訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の目なんか、気にしない!
人の目なんか、気にしない!―「いい人」が犯す9つの勘違い 人の目なんか、気にしない!―「いい人」が犯す9つの勘違い
デューク ロビンソン (1999/06)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:人の目なんか、気にしない!
 副題:「いい人」が犯す9つの勘違い
 著者:デューク・ロビンソン
 出版:サンマーク出版
 定価:1800円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 勘違いその1 完璧主義になる
 勘違いその2 がんばりすぎる
 勘違いその3 自分が何をしたいかを言わない
 勘違いその4 怒りを抑え込む
 勘違いその5 言いがかりを真に受ける
 勘違いその6 人を傷つけないためのうそ
 勘違いその7 おせっかいなあどばいす
 勘違いその8 人を救おうとする
 勘違いその9 悲しみから守ろうとする



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は1999年5月に出版されています。

 著者はテレビ出演や講演など幅広く活躍する牧師さんです。

 帯に「どう思われても、自分は自分。それさえ分かれば、生きや
 すくなる」とあります。
 
 幸せな生き方が見つかるかもしれません。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)完璧主義から抜け出す方法とは?
 2)時間を有効に使う方法とは?
 3)アドバイスがなぜいけないのか?



 目次を読んでいると、自分に当てはまることがたくさんあります。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)完璧主義から抜け出す方法とは?

 1.いつも完璧でいようとすることは間違いだと心に決める。
 2.この間違いをやめにしようと決める。
 

 2)時間を有効に使う方法とは?

 1.その日やることに優先順位をつける
 2.不測の事態を予想する
 3.仕事は処理できる単位に分ける
 4.見込みより長くかかることを予想する
 5.他の人にまわせる仕事はまわす
 6.自分のための時間を早めにとる


 3)アドバイスがなぜいけないのか?

 「はっきりと言いたいのは、アドバイスが役に立つことなどけっ
 してなく、どんなに善意であろうと、どんなに有益なアドバイス
 だと自分で思ったとしても、アドバイスすること自体が間違いだ
 と言うことだ」

 1.相手を抑圧してしまう
 2.実は自己満足を求めている
 3.相手を支配しようとしている



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【自分の人生は自分でコントロールしよう!】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「完璧主義から抜け出す方法」とはどのような方法なの
 でしょうか?
 
▽著者は「完璧主義をやめよう」と言います。
 
 「いい人というのはいつも筋道通りにことを運ぼうとするあまり、
 プレッシャーを感じるのだ」
 
 「いい人というのは、全てを完璧にしようとするが、結局はでき
 ることや、自分にとって大事にことに力を注いでしまう」
 
 以前の私はこのタイプでした。特に仕事に関しては。
 
 全てを完璧にしようとするのですが、絶対に完璧になんてできな
 いです。
 
 完璧にできなくて、できない自分にイライラするといった感じで
 した。
 
 この完璧主義というのは「人に受け入れてほしい」という深い
 欲求なのだそうです。
 
 言われてみればそうかもしれません。
 
 他人に認めてもらいたくて完璧にやろうとするのですが、それが
 できないのでプレッシャーになるのです。
 
 完璧主義とは、他人に人生をコントロールされることなのです。

▽では、完璧主義から抜け出す方法とはどのような方法なのでしょ
 うか?

 著者はその方法を2つあげています。
 
 1.いつも完璧でいようとすることは間違いだと心に決める。
 
 2.この間違いをやめにしようと決める。
 
 単純なことですね。
 
 完璧主義というのは「敗北主義」の間違いだと著者は言います。
 完璧主義は間違っているという自覚と、その間違いをしないよう
 に心に決めることが大切なのです。
 
 確かに、心に決めるのは簡単なのですが、実行するのは難しいの
 です。


●では「時間を有効に使う方法」とはどのような方法なのでしょうか?

▽この方法が紹介されている章は「勘違いその2 がんばりすぎる」
 です。
 
 いい人というのは、「がんばりすぎる」ひとが多いのです。
 他人に評価してもらいたいと言う欲求から、いろいろな仕事を
 背負い込んでしまい、がんばりすぎてしまうのです。
 
 著者は「がんばりすぎをやめよう」と言っているのです。
 
▽その中で「時間を有効に使う」方法が紹介されています。

 目の前のことをひたすらやるという癖を直し、効果的に時間を
 管理できるようになるのです。
 
 その方法が6つ紹介されています。
 
 1.その日やることに優先順位をつける
 
 2.不測の事態を予想する
 
 3.仕事は処理できる単位に分ける
 
 4.見込みより長くかかることを予想する
 
 5.他の人にまわせる仕事はまわす
 
 6.自分のための時間を早めにとる
 
 これらは、時間管理術の本を読むと、よく書いてあることです。
 
 自分の経験から言うと、仕事が立て込んでとても忙しい時ほど、
 時間をとり、紙に書いて優先順位を整理し、スケジュールを考え
 るということをしています。
 
 これをやった方が、楽に仕事ができます。
 
 でも、まだまだ予想するのが下手です。


●では「アドバイス」がなぜいけないのでしょうか?

▽著者は次のように言います。

 「はっきりと言いたいのは、アドバイスが役に立つことなどけっ
 してなく、どんなに善意であろうと、どんなに有益なアドバイス
 だと自分で思ったとしても、アドバイスすること自体が間違いだ
 と言うことだ」
 
 私がこれに気が付いたのは最近のことです。
 
 特に男性の方は「アドバイス」が好きなのです。

 パートナーの話を聞いていると、ついついアドバイスをしたくな
 るのですが、あなたのパートナーはアドバイスされることを望ん
 でいません。
 
 ただ話を聞いてもらいたいだけなのです。
 
▽なぜアドバイスすることがいけないのでしょうか?

 著者はその理由を3つあげています。
 
 1.相手を抑圧してしまう
 
 2.実は自己満足を求めている
 
 3.相手を支配しようとしている
 
 言われてみればそうですね。
 
 自分では良かれと思ってアドバイスをしているのですが、ただ単
 に自己満足を求めているだけのような気がします。
 
▽そこで「アドバイスの代わりにできること」として、著者は5つ
 の方法を示しています。
 
 1.相手の問題から手を放す
 
 2.共感を示す
 
 3.選択肢を広くするよう、促す
 
 4.必要な情報を提供する
 
 5.やさしくこづき、決断を促す
 
 基本的には、自分の問題ではなく、相手の問題だと自覚すること
 です。

 そして、その人が自分で解決できるように助けてあげることが
 大事なのです。
 
 決して「こうだ!」とアドバイスでしてはいけないのです。





 自分では、「人の目なんて気にしていない」と思って読み始めた
 のですが、私が考えていた内容とは違っていたようです。
 
 自分では気が付かないところで、人の目を気にしていたようです。
 
 自分の人生は自分でコントロールすべきなのです。



スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/64-02acf8ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。