訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮 絶望収容所
北朝鮮絶望収容所―完全統制区域の阿鼻地獄北朝鮮絶望収容所―完全統制区域の阿鼻地獄
(1997/05)
安 明哲、池田 菊敏 他

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:北朝鮮 絶望収容所
 副題:完全統制区域の阿鼻地獄
 著者:安明哲
 出版:KKベストセラーズ
 定価:1600円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4584182876/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1157587%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 序章 完全統制区域11号
 1章 無慈悲たれ
 2章 人の脂をしぼる谷
 3章 風、風、風の歌声
 4章 秘密処刑場
 5章 悲しき姉弟相姦
 終章 自由への渡河



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、1997年5月に出版されています。
 
 著者は、北朝鮮で政治犯強制収容所で新兵として教育を受け、
 収容所の警備隊員として勤務していた人で、1994年9月に
 単身北朝鮮を脱出し、中国経由で韓国へ亡命しています。
 
 著書はこの他に1冊あります。



 北朝鮮とはどのような国なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)強制収容所とはどのような所なのか?



 まだこんな場所があったんですね。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)強制収容所とはどのような所なのか?

 「北では、罪はどこにでも落ちている。金日成と金正日に尊称を
 使わなかったり、越南したり、日帝(日本統治下)時代に良い
 生活をしたり、金日成のバッジを落としたり汚したり、神である
 金日成・金正日以外の神を信じたり、日本からの帰国者(在日同胞)
 たちが資本主義思想、あるいは日本での風習を捨てられなかったり、
 配給所に米がないのを知らされて、『社会主義体制というのは
 米もろくにくれないのか』とつぶやいたりすれば、もうそれだけで
 罪になるのだ」
 
 「本人はもちろんのこと、幼い子どもまで含めたその家族全員が
 一夜にして消え去る。一度は入れば再び生きては出られない
 『完全統制区域』に収容されるのだ。そこからは、死体になって
 さえも出られない」
 
 「『完全統制区域』で命を長らえる方法は一つしかない。それは、
 人間であることを捨てることだ。保衛員と警備隊員たちに奴隷
 同様に扱われ、それでも犬ころのようにしっぽを巻き、しっぽを
 振らねなければ生きていけないのだ」
 
 「年老いた政治犯が、保衛員家族の子どもに対して『先生様』と
 ていねいにお辞儀をしなければ殴打され、少しでも反抗すれば
 残忍な処罰を受け、ささいな“罪”によって虫けらのように
 殺されてしまう場所?それが北朝鮮の政治犯収容所なのである」
 
 「政治犯たちの血と汗を搾り取り、過酷な労働と無慈悲な弾圧で
 私腹を肥やす保衛員たち。彼らは現代版の悪代官、悪徳地主、
 いや、この世に現れた悪鬼そのものなのだ」
 
 「これがまさに北朝鮮の現実であり、数知れない処刑と殺人で
 罪のない人々の血が、今もその地で流され続けている。第二次
 世界大戦のナチスドイツ、ヒトラーも顔負けの現代版アウシュ
 ビッツ、それが北朝鮮政治犯収容所『完全統制区域』の実体なの
 である」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「強制収容所とはどのような所」なのでしょうか?

▽近くても一番遠い国、それが現在の日本人にとって北朝鮮の印象
 ではないかと思います。
 
 テレビや新聞ではたびたび北朝鮮のことが報道されていますが、
 どこまでが正しい情報で、どこまでが嘘の情報なのかまったく
 分かりません。
 
 北朝鮮の正式な国名は「朝鮮民主主義人民共和国」と言います。
 
 ウィキペディアで調べてみると、日本は北朝鮮を国家としては
 認めてないとのこと。
 
 日本が国家として認めてなくても、事実上北朝鮮という国は存在
 しています。
 
 この北朝鮮という国は、報道等の限られた情報源から知る限り、
 「とんでもない国」という印象しかありません。
 
 本当はどのような国なのか、普通の日本人には分かりようがないと
 思われます。
 
 現在、報道されている内容がどのくらい正しいのか分かりませんが、
 事実だけ並べてみても、やっぱり「とんでもない国」としか言い
 ようがないです。
 
▽今回紹介する本を読むと、「今どき本当のことなの?」と疑い
 たくなるようなことばかり書いてあります。
 
 第二次大戦時のナチスドイツが作った強制収容所を彷彿とさせる
 北朝鮮の「政治犯収容所」が存在するみたいです。
 
 この本の著者は、北朝鮮の政治犯収容所の警備隊員だった人で、
 収容所の内情をよく知っています。
 
 北朝鮮は形式上は金正日(キムジョンイル)総書記を党首とする
 朝鮮労働党による一党独裁体制の国です。
 
 「政治犯」の収容所ですから、思想的に朝鮮労働党に従わない
 人たちが収容される刑務所かと思うと、実はそうではありません。
 
 そこに収容される人たちは「政治的犯罪」を犯した人たちでは
 ないようです。
 
 地主であった者、宗教家だった者、親日派と見なされた者、
 「解放」前に日本に住んでいてその後北朝鮮に「里帰り」した者、
 朝鮮戦争のときに現在の韓国にいてその後北越してきた者等が、
 「スパイ」の汚名を着せられ「政治犯」として収容所に送り込ま
 れてきたのです。
 
 日本は戦後、1950年代から1984年にかけて、北朝鮮を
 「地上の楽園」と称して、在日朝鮮人とその家族による日本から
 北朝鮮への集団的な永住帰国「在日朝鮮人の帰還事業」を行い
 ました。
 
 朝鮮総連が推進した運動で、多くの人たちが「地上の楽園」を
 目指して北朝鮮へ帰国しています。
 
 1984年というと、24年前なので、私が高校生の頃まで帰国
 事業が行われていたみたいです。
 
 地上の楽園へ行ったはずの人々はどうやら北朝鮮で「スパイ」
 とみなされ「政治犯強制収容所」へ送り込まれたみたいです。
 
 北朝鮮では、「政治犯」は本人だけではありません。
 
 その罪(?)を子と孫の代にまで及ぼしてしまいます。
 
 たとえ高い地位に就いていたとしても、その人が何らかの失敗を
 して「政治犯」と見なされると、その人の家族、孫に及ぶまで
 全員が「政治犯」とされ強制収容所へ送られてしまうのです。
 
 自分の父親が高い地位の人で、その部下に対し鼻先であしらって
 いたその娘が、父親の失脚とともに政治犯とみなされ、強制収容所
 に入れられ、その部下たちから執拗に暴行を加えられる、という
 場合もあったみたいです。
 
▽「政治犯強制収容所」には、大きく分けて二つの種類があるそう
 です。
 
 一つは「革命化区域」、もう一つが「完全統制区域」と呼ばれて
 います。
 
 「革命化区域」は、更正の余地がある政治犯が収容される場所で、
 「自らの誤った考えを深く反省し、革命思想が十分身についた」と
 見なされた者だけが出所できます。
 
 一方の「完全統制区域」は、絶対に出られることはないし、恩赦の
 可能性も全くありません。
 
 権力者たちが社会から抹殺したいと思う人とその家族たちが収容
 される場所なのです。
 
 「完全統制区域」に収容された人たちは、死ぬまで出所できません。
 
 たとえ死んだとしても、完全統制区域内に埋められるか放置されて
 しまうため、「死んでも出られない」場所なのです。
 
 著者はこの「完全統制区域」のことを次のように書いています。
 
 「北では、罪はどこにでも落ちている。金日成と金正日に尊称を
 使わなかったり、越南したり、日帝(日本統治下)時代に良い
 生活をしたり、金日成のバッジを落としたり汚したり、神である
 金日成・金正日以外の神を信じたり、日本からの帰国者(在日同胞)
 たちが資本主義思想、あるいは日本での風習を捨てられなかったり、
 配給所に米がないのを知らされて、『社会主義体制というのは
 米もろくにくれないのか』とつぶやいたりすれば、もうそれだけで
 罪になるのだ」
 
 「本人はもちろんのこと、幼い子どもまで含めたその家族全員が
 一夜にして消え去る。一度は入れば再び生きては出られない
 『完全統制区域』に収容されるのだ。そこからは、死体になって
 さえも出られない」
 
 「『完全統制区域』で命を長らえる方法は一つしかない。それは、
 人間であることを捨てることだ。保衛員と警備隊員たちに奴隷
 同様に扱われ、それでも犬ころのようにしっぽを巻き、しっぽを
 振らねなければ生きていけないのだ」
 
 「年老いた政治犯が、保衛員家族の子どもに対して『先生様』と
 ていねいにお辞儀をしなければ殴打され、少しでも反抗すれば
 残忍な処罰を受け、ささいな“罪”によって虫けらのように
 殺されてしまう場所?それが北朝鮮の政治犯収容所なのである」
 
 「政治犯たちの血と汗を搾り取り、過酷な労働と無慈悲な弾圧で
 私腹を肥やす保衛員たち。彼らは現代版の悪代官、悪徳地主、
 いや、この世に現れた悪鬼そのものなのだ」
 
 「これがまさに北朝鮮の現実であり、数知れない処刑と殺人で
 罪のない人々の血が、今もその地で流され続けている。第二次
 世界大戦のナチスドイツ、ヒトラーも顔負けの現代版アウシュ
 ビッツ、それが北朝鮮政治犯収容所『完全統制区域』の実体なの
 である」
 
 この時代にまだこんな場所があったんですね。





 この本は、北朝鮮の実体の一部を暴いた内容となっています。
 
 著者がたまたま働いていたのが政治犯強制収容所で、その実状が
 暴露されたわけですが、北朝鮮という国には、おそらくもっと
 隠された部分がたくさんあると思われます。
 
 次回もう一度、強制収容所で何が行われていたのかを紹介したいと
 思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/651-02fde4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。