訪問者数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危機の日本人
危機の日本人 (角川oneテーマ21)危機の日本人 (角川oneテーマ21)
(2006/04)
山本 七平

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:危機の日本人
 著者:山本七平
 出版:角川新書
 定価:686円+税
 購入:ブックオフで350円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4047100307/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4010662%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 序 章 相手を知るにはどうするか
 第1章 欧米人の見た日本
 第2章 『看羊録』の日本
 第3章 『人鏡論』の日本
 第4章 未来への課題



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2006年4月に出版されています。
 
 1986年10月に出版された本に、附註を加えたものです。
 
 著者は、評論家・日本研究者と紹介されています。
 
 「日本人論」に関して大きな影響を読書界に与えているそうです。
 
 著書も多数あります。



 日本人とはどのような存在なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)日本人とはどのような存在なのか?



 世界に希な存在みたいです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)日本人とはどのような存在なのか?

 ※「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 日本人であることを誇りに感じよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「日本人とはどのような存在」なのでしょうか?

▽自分の事が自分で分からないのと同じように、日本に住んでいる
 日本人であるために日本人のことがよくわかっていません。
 
 身近な比較対照が日本人しかいないため、異文化に触れることが
 なかなかありません。
 
 したがって、客観的に「日本人とはどのような存在であるのか?」
 ということを、今のところ本から得るしか方法がないです。
 
 外国人というのは日本人をどのように見ているのでしょうか。
 
 個人的には、どのように見られていたとしても、そんなに気には
 ならないですが、「日本民族」としてどのように見られているのか
 は多少気になります。
 
 日本人でも良く分かっていない日本人について本をたくさん書いた
 のが著者の山本七平さんです。
 
 著者も次のように書いています。
 
 「『冷たい他人の目』という言葉があるが、他人の眼にうつった
 自己をもう一度見直すという作業は、自己を知る一助となるであろう」
 
▽この本の冒頭では、昔日本にやってきた外国人が日本人について
 書き残した文章が紹介されています。
 
 1549年から1883年に至るまでの約330年間に日本に
 やってきた外国人、フランシスコ・ザビエルをはじめいろいろな
 人が日本にやってきて、日本人について書き残しています。
 
 1549年の元号は「天文」、室町時代で将軍は足利義晴、足利
 義輝の時代で、1883年は明治16年です。
 
 残された文章から、著者が日本人の特徴をまとめています。
 
 長いですが引用します。
 
 「まず、好奇心・探求心である。それは新しいことに興味を持ち、
 これを理解しようと心掛けても、自らを絶対化して拒否することは
 しない。地動説でも進化論でも平気で受け入れ、きわめて記憶力
 にすぐれている」
 
 「しかし抽象的なこと、形而上学的なことには興味を示さない。
 簡単に言えばスコラ哲学は蔑視、もしくは無視するが、実際に
 役に立つものには深い関心を示す。そして取り入れたものは日本化
 してしまう」
 
 「またきわめて礼儀正しく、整然たる秩序を愛し、乱雑混乱を
 嫌って貧民でも清潔・整理・整頓を重んずる。ザヴィエルの時代
 でも盗みを嫌い、今と同じように泥棒は少ない。また詐欺を嫌う」
 
 「従って犯罪はきわめて少ない。大体に置いて性質が温良で粗野な
 言葉や態度を嫌うが、実に勇敢な一面があり、また名誉を重んじ、
 これを生命より大切にする」
 
 「親切だが喜怒哀楽の感情を表に出さず、相当な苦難に耐えて
 忍耐強く、自分の職務には精励し、上下の関係は礼儀によって
 厳格に守られている。災害にあっても別に悲しまず、すぐこれを
 克服しようとする」
 
 「正義を愛し温良であるとはいえ迷信・猜疑・傲慢の欠点がある。
 だが富を誇ることはせず、大体、倹約の美徳を保持している」
 
 「その結果、各人の生活は西欧では想像できないほど平等だが、
 これは一面『しきたり主義』というべきものに起因し、この主義
 から将軍といえども除外されていない。そこで本当の意味の専制
 君主は存在しない」
 
 「日本は科学技術の点でははるかにヨーロッパに劣るが、不必要な、
 人間を愚昧にする学者ぶりはいないから、劣ったことは劣った
 こととしてそれを克服する道を選ぶだろう」
 
 「そうなれば、その好奇心・探求心、さらに活動的で生一本など
 の要因で軍事的にも経済的にもヨーロッパの恐るべき競争相手と
 なるから、彼らを刺激しない方がよい。日本人は導入したものを
 必ず日本的に変えてしまって活用するから危険である」
 
 「日本人は個人的には怜悧・淡泊・正直だが、これが役人になる
 と臆病・陰険・狡猾で、何でも懸案を先伸ばして決断をしない。
 また商人はその取引において決して公正ではない。そして真に
 愛他的な宗教的情熱はない」
 
 「さらに経済的にはきわめて合理性を重んじ、手形・小切手・
 倉荷証券等を古くから用いている。さらに社会の全てが共同体で
 それぞれの中で合意を求めてから行われるから『強制』といった
 感じが無く、またそれぞれ共同体の中で相互扶助が行われている。
 そしてこれは労働者でも例外ではない」
 
 「一般家庭では子供への身体的懲罰は行われず、根気のよい説得が
 行われる、婦人は、理想化もされず蔑視もされず、男性のよき
 相談相手、いわば女友だちだが、その活動は家庭内に限られている」
 
 「要約すれば以上のようになるであろう。そして欧米人の日本
 への見方は、基本的には今も変わらないであろう」
 
 これまでに、なんどか耳にしたことがある日本人に対する分析も
 あります。
 
 例えば「そして取り入れたものは日本化してしまう」というのも
 よく言われることです。
 
 また「災害にあっても別に悲しまず、すぐこれを克服しようと
 する」というのは、悲しまないわけではないけど、復活が早い
 というのも、災害大国ならではだと思います。
 
 現代と同じ部分もあるし、違っている部分もありますが、現在の
 日本人も上記のように思われているみたいです。





 この本は、日本人の特徴について、昔日本に来た外国人が書き
 残した文章から日本人を分析し、また、日本人が残した文章から
 日本人を分析し、最後にこれからどうするべきかを述べています。
 
 日本人が外国からどの様に見られているかを知るのは、自分を
 客観的に見ることでもあります。
 
 今回は外国人がどのように日本人を見ているかを紹介しました。
 
 次回、これから日本人はどうするべきかという部分を紹介します。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/639-fafb0e41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。