訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の環境危機地帯を往く
世界の環境危機地帯を往く世界の環境危機地帯を往く
(2001/04)
マーク ハーツガード

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:世界の環境危機地帯を往く
 著者:マーク・ハーツガード
 出版:草思社
 定価:2800円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4794210345/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1336215%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 序 章 魔法つかいの弟子を演じる
 第1章 「…われわれはまだここにいるのです」
 第2章 自動車が欲しくてたまらない
 第3章 核の灯台へ
 第4章 「腹の皮がつっぱっているんだね」
 第5章 人口はどれほど問題なのか?
 第6章 「持続可能な開発」と資本主義の勝利
 第7章 希望を抱いて
 終 章 別の時代から来た使者



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、2001年4月に出版されています。
 
 著者は、アメリカのジャーナリストで、多数の新聞・雑誌へ寄稿
 している人です。
 
 著書が何冊かあります。



 豊かさと引き替えに人が手に入れたものとは?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)世界の環境破壊はどの程度か?



 最悪の状態です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)世界の環境破壊はどの程度か?

 「アフリカの食糧難の原因はさまざまだが、その最たるものは、
 アフリカ大陸の際だった特徴である極度の貧困と劣悪な気候だ」
 
 「統治者がしばしばはたらく横領と、世界経済に無理強いされた
 不公平な貿易や金融協定は言うにおよばない。毎年、サハラ以南の
 アフリカ諸国は、西欧の金融機関に負債の利息としておよそ120
 億ドルを支払っている」
 
 「それだけの金があれば、アフリカ全土が差し迫って必要として
 いる食料、健康、教育、家族計画に使ってもお釣りがくるだろうに」
 
 「しかし、こうした貧困の根本原因をしばしば全面的な飢饉へと
 発展させる者は、戦争である」

 「マヤークはおそらく、広島と長崎の原爆投下以来、史上最大の
 核の大惨事が起こった現場だろう。マヤークではこれまで3回の
 核災害が起こり、その被害は1986年にチェルノブイリで起こった
 原子炉のメルトダウンに匹敵し、ことによるとそれを上回った
 かもしれない」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分から何かを始めよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「世界の環境破壊はどの程度」なのでしょうか?

▽おそらく人類は、現在考えられているよりもかなり以前からこの
 地球上に存在しています。
 
 そして、何千年か、何万年か、何十万年かかけて、ある程度の
 文明を作り、何らかの原因でその文明を何度も何度も滅亡させて
 きたのではないかと思われます。
 
 その原因の一つは、地球は宇宙の法則に則った「無常」の世界に
 存在するため、長い年月をかけて天変地異が地球を襲ったり、
 洪水等で文明が一瞬にして滅んだりしたのではないかと思います。
 
 他の原因の一つは、文明の「間違った」発展のために、地球の
 環境を破壊し、最終的に人間が住めない星にしてしまったのでは
 ないかと考えられます。
 
 そういったことが地球上では幾度となく繰り返されてきたのでは
 ないでしょうか。
 
▽そして現在、地球の環境は最悪の状態にあるみたいです。

 この本が書かれたのが2001年4月。
 
 今から7年前に出版されています。
 
 著者は6年間、全世界の環境危機地帯を渡りあるいてこの本を
 書いています。
 
 ということは、現在から7?13年前の世界の状況をレポート
 した内容となっています。
 
 そして現在、世界の環境破壊は、その時点より改善されているとは
 到底思えないです。
 
 中国等の経済発展等に伴いさらに悪化しているのではないかと考え
 られます。
 
▽日本でも、環境破壊は進んでいます。

 都市部の空気の汚れや、不法投棄、ゴミの問題、核施設の事故等々
 数え切れないくらいの環境破壊が行われています。
 
 そして、日本人の生活のために、途上国の森林は大量に伐採され
 さらに地球の環境破壊を加速させています。
 
 これでも日本はまだましな国みたいです。
 
 水道の水は飲もうと思えば飲めるし、都市部を離れれば空気は
 まだまだ澄んでいます。

 したがって、日本で生活していると世界各地の環境危機というのが
 なかなか見えてきません。
 
▽世界各地では何が起きているのでしょうか?

 サハラ砂漠以南のアフリカでは、人々は慢性的な栄養失調に苦しん
 でいます。
 
 先進諸国では、毎日毎日食料が捨てられているにもかかわらず、
 一方で、スーダンという国は4人に1人が餓死の危険にさらされて
 います。
 
 著者は言います。
 
 「アフリカの食糧難の原因はさまざまだが、その最たるものは、
 アフリカ大陸の際だった特徴である極度の貧困と劣悪な気候だ」
 
 「統治者がしばしばはたらく横領と、世界経済に無理強いされた
 不公平な貿易や金融協定は言うにおよばない。毎年、サハラ以南の
 アフリカ諸国は、西欧の金融機関に負債の利息としておよそ120
 億ドルを支払っている」
 
 「それだけの金があれば、アフリカ全土が差し迫って必要として
 いる食料、健康、教育、家族計画に使ってもお釣りがくるだろうに」
 
 「しかし、こうした貧困の根本原因をしばしば全面的な飢饉へと
 発展させる者は、戦争である」
 
 こうした国では、まともな飲料水が存在しないため、飢餓と劣悪な
 飲料水による病気が蔓延しています。
 
▽また、自動車による大気汚染も世界各国で深刻な問題となっています。

 タイのバンコクの空気は汚染がひどくて、まるで感触があるような
 感じなのだそうです。
 
 著者が乗ったタクシーの窓を下げると「胸が悪くなるほどの嫌な
 科学臭のするねっとりとした汚い空気」が流れ込んできたそうです。
 
 そして、自動車による環境破壊は、空気だけではありません。
 
 渋滞による「騒音」もかなりひどいみたいです。
 
 自動車による大気汚染は、バンコクだけではなく、世界各国どこに
 でも見られる環境破壊です。
 
 地球温暖化の一番の原因は自動車です。
 
 そして、その自動車を世界中の人々が欲しがっているのです。
 
▽自動車による大気汚染も深刻な問題ですが、核による環境破壊も
 相当なものです。
 
 核と言えば、旧ソ連。
 
 「チェルノブイリ原発」という言葉はかなり有名で多くの人が
 知っています。
 
 しかし、これはゴルバチョフ時代の「グラスノスチ(情報公開)」
 によって、世界に報道されたもので、それ以前に核施設で起きた
 事故は情報開示されていません。
 
 「チェリャビンスク」という所では、かなりの事故が起きたみたい
 です。
 
 ここは、冷戦時代に「マヤーク(灯台)」というコードネームで
 呼ばれていた工業団地で、ソ連の地図には載っていない都市で、
 「地球上で最も汚染された地点」と呼ばれているそうです。
 
 著者は言います。
 
 「マヤークはおそらく、広島と長崎の原爆投下以来、史上最大の
 核の大惨事が起こった現場だろう。マヤークではこれまで3回の
 核災害が起こり、その被害は1986年にチェルノブイリで起こった
 原子炉のメルトダウンに匹敵し、ことによるとそれを上回った
 かもしれない」
 
 「放射能」は無色無臭で目に見えないだけに、どのような環境
 破壊が起きているのか見た目には分かりません。
 
 でも、一番おそろしいのが核の被害かもしれません。
 
 
 人類は滅亡に向かって全力疾走しているようにしか思えないです。





 この本に書かれている内容は、著者が直接現場に行って取材を
 して書いたものなので、説得力があります。
 
 環境破壊は、その被害を実際に目の当たりのしないとなかなか
 実感できないと思われます。
 
 日本にいて「環境破壊」を訴えてもあまり説得力がありません。
 
 いっそのこと、環境破壊が一番進んでいる地域で「環境会議」を
 開催してみるといいかもしれません。
 
 次回、もう少しこの本を紹介させて頂きます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/663-59ace9be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。