が次の世代に伝えるべき個体を作り出せない状況が起きてい
 ます。
 
 合成化学物質は、大量に摂取すると人体に影響を及ぼすわけでは
 なく、ごく微量でも、生物が成長する特定の時期に「暴露(ばくろ
 :合成化学物質に身体が触れること)」すると、将来、生殖機能に
 影響が出てくるのです。
 
 人間にも同じ影響が見られ、さながら世界は合成化学物質による
 動物実験の様相を呈しています。
 
 母親の体内に取り込まれた微量の合成化学物質は、成長途中の
 胎児に濃縮され蓄積されます。
 
 運良く成長の特定の時期に合成化学物質に触れることがなかった
 としても、その後に母親の体内に取り込まれた合成化学物質は
 母親の母乳を通して、さらに濃縮して子どもの体内へ蓄積されて
 しまうのです。
 
 これらの物質は一度取り込まれたら、自然には排出されません。
 
 その生物が生きて、生殖を繰り返す毎に濃縮され代々受け継がれ、
 やがてどこかの世代で生殖機能に影響が出てしまい、子孫を残せ
 なくなってしまいます。
 
 まさに「奪われし未来」です。
 
▽また、食物連鎖の頂点にいる生物ほど、暴露する合成化学物質の
 濃度は高く、したがって生殖機能に影響が出る可能性も高くなり
 種の絶滅も考えられます。
 
 しかも、合成化学物質は、発生源に近い場所が影響を受けるだけ
 でなく、食物連鎖によって蓄積され伝わっていくために、例えば
 日本で垂れ流された合成化学物質が、巡り巡ってホッキョクグマの
 体内に取り込まれることもあります。
 
 本にも書いてありましたが、合成化学物質にさらされていない人
 を見つけようと、エスキモーが住んでいる村を訪ねて調査した
 ところ、発生源の近くに住んでいる人たちよりも、高濃度に汚染
 されていることが分かったこともあったそうです。
 
 つまり、特定の地域だけが汚染されるわけではなく、どちらかと
 いうと割を食うのは全く関係のない地域に生息している生物だった
 りするのです。
 
 この本が最初に出版されたのは1997年、今から約10年くらい
 前の話です。
 
 そして例によって例の如く、この10年で状況が改善されたとは
 思えません。
 
▽この本に書いてあるようなことを学会に発表したり、本に書いて
 出版しようとすると、必ず横やりがはいるそうです。
 
 「こんなものはでっちあげだ」とか、
 
 「何の根拠もない嘘だ」
 
 といった、それこそ何の根拠もない指摘を受けるそうです。
 
 マスコミだったり、実際に合成化学物質を作っている企業だったり
 役人だったり、同業者だったり...
 
 合成化学物質による生物への影響は、「がん」のように目に見える
 影響ではありません。
 
 「がん」は生物個体の死が目の前に迫っていることなので、もちろん
 本人にとっても家族にとっても大変なことではありますが、合成
 化学物質による生物の影響は、時間が掛かる上に、影響は広範囲
 で、しかも生物種の存続に関わってくることなのです。
 
 その影響が出るのは比較的時間が経ってからであるため、なかなか
 科学者等の研究の対象にはならないそうです。
 
 また、合成化学物質は単体で生物に作用するものもありますが、
 恐いのは、組み合わせによって何が起きるのか分からないこと
 です。
 
 そして、地球上に出回っている合成化学物質は何十万種類あるか
 分からないそうです。
 
 その組み合わせを考えると...
 
 調査しようがないかもしれません。
 
▽未来を奪われないために、何か打つ手はあるのでしょうか?
 
 この本では1章を割いて「わが身を守るために」と、その対処
 方法が書かれています。
 
 詳細は書きませんが、以下の3点が不可欠と書かれています。
 
 1.科学的研究
 
 2.企業による化学物質、製造過程、製品の見落としと政府に
   よる新たな環境政策
 
 3.各個人による家族ぐるみの自衛策
 
 詳細を読んでみても、前途は暗いです。





 何か対策がないのか?と心配しながら読み進めてみると、著者
 たちの提言は書かれていて、その一つ一つに納得できるのですが、
 その実現性はかなり低いのではないかと思います。
 
 私たちの現在のライフスタイルから見直していかないと合成化学
 物質の影響はなくなりません。
 
 各個人一人ひとりの考え方を変えるしかないのです。
 
 それが一番難しいのかもしれません。




最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/670-471787a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。