訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬ瞬間(2回目)
死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)
(2001/01)
エリザベス キューブラー・ロス

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:死ぬ瞬間
 副題:死とその過程について
 著者:エリザベス・キューブラー・ロス
 出版:中公文庫
 定価:1048円+税
 購入:ブックオフで550円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4122037662/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1352053%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 1 死の恐怖について
 2 死とその過程に対するさまざまな姿勢
 3 第一段階/否認と孤立
 4 第二段階/怒り
 5 第三段階/取り引き
 6 第四段階/抑鬱
 7 第五段階/受容
 8 希望
 9 患者の家族
 10 末期患者へのインタビュー
 11 死とその過程に関するセミナーへの反応
 12 末期患者の精神療法



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■■□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、2001年1月に出版されています。
 
 1998年4月に出版された単行本の文庫版となります。
 
 著者はスイスで生まれ、その後渡米し、シカゴにある大学病院で
 「死とその過程」に関するセミナーを始めた方です。
 
 1969年にこの本を出版し、国際的に有名になりました。
 
 著書も多数あります。



 残される家族にはどのように対すれば良いのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)患者の家族へのケアとは?



 勘違いしていることが多々あります。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)患者の家族へのケアとは?

 「末期患者がつねに死を直視してはいられないように、家族も
 患者に付き添うためだけに、他のあらゆる関わりを排除することは
 できないし、してはならない」
 
 「本当に患者の側にいる必要があるときに現実にきちんと向き
 合えるように、家族もときどきは悲しい現実を否認したり、避け
 たりする必要がある」

 「患者は家族を含めた自分の世界から、徐々に自分を引き離して
 いく。しかし、死期が迫り、死に安らぎと受容を感じるように
 なった患者は、最も愛するものを含めたまわりの世界から少し
 ずつ自分を切り離していかなければならないのだということを、
 家族はなかなか理解できない」
 
 「だれにでも多くの大切な人間関係があるが、それらに関わって
 いては、死を迎える心の準備がどうしてできるだろう。患者が
 面会をあと数人の友達だけ、次は子ども、そして最後に妻だけと
 制限するようになったら、そうやって徐々に自分を切り離して
 いくのだなと理解しなければならない」
 
 「だがしばしば家族は、自分が拒絶されていると誤解することが
 ある。この正常で自然な行動に大げさに反応した夫や妻を何人も
 見たことがある」
 
 「死にいたる過程を通ってきたものだけが、こうしてゆっくりと
 穏やかに自分を切り離していけるのだ。それを家族にわからせる
 ことができれば、それ以上の手助けはない」
 
 「それを知ることは、家族にとって慰めや安堵の拠り所となっても、
 悲しみや怒りのもとにはならないはずである。この時期、家族は
 最も助けを必要とするが、患者の方はおそらく助けを最も必要と
 していない」
 
 「だからといって患者を放っておくべきだと言うのではない。
 私たちはつねに患者の求めに応じられるようにしておかねばなら
 ないが、受容と虚脱の段階に入った患者は、人間関係では普通は
 ほとんど何も必要としない」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分の死についてもう少し考えてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「患者の家族へのケア」とはどのように行えば良いのでしょうか?

▽この本は、主に医療に携わる人たちに向けて書かれた本で、ホス
 ピスの現場ではバイブルのようになっているそうです。
 
 とはいっても、専門的な用語はほとんど使われていないので、
 医療の素人の私が読んでもしっかり理解できる内容となっています。
 
 前回は、人が「死」という人生最後のイベントをどのような段階を
 経て受け入れるのかということを紹介しました。
 
 ほとんどの人は次の5段階を経て死に至るそうです。

 第1段階 否認と孤立
 第2段階 怒り
 第3段階 取り引き
 第4段階 抑うつ
 第5段階 受容

 それぞれの段階が明確に分かれているわけではなく、行きつ戻りつ
 しながらも、最終的には自分の死を受容して亡くなっていくのです。
 
 私の母方の祖母が病気になったとき、当時は場所が遠く離れて
 いたために現場にはいなかったのですが、祖母が亡くなった後に
 母の話を聞くと、
 
 「かなりわがままだったみたい」
 
 とのことでした。
 
 最後まで面倒を見ていたのは、伯母さんで特に文句も言わなかった
 そうです。
 
 「わがままだった」というのも、この本を読んでみるとなんとなく
 理由が分かるような気がします。
 
▽前回は、実際に死に行く人へのケアでしたが、他にもケアが必要な
 人たちがいます。
 
 それは患者の家族です。
 
 死に際して人は、死を否定し、そのために周りの人たちから孤立し
 解決の出来ない悩みから鬱状態になったり、と心理面での激しい
 葛藤が現れます。
 
 そのために、患者の家族にとってもそれなりの知識が必要となり、
 また、医療に携わる人たちも、患者の家族に対応するための正しい
 知識が必要となります。
 
 例えば、死期が近い患者には、家族の誰かがずっと付き添うのが
 当たり前だ、といったような考え方は間違いなのです。
 
 患者のために患者の家族が犠牲になるのは、患者にとってもその
 家族にとっても辛いことなのです。
 
 著者は言います。
 
 「末期患者がつねに死を直視してはいられないように、家族も
 患者に付き添うためだけに、他のあらゆる関わりを排除することは
 できないし、してはならない」
 
 「本当に患者の側にいる必要があるときに現実にきちんと向き
 合えるように、家族もときどきは悲しい現実を否認したり、避け
 たりする必要がある」
 
 どちらかというと、患者がいなくなった後に予想される家族の
 形態へと徐々に変化させなければならないのです。
 
▽死期が近くなると人間は自分で解るみたいです。

 自分で死期が近いことがわかるために、患者は少しずつ自分と
 この世とを切り離していくそうです。
 
 著者は言います。
 
 「患者は家族を含めた自分の世界から、徐々に自分を引き離して
 いく。しかし、死期が迫り、死に安らぎと受容を感じるように
 なった患者は、最も愛するものを含めたまわりの世界から少し
 ずつ自分を切り離していかなければならないのだということを、
 家族はなかなか理解できない」
 
 「だれにでも多くの大切な人間関係があるが、それらに関わって
 いては、死を迎える心の準備がどうしてできるだろう。患者が
 面会をあと数人の友達だけ、次は子ども、そして最後に妻だけと
 制限するようになったら、そうやって徐々に自分を切り離して
 いくのだなと理解しなければならない」
 
 「だがしばしば家族は、自分が拒絶されていると誤解することが
 ある。この正常で自然な行動に大げさに反応した夫や妻を何人も
 見たことがある」
 
 「死にいたる過程を通ってきたものだけが、こうしてゆっくりと
 穏やかに自分を切り離していけるのだ。それを家族にわからせる
 ことができれば、それ以上の手助けはない」
 
 「それを知ることは、家族にとって慰めや安堵の拠り所となっても、
 悲しみや怒りのもとにはならないはずである。この時期、家族は
 最も助けを必要とするが、患者の方はおそらく助けを最も必要と
 していない」
 
 「だからといって患者を放っておくべきだと言うのではない。
 私たちはつねに患者の求めに応じられるようにしておかねばなら
 ないが、受容と虚脱の段階に入った患者は、人間関係では普通は
 ほとんど何も必要としない」
 
 人が死に至る過程を家族に説明しておくことも、医療に携わる
 人たちに必要みたいです。





 今回は、患者の家族のケアについて、一部分だけですが紹介しま
 した。
 
 人は確実に死にます。
 
 そして、順番で行けば年齢の高い順に死はやってきます。
 
 確実にやってくる死に対して、私たちはあまりにも準備がなさ
 過ぎるのかもしれません。
 
 死というものをもう少し見つめてみる必要があると思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/647-fcde60bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。