訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7つの習慣
7つの習慣―成功には原則があった! 7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー、ジェームス スキナー 他 (1996/12)
キングベアー出版

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:7つの習慣
 副題:成功には原則があった!
 著者:スティーブン・R・コヴィー
 出版:キング・ベアー出版
 定価:2000円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1部 パラダイムと原則について
      インサイド・アウト
      人生の扉を開く「7つの習慣」
 第2部 私的成功
     第一の習慣 主体性を発揮する
      自己責任の原則
     第二の習慣 目的を持って始める
      自己リーダーシップの原則
     第三の習慣 自己管理の原則
      自己管理の原則
 第3部 公的成功
      相互依存のパラダイム
     第四の習慣 WinWinを考える
      人間関係におけるリーダーシップの原則
     第五の習慣 理解してから理解される
      感情移入のコミュニケーションの原則
     第六の習慣 相乗効果を発揮する
      創造的な協力の原則
 第4部 再新再生
     第七の習慣 刃を研ぐ
      バランスの取れた自己再新再生の原則
      再びインサイド・アウト
 付 録


──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は1990年に出版され、全世界で1000万部以上売れ
 ているそうです。すごいですね。
 
 日本では1996年12月に出版されています。
 
 著者は紹介文によると「世界で最も影響力のあるビジネスの思想
 家と評価されている」そうです。

 いまだにビジネス書のベストセラーに入る本とはどのような本な
 のでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)インサイド・アウトとは?
 2)原則中心のパラダイムとは?
 3)第一の習慣とはどのような習慣なのか?
 4)第二の習慣とはどのような習慣なのか?
 5)第三の習慣とはどのような習慣なのか?
 6)第四の習慣とはどのような習慣なのか?
 7)第五の習慣とはどのような習慣なのか?
 8)第六の習慣とはどのような習慣なのか?
 9)第七の習慣とはどのような習慣なのか?



 「原則」という言葉がたくさん出てきます。
 原則とは何なのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)インサイド・アウトとは?

 「インサイド・アウトとは、自分自身の内面(インサイド)を変
 えることから始めるということであり、自分自身の根本的なパラ
 ダイム、人格、動機などを変えることから始めるということである」

 2)原則中心のパラダイムとは?

 人間の基本的な法則を中心に据えたものの見方(世界観)と言え
 そうです。
 
 「私たちの持つパラダイム、頭の中に描く地図が、こうした原則
 や自然の法則に一致すればするほど、それは正確かつ機能的なも
 のになる」



 ※以下、次回以降の紹介となります。
 
 3)第一の習慣とはどのような習慣なのか?
 4)第二の習慣とはどのような習慣なのか?
 5)第三の習慣とはどのような習慣なのか?
 6)第四の習慣とはどのような習慣なのか?
 7)第五の習慣とはどのような習慣なのか?
 8)第六の習慣とはどのような習慣なのか?
 9)第七の習慣とはどのような習慣なのか?



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【自分の原則を作ってみよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「インサイド・アウト」とはどのようなことなのでしょ
 うか?
 
▽「インサイド・アウト」の説明をする前に、この本で良く出てくる
 言葉の説明をします。

 ・原則
 …人格主義では「成功」とやばれるような人生には、その裏付け
  となる原理原則(以下、原則と呼ぶ)があり、その原則を体得
  し人格に取り入れる以外に、人が真の成功を達成し、永続的な
  幸福を手に入れる方法はないと教えている。
  
 …人間の生活における自然の法則
 
 …地球上どこでも普遍であり、時間を超えて不変であり、つまり
  それは絶対的なものである。
  
 …単語を並べると次のようになる。
  公正さ、誠実、正直、人間の尊厳、奉仕、貢献、可能性、忍耐、
  犠牲、勇気

 ・パラダイム
 …世界観をつくり出すレンズであり、したがって、非常に力強い
  ものである。著しい変換をもたらすにはパラダイム転換の力が
  必要。
  
 …正しくても間違っていても、私たちのパラダイムこそが私たち
  の行動や態度の源であり、やがては人間関係のあり方まで決め
  てしまうものである。

▽それでは「インサイド・アウト」とはどのようなことなのでしょうか?

 「インサイド・アウトとは、自分自身の内面(インサイド)を変
 えることから始めるということであり、自分自身の根本的なパラ
 ダイム、人格、動機などを変えることから始めるということである」
 
 つまり、人が変わるのを期待するのではなく、まずは「自分が変
 わる」ということです。
 
 自分自身を改善せずに他の人との関係を改善しようとすることは
 意味のないことなのです。

 例をあげると、以下のようになります。
 「人から信頼されたければ、信頼のある人になることである」

 問題を自分の外に求めるのではなく、自分自信に求める事が必要
 なのです。


●では「原則中心のパラダイム」とはどのようなことなのでしょうか?

▽原則中心のパラダイムとは、上記した単語の説明から考えると、
 人間の基本的な法則を中心に据えたものの見方(世界観)と言え
 そうです。
 
 「私たちの持つパラダイム、頭の中に描く地図が、こうした原則
 や自然の法則に一致すればするほど、それは正確かつ機能的なも
 のになる」
 
▽パラダイムとは、自分が生まれ育った環境、現在の境遇などに
 よってできあがるフィルターことです。
 
 このフィルターを通して、私たちは世界を見ているのであり、
 他人と接しているのです。
 
 原則中心のパラダイムとは、そのフィルターを「原則」でもって
 変えてしまいましょう、世の中を見る目を変えましょうというこ
 とです。





 「第一の習慣」に到達する前に終わってしまいました(笑)

 この本は良いことがたくさん書いてあるので、とても1回では紹介
 できません。
 したがって、何回かに分けて紹介したいと思います。
 
 でも、連続で7つの習慣だと書く方も読む方も飽きそうなので、
 週1回くらいで、何度かに分けて紹介していきます。



スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/65-04901ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。